« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月29日 (木)

ダウンシュラフと言えども

Snowcamp2 なかなかシーカヤックの話題が出ませんが、今回は雪中キャンプの話です。画像は大型テントとドクターです。

ダウンシュラフを買ったのでその効果を確認しました。シュラフは-6℃対応で厳冬期用ではありません。心配だったので、10℃対応のダウンシュラフを中に入れて、さらにシュラフカバーをして寝ました。

寝ているうちにだんだん冷えてきたのですが、寒いというわけでもなく、かといって暖かくもなく、イマイチの感触でした(靴下は不要でしたが)。

着込んで寝るのが好きでないため、冬用のアンダーウェアとフリース上下だけだったのですが、不十分だったようです。起きてからドクターに質問してみるとダウンジャケットを着て寝たそうで、快適に寝るにはもう少し着込んだ方がいいようです。そうすると、今度はゴワゴワ感に悩まされそうで・・・。

| | コメント (0)

2009年1月22日 (木)

クロマチックハーモニカ

Harmonika1先週末は楽しい茶話会でしたが、ハーモニカの絹本師匠(夜の宴会のみ参加)から中古のクロマチックハーモニカをいただきました。

複音ハーモニカを初めて1年経っていないのですが、他の種類のハーモニカにも興味が湧いてきたところで、グッドタイミングでいただけることになりました。

帰っていそいそと吹こうとしたのですが、まず「デカイ」と感じました。これは、レバー式で半音が出せる構造のためしょうがないのですが、さらに吹いてみると複音より強く吹かないと音がません。これはなかなか手強そうです。あらためて複音を吹いてみると実に軽快です。

でも、このハーモニカでさらに世界が広がったような感じです。参考書も買いましたし、しばらくはクロマチックに挑戦です。簡単で短い練習曲も見つけたので春?初夏?までには一曲くらいは吹けるようにならなくては・・・。

| | コメント (0)

2009年1月13日 (火)

ドライスーツが溶けていた

Dry01 ドライトップを手に入れて気合いが入っているところですが、もう何年も使っていないドライスーツがどうなっているか調べてみました。一応、ヘリーハンセンのもので、劣化しない(空気と触れない)ように畳んでドライバッグに入れていました。

バッグから出して広げようとすると、なぜか引っかかっています。よく見ると、首のラテックスゴムが袖の部分に癒着しているではないですか。やむなく、無理矢理剥がすとゴムの部分が袖にくっついた状態でとれました。

Dry02 画像の様に、首の先端部分はボロボロです。ゴムと袖部分の生地素材が反応して生地にゴムが溶け込んでいます(根元は問題ないのですが)。

手首や足首の部分は劣化も進んでおらずそのまま使えそうだっただけに、実にトホホです。

今の素材がどうかは分かりませんが、保管の際は畳まない方がいいようです。今度のドライトップはタンスの中に吊しておくようにします。でも、防虫剤とか問題ありそうな・・・。

| | コメント (4)

2009年1月 6日 (火)

秀岳荘で買い初め

帰省の恒例行事、秀岳荘に行ってきました。今回はカヤック関係は特に決めたものはないのですが、以下のもを買ってしまいました。

Shuu_2(1)眼鏡バンド …… ゴム部が劣化してひび割れていたので。

(2)ウェットスーツ&ドライスーツシャンプー …… ウェア類はいつも水洗いはするのですが、たまには洗剤を使って日焼け止めなどの油汚れを落とした方がいいなあと思っていたので。結構、安いかったです。少量を水に混ぜて手もみ洗いするタイプで、今度試してみます。

(3)調味料入れ …… キャンプの時、他のメンバーの大半が料理するので、レトルト派の私も何かせねばと焦っていたので。

(4)冬用のダウンシュラフ …… これは悩みました。今使っている化繊のものはこれからの季節力不足気味で、コンパクトに畳むのにも苦労していました。ダウンにすればこの点を解消できるのですが、結構値が張ります。でも、これからもキャンプを楽しみたいので買ってしまいました。もちろん、冬山用のタフなやつではありませんが、役に立ってくれると思います。

カヤック関係では、以前あったシオンが売れていました。その他は季節も季節なので大きな変化はなかったように思います。

さて、シュラフの元を取らなくては・・・。

| | コメント (2)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »