« 黄金山トレッキング | トップページ | 海辺の不気味な生物シリーズ(その3) »

2010年11月 2日 (火)

秀岳荘で買い物&修理

1010183北海道の話の続きです。

恒例の秀岳荘買い出しツアーに行きました。今回は修理の方がメインだったのですが、やはり買ってしまいました。

まずは、画像上の空気マット(座布団)です。今の折りたたみ式のマットはへたり気味でお尻が痛くなるので、空気式を試して見ることにしました。1500円と安かったのもあります。

下の手裏剣みたいものは、砂&雪用のペグです。真ん中にペグ用のヒモを通して埋めるタイプです。砂地で風が強いとペグがどうしても抜けてくるため、これを試してみることにしました。1個500円はちょっと高かったです。まあ、軽量で畳める工夫をしているのでコストは上がるのでしょうが、自分でも作れそうです。残りは追加のヒモと締め具です。

Patch1 そして、今回のメインはREIのテントのフライ修理です。

REIのテントはポールが太く丈夫なため気に入っているのです。寒い時期はフライもベトベトにならず、復活をいろいろ試していました。

画像はColemanのアイロンを使ったテント修理用パッチですが、簡単に剥がれてしまい、もう縫い付けるしか方法がないと結論しました。

1010184 そして、秀岳荘に持ち込んだのです。秀岳荘は元テント屋さんで工房もあります。

さっそく、工房に持ち込んで対応を検討してもらいました。最初は同種か透明のパッチをあてることで話を進めたのですが、工場長(副社長)さんから、パッチでは格好悪いし、丸い穴なので通称「吹き流し」をつけてはどうかと提案がありました。

さすがと思い、お願いしました。画像が吹き流し部分です。工賃は3600円と非常にリーズナブルでした。

これで、REIのテント復活です!! 買ったばかりのシェラデザインズテントはフルメッシュなので、夏専用にしようと思います。

いやー、早くキャンプしたいです。雨が降ったらパスですが・・・。

|

« 黄金山トレッキング | トップページ | 海辺の不気味な生物シリーズ(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黄金山トレッキング | トップページ | 海辺の不気味な生物シリーズ(その3) »