« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月29日 (木)

廃道探索ツアー

10242坂登島ツアーに行ってきました。

小潮でしたが、しばらく漕ぐと結構な波が立っている所があり、しばし遊んでしまいました。画像はちょっとハッキリしませんが大きな波を求めて前を横切るウッチー艇です。

張り切って遊びすぎた後遺症がこのあと出ました。逆潮気味で強めに漕いでいたところ、だんだん肩と肘に痛みがでてきました。先週から調子が良くなかったので悪化したようです。

島に近づいたところで、最悪になりスピードがぐっと10244 低下して皆さんに迷惑をかけてしまいました。その夜、湿布と鈴木さんのストレッチ伝授で翌日の帰りは強い痛みもなく漕ぎ切れました。

夕方、島の散策第一弾に出掛けました。最初は集落の中を歩いていたのですが、他のメンバーの強い要望で島の反対側に向かう道に行く羽目になりました。

参ったなーと思っていたのですが、ポツポツと廃屋があります。廃屋が好きなもので興味津々です。まあ、野中の一軒家ではないので入るわけにはいき ません。残念。魅力的な藪もあったのですが、装備が不十分でメンバーの士気もイマイチなので入りませんでした。

両側が畑の道を上がっていくと、変形四叉路に出ました。一本は細いものの見晴らしのいいところにいけそうな雰囲気です。クイックさんがこの道を主張するので行ってみると、これが廃道の雰囲気プンプン。下はコンクリートなのですが草が乗って使われてる雰囲気なし。行く手は蜘蛛の巣だらけ。

ひっそりと島の岬に出て絶景が広がるのではないかと期待しました。廃道巡りの醍醐味ですな。が、残念ながら廃屋の前で道がなくなりました。この家専用の道だったようです。ここでも、装備と士気の問題で撤退を余儀なくされました。

10243そして、散策第二弾のナイトウォーク。道は廃道ではないのですが、ヘッドライトを頼りに人気のない山道を歩くのも雰囲気いいです。闇藪は勘弁ですが。山の上で夜景を楽しんで帰ってきました。

いやー、楽しかった。これからは草も枯れ、虫もいなくなって廃道&藪漕ぎの季節です。また行きたいです。

ツアーの趣旨が違うかも・・・。

| | コメント (0)

2009年10月22日 (木)

スプレーカバーの修理

Splayスプレーカバーのコーミングに被せる部分が傷んでゴムの部分が切れて表の生地が見えるまでになってしまいました。

鈴木さんのアドバイスで、切れた部分にコーキング剤(セメダイン バスコークN)を充填してみました。これいいです! 伸縮性もあるし強度も十分で、当分使えそうです。ただ、胴回りのネオプレンが伸びてきているのでそちらの寿命が先かも知れません。

Marukinu島でのレンスーの方は、肩の調子がイマイチなのと体の切れが悪く(寒さ?やる気?)、早々に切り上げました。拳骨ロールもお預けです。ただ、下向きロールに関しては、ちょっとひらめくところがあったので、次回再チャレンジです。

今回は、ハーモニカの師匠のマルキヌにさんと久々に会い、ちょっとレッスンしていただきました。画像はマルキヌさんに懇々と諭されているウッチーです。ではなくて、談笑しているところでした。

「いい音が出るようになった」とのお褒めの言葉をいただき、今日も収穫は十分でした・・・。

| | コメント (2)

2009年10月15日 (木)

ジムニー小破!

Crash1 Crash2週末にコンビニ行った時のことでした。駐車場からバックで出て止まりかけた時に「バン!」という衝撃が・・・。

「やってしまった!」とCrash3_2 思って車の外に出ると軽トラからおじいさんが出てきました。「もっと、遠くを回れば良かったなあ」とか言っています。こちらがバックしているぎりぎりをかわして駐車しようとしたようです。

被害状況は、ジムニーは画像の様にバンパーのペイントが剥がれています。タイヤカバーも傷が付いています。軽トラはあおりの部分がすれたようにへこんでいます。

おじいさんの方は「また、やっちまったかなあ」という表情で、どうでもいい感じの無言状態です。

出先で、保険を使うにも事故処理とかが面倒なので、結局、「お互い様」と言うことにしました。傷跡は錆びるわけでもなく気にはならないのですが、そのままにしておくと他から「どうせぶつけている車だから」と軽視される可能性があるので、一応自腹で修理しようと思っています。目立たなくなる程度の修理を見積もり中です。

ちなみに、運転していたのは私ではありません。運転者は「久々にやってしまった」とめげてましたが・・・。

| | コメント (0)

2009年10月 7日 (水)

拳骨ハンドロール

Kage最近は日の暮れるのが早く、影も長くなりました。キャンプには最高の季節というか、夜中に寒くて目が覚めました。

これから、レンスーも厚着になって行きます。私の場合、厚着になると浮力が向上してロールが上がりやすくなりますが、それに慣れてしまうと翌年薄着になった時に、「あれっ?おかしい」ということを経験します。

そんなこともあって、最近上がる確率の高くなったハンドロールの精度を上げる方法を考えました。と言っても、たいしたことじゃないんですが、拳骨でハンドロールをやるのです。

Edaこれは、風呂でいろいろ試したのですが、拳骨では水を掴む力が弱くなるのは確かですが、拳骨の向きによってはそこそこ掴むことができるのです。理想的なラインで拳骨を使えば上がるかも。

と言うことで、拳骨でロールのレンスーをしてみました。途中で手が開かない証として小枝を握って。予想どおり確率が非常に悪く、上がっても「もがき」ながらです。うまくいったら、石でやる予定もあったのですが、あえなく没。

ウッチーに試しにやってもらったら、「初めてで、難しいなあ」と言いながら2回目で上がってしまいました。むむむむ。

まあ、このやり方がいいのかどうかは当てになりませんが、次回も試してみようかと・・・。

| | コメント (2)

2009年10月 1日 (木)

テントポールは折れる

Pole1 先週は夕方から風が強くなるという今までにないパターンでした。

島について、さっそくウッチーの場所にテントを張ったワッキーさんでしたが、風向きを考えなかったため、風の直撃を受けることになりました。

夜中に「バキッ」という音を聞いたまま寝ていたそうですが、朝起きてみるとご覧のようにアルミポールが折れていたそうです。

ウッチーの場所にテントを張った呪いという話もありますけど。

私はと言うと、フライが風でバタバタするのがうるさいと思う程度で、ポールの心配は全くありませんでした。

Pole2_2(REI)のテントはポールが太くて結構重いのですが、それなりにメリットがあるのかなと思った次第です。それでも、リペア用のパイプは入っています。

例のテントを自慢するためにワッキーさんに登場願った訳ではありませんが、「色が悪い」とか「生地がペラペラだ」とか散々悪口を言われていますので、ちょっと反論してみました。

これでまた色々言われるんだろうなあ・・・。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »