« 鉄塔巡視路を行く(鴻巣山〜石槌山 後編) | トップページ | 鉄塔巡視路を行く(大乗権山〜無名山 前編) »

2011年1月 8日 (土)

久々の三浦半島

10123001年末に三浦半島で漕いできました。

友人と前夜三戸浜に集合。車の中で忘年会もどきを行って車中泊。

朝方結構冷えました。前日は天気が良かったのですが、この日は曇りで肌寒くカヤッキング向きとは言えません。

 
 

10123002

舟はもはやシーラカンスと言えるパフィンです。友人はテンペストでポリ艇部隊となりました。

パフィンはシートにくるんで保管しているのですが、艤装品の劣化は防げないようで、バンジーコードは伸び放題、プラスチックバックルは押すと割れそうな状態でした。

舟自体は問題ない(へこんではいます)のですが、リストアする価値があるのか疑問です。

その点、テンペストは新品同様に見えます。舟自体もシャープですし。

ただし、重さはどっこいどっこいでは?

10123003重い腰を上げて舟を運びましたが、着替えるのに気合いが必要でした。 

後ろはフィッシングカヤックですが、関東界隈では激増しているらしいです。 

余りいい話をきかないそうですが。 

 

 

10123004やっと漕ぎ出したました。

曇っているのですが、水の透明度は十分です。でも、水に浸かる気は全く無しです。

 

 

 

10123005さすがに、三浦と言えども年末のためか海がすいています。いつもは釣り舟だらけ&シーカヤックがいっぱいという印象なのです。  

シーラカンス艇と言えども海の上でのんびり漕ぐ分には全然問題なく、楽しめました。 

 

 

10123006午後から天気が悪くなるのもあって、城ヶ島手前のブイでUターンすることにしました。 

上陸前に、スカーリングを一瞬やって2010年の締めくくりとしました。 

 

 

 

10123007帰る時には、すれ違ったカヤックグループの車が整然と駐められていました。ほとんどが横浜ナンバーでさすが三浦半島です。

「それじゃ、また(でも、全く見通したたず)」と友人と別れました。

さて、漕ぎ始めはいつになることやら・・・。

 

 

|

« 鉄塔巡視路を行く(鴻巣山〜石槌山 後編) | トップページ | 鉄塔巡視路を行く(大乗権山〜無名山 前編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鉄塔巡視路を行く(鴻巣山〜石槌山 後編) | トップページ | 鉄塔巡視路を行く(大乗権山〜無名山 前編) »