2017年2月 8日 (水)

快晴のスキートレッキング(恩原三国山)

17020801週末の土曜は全国的に好天、日曜は雨
との予報だったので、土曜は三国山に
スキーで行くことにしました。翌日雨
が酷くなければゲレンデ練習というこ
とで。

今回は前日車中泊でリフト運転と同時に上部に上がってスタートの予定でしたが、何やかんやで上部に着いたのが8時半過ぎでした。

今まで2回三国山に行っていますが、
片道3時間コースなので出来るだけ早
めに出るのが得策です。

今までは、岩井の滝に下りてくるルー
トでしたが、今回は単独でもあり、往路
と同じルートでスキー場に帰って来ることになります。逆ルートは初めてで、下り勝手なので往路よりは楽ではないかと踏んでいます。

ここで大失敗をしてしまいました。

画像記録用にFR-10をザックに取り付けたインターバル撮影モードにしていました。

ところが知らないうちに動画モードになっていて2GB強を消費していたのです。それも駐車場を出たばかりの所で。

このため、肝心の部分でメモリーが無くなり画像が撮れていませんでした。

残念です。おまけでリフト画像をのせます。


17020803 上部に着いてみると、大量の積雪があ
った割には、雨風に洗われて少なくなった感じでした。勿論スキーには問題ありません。

大量のスノーシューの跡があるので、
道に迷うことは無いでしょう。

一昨年の3月に行ったときはリフトが
終了していて、上部までスキーで登り
体力を大幅に失ったのに比べると何と今回は楽なんでしょう。文明の利器は活用しましょう。

170208042 ここからは比較的なだらかなアップダ
ウンが続きます。

板はステップソールのSTINGER76なの
で、登りはシールなしでジグザクに登
ります。下りは湿雪のため綺麗に曲が
れずボーゲンです。

快晴で風もなく暖かいので、ジャケッ
トを脱ぎます。この後ずっと不要でし
た。

途中でクロカンスキーのご夫婦と会いました。「三国山まで行きますか?」と聞かれて、「そのつもりですが、挫折するかも知れません」と答えます。実際そんな心境でした。

17020805 牧場の終わりから森林地帯に入ります。
ここからが本番です。

アップダウンを繰り返して1192ピーク
に登ります。ここは前回疲れて死にそ
うになった登りです。ステップソール
では歯が立たないのでシールを装着し
ます。

今回はリフト使用で体力を温存してい
るので少しはマシかと思いましたが甘かったです。

スノーシューの跡で直登しているのですが、スキーは無理。ただ、木があるのでルート選びも結構難しく、遠回りや行き止まりも発生します。

17020806 やっとの事で1192ピークに登って大休
止。ここまで来れば三国山に行ける目
処が立ちます。

前回はここで昼食にしましたが、時間
的に余裕があり、三国山で昼食がとれ
そうです。

ギラガに行く途中に雪庇が発達したポ
イントがあるのですが、今回はたいし
たことありませんでした。溶けた?それともこれから?

難儀しながらギラガ仙到着です。今回は快晴で見通しも良く、大山もはっきり見えました。

17020807 ここから少し滑って少し登って三国山
南峰到着です。今回も北峰には行きま
せんでした。

ここまで、クロカン夫婦とスノーシュ
ーの人に会っただけで、もう1人北峰
に向かっているとのことでした。

予定どおりここで食事を撮りました。
いなり寿司とカップヌードルの組み合
わせがなかなか良かったです。

ここまで休憩を入れて3時間かかりました。前回と大差なしです。妥当なところでしょうか。

17020808 さて、帰路ですが前述のように画像が
iPhoneで撮ったものしかありません。

ギラガと1192の下りは木が障害となっ
てボーゲンでしか滑れませんでした。

ただし、牧場からは何とかターンしな
がら滑れました。気温も高く湿雪でキ
ツかったですが、根性で曲げました。

結局、2時間半で戻れました。

この日は氷紋祭りだったので、後始末をした後、少し休んでレーザー&花火ショーのさわりを見て帰りましたが、なかなか良かったです。雪原の花火も味がありますね。

その後、車中泊で翌日に備えましたが、車を打つ雨の音と疲れで寝坊してしまい、スキーは無理と判断して撤収としました。

次回は練習しなくては・・・。

| | コメント (0)

2017年2月 1日 (水)

番外!秀岳荘で買い物

17020101週末は諸般の事情で北海道に帰省した
ので秀岳荘に行ってきました。スキー
は残念ながら出来ませんでした。

今回はカヤック用品ではないので、近
い北12条店に行きました。クライミン
グ以外の品揃えはやはり白石店の方が
多いです。

ファイントラックのメリノスピン長袖
シャツが目的でした。スキーのアンダーとしてメリノウールシャツを使っていますが、汗かきのためどうしても濡れてしまいます。

化繊で汗をかくとかぶれ気味になるので、ウールと化繊を混ぜたメリノスピンが候補に挙がっていました。これだと、濡れが少なくなり肌触りも良いのではないか期待しています。今回は少し厚手のサーモにしました。

また、スマートウールの半額セールがあったので、長袖シャツを追加購入。おまけとして靴下が付いてきてお得でした。

あとはザックの中身を小分けするための袋です。秀岳荘オリジナルはコストパフォーマンスが高いです。

17020102 ファイントラック関係では、ミッドレ
イヤーとしてドラウトレイ・ジャケッ
トを導入済みです。

謳い文句では、「フリースの水を抱き
込む問題を克服」となっています。確
かにフリースで汗をかくと生地が水滴
を含んでベシャベシャになる部分があ
ります。

ところが、このドラウトレイを着ているとしっとりした感じにはなりますがベシャベシャにはなりません。高めの値段でしたがその効果はあると思います。

画像上がドラウトレイ、下左がメリノスピン、下右がスキンメッシュです。スキンメッシュはべたつき防止に良いのですが、痒くなるの難点です。

ウェア関係は揃ったので、週末は実戦投入予定です・・・。

| | コメント (0)

«テレマーク練習3回目(恩原高原)