« 鞍掛の鼻の灯台守 | トップページ | 苦渋のデジカメ購入 »

2010年5月25日 (火)

夜来風雨声 数码相机沈了

今回は画像無しです。色々あったんですが。

先週末は、3分割ラサの進水式でした。名目は嫁さん用です(当分は私専用)。シオンがあるのに何故3分割かというと、遠出などで大物を持って行くのが大変な場合に使おうと思ったためです。また、一度はラサという舟も所有したかったこともあります。

乗りやすいラサでキャンプ地に向かったのですが、天気予報は夕方から明日一日雨。ちょっとブルーになりながら島に向かいます。久々にテントを張りました。

風邪気味で喉が少し痛かったのですが、海風を吸ったのが良かったのか調子はまずまず。ドクター、石井さんと島を回って帰ってきたところで、ロールの感触を確認。シオンと舟を起こすイメージが違ったように感じていたのですが、今回は特に違和感を持つこともなく、ロング→ショート→シャフト→ハンドパドルと順調にこなせました。まあ、着ているものの浮力のアシストもあるでしょう。ハンドは悪いイメージで終わったら困るので次回のお楽しみとしました。

上がってきて、嫌な予感が。PFDのポケットが空いているのです。そうです、ポケットに入れてあったデジカメ(数码相机)がロール中に海底に沈んでしまったのです。石井さんが探してくれたんですが見つからず。摩周湖のように水が澄んでいれば見つかったかも。1月に買って5ヶ月強の命でした。合掌。

夕方、ドクターが日帰りのため戻りました。「雨に当たらなくていいなあ」と後ろ姿を見送りました。

雨は一瞬パラついたものの夕食には問題なく、降る前にテントで横になりました。まだ8時半過ぎでした。と、突然の雨音とフライの激しいバタつきで目が覚めました。「キター」と思って時計を見ると10時45分!!「朝まで何時間あるんだ」と愕然しました。その後、テントのバタつき音と山がうなる音で全く熟睡できませんでした。ドクターがうらやましかったこと。砂地なのでテント浸水の恐怖はないもののフライの分離とペグ抜けが心配で心配で。

朝になったら静まるよなと思ったら甘い^2。状況は全く変わらず雨と突風。今後も好転は見込めないとの鈴木さんの話で帰ることになりました。沖ではウサギが跳ねてます。ひっくり返してあったカヤックを戻してPFDを取ると、今度は20cmくらいのムカデが!!何か裏目^2の展開。

この後、どうやって帰ったか記憶にないのですが、我に返ると出艇地に戻っていました(ウソ)。 

とにかく、辛い週末でした。まあ、これが谷でこれからはどんどん良くなると思うのですが・・・。

|

« 鞍掛の鼻の灯台守 | トップページ | 苦渋のデジカメ購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鞍掛の鼻の灯台守 | トップページ | 苦渋のデジカメ購入 »