2017年4月26日 (水)

大山リベンジ登山(三鈷峰)

17042601個人的に恒例になった春の大山登山に
行ってきました。

一昨年は夏山登山コースで弥山、昨年
はユートピアコース
でユートピア小屋
まででした。

今回は、昨年断念したユートピア側に
ある三鈷峰に登ることを最大の課題と
して取り組みました。

基本的には昨年と同様のルートで、最
後にユートピア小屋のある尾根を反対側に進めば良いわけですが、予想外の難敵でした。

17042602 画像は、若干アングルが違いますが、
大山北壁の昨年と今年の比較です。

昨年は雪が少なく、今年はその逆だっ
たので、状況がだいぶ違うと思ってい
ましたが予想通りでした。

ユートピアコースの方が細いところや
トラバースがあり、積雪次第では難航
が予想されましたが、Webの情報では
問題は無さそうだったので、このルー
トで進みました。

ただし、アイゼンとポールだけは持っ
て行くことにして出発準備を進めまし
た。

また、マムートのテトンGTXシューズ
のデビューでもありました。

テトンは日本人の足に向いていると
のことなのですが、舗装道路で試し
た限り若干甲が当たるのが心配でした。

17042603 ここからは前回と違う状況だったとこ
ろを中心に書きます。

まずは、大川寺から歩きにくい石畳を
経て暫く進むと下宝珠越えへの分岐が
あり枯れ沢登りが始まります。前回は
石ゴロゴロで苦労ましたが、今回は雪
に覆われて平らになっています。雪も
締まっていて埋まることもなく快調に
進めました。

しかし、最後の急勾配では雪もなくなり木に掴まって登り大汗をかくのは同じでした。

実際は、途中から別の道があることを発見し、帰りに通ってみましたが、荒れていて険しさは変わらず、メリットはそれほど感じられませんでした。

17042604 尾根道は日当たりも良く、雪の問題は
ありませんでしたが、危険箇所は相変
わらずで、サッサと通り過ぎました。

ユートピア小屋に近づくと、ガレ沢を
渡るようになるのですが、今年は雪が
積もっていて落石等の不安はありませ
んでした。

雪もザクザクなので慎重にトレースす
れば問題ありませんが、念のためアイ
ゼンを使用しました。

17042605 ユートピア小屋のある尾根に着き、念
願の三鈷峰を目指します。

去年はその斜度を懸念していましたが
実際に登ってみると、岩の脆さに驚き
ます。

積み木が重なったような岩盤でそれが
ずっと下までストーンと落ちています。

ここはさすがに一番身の危険を感じま
した。端の方にロープのついた土の部分があるのでそこを通ります。ただ、そのロープも劣化していて、全体重を支えてくれるか甚だ疑問でした。

17042606 何とか山頂に辿り着きました。

360度遮るものがなく、日本海の海岸
線がもよく見えて素晴らしい眺望でし
た。

ここで昼食です。

今日は好天の日曜でもあり、ポツポツ
登って来る人が居ましたが、静かな山
頂でした。

大山の南側のルートから登って来た人も居たりして、いろいろなルートにチャレンジできるのも大山の魅力です。

17042607 ここら見える北壁の残雪部分に驚愕の
事実を発見しました。

何と、スキーかボードで滑った跡があ
るのです!!分かりにくいので画像処
理したものと合わせて載せました。

あの幅の無い急斜面を滑るとは!!

まあ、世の中には凄い人が沢山いますから不思議は無いんでしょうが、考えただけで身がすくむ思いでした。

いくら何でももう滑ったのはもっと雪の多い時期だったと思いたいです。

そんなことを考えながら、身のすくむロープ尾根を下りて、最後はユートピア小屋まで行って、大満足の思いで下山しました。

因みにマムートの靴は踵の下の部分が痛くなった以外は快調でした。

最後にモンベル大山店に寄って、オリジナルTシャツチェック。去年と同じでした。あと、新兵器になりそうなグッズを見つけてしまいました。次回導入か・・・。

| | コメント (0)

2017年4月19日 (水)

テレマーク練習(7回目 若桜氷ノ山)

日にちはずっと戻ってしまいますが、3月末の氷ノ山での練習画像をアップします。

気温も高く、雪はザラメに近い湿雪で荒れ気味でしたが、深く掘れた場所に注意すれば問題ありませんでした。

アルパインゲレンデで、今回は前後両方から撮影しました。

まあまあかなと言う自己評価ですが、今シーズン買ったG3のFINDr 86も良かったと思います。今までで一番私の無理をきいてくれる板でした。

ただ、外傾姿勢が足りないので来年はこの辺を課題をしたいと思います。狭い急斜面は永遠の課題だなあ・・・。

| | コメント (0)

«BCスキーで迷走(大山鳥越峠)