« 電柱に要注意 | トップページ | 岸ベタ・ワンデイツーリング(その2) »

2009年12月 1日 (火)

岸ベタ・ワンデイツーリング(その1)

0911281土曜にひとりで漕いできました。

天気は曇りで日が差す期待はあったのですが、なかなか晴れてくれませんでした。風も少しあり、岸ベタで島を回ることにしました。

気温は10℃ちょっとで、鈴木さんからいただいた「紳士服のはるやま」のアンダーウェアとセミドライトップで丁度でした。

0911282 まあ、秘めたる目的もあるのですが。

のんびり、岸近くを漕いでみると、廃屋があることが分かります。

ちょっと見にくいですが、電柱と屋根があるものの周りは藪だらけです。石垣が何故かきれいです。






0911283 で、またまた謎の遺構発見!! 

防波堤のようなものに隣接しており、港の施設の一部かとも思いましたが、無塗装のコンクリート造り、窓なしが違和感を醸し出しています。

近くに釣り船が居たので、接近は控えました。まあ、中には何もない雰囲気でした。

0911284 ここにも、廃屋がありました。

ただ、この湾に入ると「ピー」とも「ビー」とも言えない音が断続的に聞こえます。まるで、警告されているようです。

ここも藪化が凄く上陸は控えました。というか、警告音が気になって何も出来なかったというのが本音です。


0911285 発信源を探してみると、木の上に支柱のある円筒状のもの(プレてますが画像の中心)から出ているようです。

「カラカラカラッ」という別の音も近くから聞こえてきて一瞬びびりました。

ポンプか何かのようにも思えますが、それを使う人が居るはずもありません。


そして、秘めたる目的地に到着しつつあるのでした。見え見えかな・・・。

|

« 電柱に要注意 | トップページ | 岸ベタ・ワンデイツーリング(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電柱に要注意 | トップページ | 岸ベタ・ワンデイツーリング(その2) »