« GWのスキー | トップページ | GWの秀岳荘 »

2010年5月11日 (火)

今度は廃屋

1005081 先週末はあまりに天気が良くて、やる気満々で一人海に出ました。

今回はいつもと違う浜から出艇しました。廃屋があると言う事前情報も後押ししてくれました。

気温は高いものの水温はまだまだ低目。

 

1005082 最初の島に到着。浜もいい感じです。

「お、隧道か」と思う人工的な穴でしたが、自然に崩れた穴のようでした。初めての所に来ると結構気がはやります。

  
 
 
 
 
 
 
 

1005083 使い方が良くわからない石垣と段々畑の跡が見つかりましたが建物の類はありません。もう、草木も元気になっていて、ちょっと内部探索は躊躇われます。

  
 
 
 
 

1005084 島を一周して次の島へ。

で、発見!藪の中から屋根が見えます。画像で分かる人は廃屋探しの才能ありです。

 

 

1005085_5

 

さっそく上陸してみると、ブイの残材の奥に屋根が見えます。しかし、そこまではイバラの藪でまさに「イバラの道」です。

 

 

 

1005086_2 悩んでいると、手前に別棟があるのを発見。ここなら行けそうです。イバラを避けながら内部に浸入。

 

 

1005087  

 

「海藻ミネラルネオ」の袋が残されています。恐らくここは飼料小屋で、あの大きい建物が家畜小屋だと思われます。人家は見あたりませんでした。

 

1005088

 

 

前回の遺構に比べれば小ネタですが、新たな発見に満足しながら島を一周して帰路につきました。(ここにもコンクリートの残骸あり)

 

1005089  

 

 

そこでまた、見つけてしまいました。コンクリートタンクのような遺構を。近くにプラントのようなものがあるのでその一部だったと思われますが、まるで弾を撃ち込まれたような穴が気になります。

その他の発見もあったのですが、今回は「廃」特集ということで・・・。

|

« GWのスキー | トップページ | GWの秀岳荘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GWのスキー | トップページ | GWの秀岳荘 »