« GPSヲタク? | トップページ | GPSいろいろ »

2010年7月13日 (火)

海辺の不気味な生物シリーズ(その1)

1007101先週末は土曜は天気が良かったのですが、日曜は雨が降ったり晴れたり不安定な日でした。

大潮で干潮時に現れた磯をのんびり歩いてみました。よく見るといろいろな生物が見つかります。

どうも海にいる生物ってかなり不気味で近づきたくないものが多いです(個人的趣味でしょうが)。

この不気味な生物の正体を明かそうというのが本シリーズの目的です。まあ、私だけが知らないケースも多々あると思いますが、ご了承下さい。

Hizara まずは、ヒザラ貝です。

カメノテの右側に居る、古くは三葉虫、今なら巨大ダンゴムシ、ナウシカで言えばオームのような生物です。

岩に結構密集してくっついています。足が出てフナムシのように暴れ出しそうで怖くて触れませんでした。

調べてみると、単なる貝の一種で剥がすと丸くなって「膝の皿」のようになることから「ヒザラ」となったとのこと。

また、食べられて、特に生では歯ごたえと磯の風味が美味しいそうです。もちろん、私はパスさせていただきます。

まあ、今後はビビらずに済みそうです。他にビビるものはいっぱいありますが・・・。

|

« GPSヲタク? | トップページ | GPSいろいろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GPSヲタク? | トップページ | GPSいろいろ »