« テレマークスキー総括 | トップページ | やっと初漕ぎ »

2010年3月18日 (木)

春山スノーシュー

1003141 前回、テレマークスキーの話を書きました。一人で日帰りのつもりが、何故か翌日スノーシューになりました。

スキー場の駐車場に行くと、同じく雪を求めてやって来たいつものメンバーに声をかけられました。そして、翌日のバックカントリースキーに強制参加させられる羽目に。

そして当日。借り物のスノーシューを持ってリフトに乗ります。スキーがないと足下がスースーします。

1003142_2 リフトを降りて登山開始。

今日は昨日と正反対の快晴で暖かいと言うか暑い。あっという間に額が汗まみれで帽子なんかかぶってられません。

雪は表面が締まって歩きやすい。ツボ足はちょっと無理でした。


1003143 途中でちょっとはしゃいでみました。テイク6でやっとカメラマンからOKが出ました。どっと疲れが。

同行メンバーはスノボやテレマークスキーなので滑りながら進めます。当方は歩きのみ。遅れをとらないようにせっせと歩きました。



1003140_3 遂に山頂到着。感無量。水平線近くに線が現れていますが、何故か良くわかりません。

ここまでおよそ3時間。休憩を兼ねてコンビニおにぎりを食べて下山開始です。




1003145 リフト降り場に着いたものの、スノーシューで真っ直ぐ下れない急斜面のため、ゲレンデの端をジグザグに下ります。ただ、スノーシューは斜面を横切るのが不得手で慎重さが必要です。

斜度が緩くなったところで「尻滑り」です。画像の右下にある1本線が下った跡です。雪が湿っていて予想外に滑りませんでした。

そのあと、ゲレンデの端をトボトボ下って出発地点へ戻りました。

死ぬほどスノーシューを堪能しました。誘ってくれたメンバーに感謝です。

でも、来年はテレマークスキーがいいなあ・・・。

|

« テレマークスキー総括 | トップページ | やっと初漕ぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テレマークスキー総括 | トップページ | やっと初漕ぎ »