« 石鎚山の恐怖 | トップページ | 王子ヶ岳でリベンジ »

2010年12月 1日 (水)

久々のキャンプ

1011271

週末は久々のキャンプでした。

さすがに焚き火必須で、あたっている時間が長かったです。

一応、レンスーもしました。着込んでいる上、厚手の手袋とキャップのフル装備のため強烈な浮力で軽く上がれます。

試しに反対側から勢いで手を使わずに体だけで上がろうとしたらやはりダメでした。

調子に乗っていると、夏場のラッシュガード1枚の時、上がりが悪くてショック受けるんですよ、これが。

1011272_2 なんやかんやで、テントの準備になるのですがスペアパドルの便利な使い方。

砂盛りや地ならしスコップとして結構有効です。

 
 


1011274_2ちょっと見にくいですが、テントの張り綱を通した十字ペグです。穴を20cm位掘って埋めます。

少なくとも綱の方向には強力に耐えてくれます。抜く時は、真上に引けば簡単に抜けます。

朝方そこそこの風が吹いたのですが、問題ありませんでした。風が回るような時はちょっと不明です。普通のペグと共用すればいいのかも知れません。 

1011273_2

そして、修理した例のテントが再登場です。 

吹き流しはこんな感じです。開けておいた方が結露対策になるかと開けておいたのですが、夜中に雨がパラついたので閉めました。

ただ、風があると膨らんでパタパタ音がするで、開け放しの方がいいようです。

 

1011275_2翌日は、島の探索も行いました。

やっと、スズメ蜂や蛇の恐怖もなくなり、遺構調査の季節到来です。

 
 
 
 
 
 
 
 

 1011276_2ちょっと迷いそうな踏み分け道をすすんで行くと海に出たりしながら進みました。

 
 
 






1011277_2かつて住んでいた人が使っていたであろう発電機がありました。   

結構、時間をかけながら元に戻ってきましたが、特筆される遺構は残念ながらありませんでした。

そんなこともあって、古道と遺構を求めて再度井島に行く決意を固めたのでした。

何のためのカヤックなのか・・・。

|

« 石鎚山の恐怖 | トップページ | 王子ヶ岳でリベンジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石鎚山の恐怖 | トップページ | 王子ヶ岳でリベンジ »