« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月25日 (木)

キャンプ敢行

1002211キャンプしてきました。今年は、暖冬と厳冬が交互にやってきて、どっちなんだか良くわからない状況でした。

場所はかなり山に入った所なのですが、雪中とはならず、雪近キャンプでした。

気温は0℃前後で夜の宴会中に降ったあられはテントで溶けていました。

暖かかった宴会終了後、冷え切った自分のテントに移動して、夏ダウン+3シーズンダウン+シュラフカバーで快適に眠れました。足も裸足でポカポカでした。
1002212
眠る前に、「熊は出ないだろうなあ」などと思ったのが仇となり、猟犬がテントを破ろうとしてあせって足で蹴飛ばしている夢で目が覚めました。情けない。テントに足が当たっていたのかなあ。

朝、起きてテントを見ると水滴が凍っていました。また、ゴアテックスのシュラフカバーを使ったもののシュラフもじっとり湿っていました。テント内部も湿っていたので、天井のメッシュ部分を少し開けておけば改善されたかも。

しかし、この状態ではテントを畳んで移動キャンプというのは無理です。テントを張りっぱなしで、日中暖かければ乾いて連泊可能になるかも知れませんが。

まあ、冬キャンプという目的は達成されたのですが、その後のテレマークスキーは駄目出し連発。悪夢の影響ということにしておきます・・・。

| | コメント (0)

2010年2月18日 (木)

漕いではいるんです

Bunpo今年になってシーカヤックは漕いでないんですが、カナディアンは漕いでいるんですよ。

画像は千葉のダム湖の川の上流にあるトンネルです。昔はマル秘ポイントだったのですが、今はすっかりメジャーになってしまいました。

でも、何故こんな穴が空いたのか不思議です。海では珍しくはないのですが川ではまず見られない光景です。

カナディアンは風に弱く、帰りは向かい風で苦労しました。やっぱりシーカヤックは強いです(無理矢理カヤックの話題)。

今週末はスノーキャンプの予定ですので、テントとシュラフの耐寒性能を確かめて来ます(去年の冬キャンプは3月でしたから)。嬉しいような嫌な予感がするような・・・。

| | コメント (0)

2010年2月11日 (木)

キャリアベルト

Belt1まずは、弁解からです。

今日こそ初漕ぎに行こうと決意していたのですが、天気予報は雨。気温も低く、風もそこそこあって中止しました。

実際、時々雨が降って来たりしていたのですが、根性入れれば漕げないこともない状況でした。が、風邪でも引いたら今後に影響しますので、初漕ぎレポートはもう少し先ということでご勘弁を。おそらく3月??

Belt2_2で、何かネタはないかと思ったら、カヤックキャリアの ベルトの話が残ってました。

これは、クイックさん経由で手に入れた物ですが、通常のタイダウンベルトの一部にゴムが入っています。普通のタイダウンはベルトを往復させて止めるのでちょっと手間なのですが、これはゴムが引っ張ってくれるので片道でOKです。

最後はカラビナで止め、余ったベルトはベルトに付いているゴムコードで纏めて終わりです。このおかげで、カヤックを固定する手間が結構軽減されました。

さて、次なる話題を探さなくては・・・。

| | コメント (0)

2010年2月 3日 (水)

冬用小物

Glove今年はまだ漕いでません。まあ、例年の冬と同じなのですが。

漕ぎの話題もないので、無理矢理冬用手袋の話です。

画像右は、今まで使っていた手袋で内側がウェット地で、外側がゴムの物です。

私の場合、漕ぐと手がバシャバシャ水に浸かってしまうため、ネオプレン製だと濡れてどんどん冷たくなってしまうので、防水が必須なのです。しかし、経年劣化で指先に穴が空いてきたので、代替品を購入しました。

右がワークマンで見つけた「ワークギア」手袋です。ネオプレン風なのですが分厚いので水は浸みそうになく、手の平はゴム引きになっています。一応、物を握った形に立体裁断されているのですが、分厚いのでパドルを持つには少し力が必要です。

使った感じは、防水性は問題なし、ゴワゴワ感は慣れで何とか解決といった感じです。なんせ、980円ですから。

薄手の長手袋は、撤収時に濡れ物を水洗いする時の手袋です。これがないと指が取れます。冬のカヤックはこれが嫌なんだなあ・・・。

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »