« カーボン・ラサ | トップページ | 西赤石山と遺構(前編) »

2011年5月26日 (木)

地獄のESWL治療

2011052001ESWLとは「体外衝撃波破砕術」という衝撃波で結石を破壊する方法です。

先週、先々週とこの治療を受け、半死状態でブログ更新もままならない状態でした。

画像は3年くらい前の私のおなかのレントゲンですが、腎臓に結石があります。

その前に知らないうちに石が落ちてきて七転八倒の苦しみを味わっています。

まだ石が残っていたのですが、落ちにくい位置であることもあり経過観察していました。

2011052002 しかし、年を経る毎に大きくなってきており、このまま放置すると尿の排出が悪くなり腎臓に悪影響が出るとのことで、ついにESWL治療に踏み切りました。

石を割ると言うことは、必ず出てくるわけで同じ苦しみを何度か味わうかも知れず、非常に憂鬱でした。

画像は当日の病院前ですが、私の心中と同じく雨が降っています。

事前の調査では、入院したり麻酔したりする例もあるのですが、ここはなし。麻酔すると日帰りできないので、座薬のみということでした。

2011052003 レントゲンを撮った後、いよいよ「結石治療室」に入ります。中には専用の機械がありますが、さすがにデジカメでは撮れなかったので興味のある方はESWLで検索すると出てきます。

ベッドに寝るまでに、若い先生に聞いてみます。
「入院したり、麻酔したりしないんですか?」
「大丈夫です。若い女の人もそのまま帰りましたから」
「・・・・・」

「1回で終わらないことも多いようですが?」
「ハッキリ言います。普通は1回で終わりません」
「・・・・・」

観念して、ベッドに横たわります。レントゲンで結石の位置を確認しながら、衝撃波発射体?を脇腹背中側にセットされす。

スイッチを入れると1秒に2回くらいの間隔でメトロノームのような音がして患部に静電気が飛んだ時のような痛みが走ります。さらに、ボリュームを使って強度を上げていくと内臓全体がやられているようです。

最初の方が特にひどく、後半は治まってきたので、鞄の中のiPodを取って貰って聞いていました。1回の治療に上限があるようで、3000発受けました。やはり、完全粉砕には至らず次週も受けることになりました。

確かにそのまま帰ることはできました。しかし、その後、血尿、便秘、腹痛、残尿感等々半死状態が続きました。当然会社にも行ったのですが仕事に集中できません。まあ、ボヤキになるのでこれ以上は書きません。

尿とともに多少は「かけら」が出たようですが、それ程の実感を伴わずに、翌週に2回目の治療を受けました。

2回目は、最初から最後まで痛かったです。そして、翌々週にまたレントゲンを撮って出てないようであれば再度ESWL治療となりました。トホホ。

今回は、血尿が全く出ません。腎臓が痛い感じもするのですが、前の週よりは調子が良かったので週末はトレッキングに行ったりしました。

しかし、腎臓痛は治まらず会社を休んで病院に行くことにしました。

診断では確かに腎臓が少し腫れているので、尿管に石が詰まって流れにくくなっているためであろうとのことで、薬を貰って帰ってきました。

2011052004その夜、トイレで出たんです。石が。

画像が2個の内、拾えた1個です。出たばかりの時はもっと透明感があったのですが酸化して不透明になったようです。表面はどの面もギザギザしてます。これが引っ掛かれば痛いでしょう。

あまり痛まなかったのはつまり方が良かったのでしょうか?

石は病院に持って行って分析して貰うことになっています。構成成分(普通はシュウ酸カルシウム)から今後の対策が分かるようです。

しかし、まだ、残っている可能性が高く、喜んでいられないんですよね。

さて、来週の結末は・・・。

ー追記ー

「ESWL」検索で訪問される方が結構いらっしゃるので、治療の結末をリンクしました。

|

« カーボン・ラサ | トップページ | 西赤石山と遺構(前編) »

コメント

貴重な画像ありがとうございます!
あんなモノがアンナとこから出るんですか????
詳細はまた聞かせてください

投稿: つね | 2011年5月26日 (木) 23時35分

つねさん

出るんですよ。痛みを伴いますけどね。痛みより嬉しさが勝ちますね。

ところで、私もGoPro HD Heroが欲しいのですが、モニタが付かない少し安いのと、モニタオプションの高いのとどっちがいいいんでしょう?モニタなしでも何とかなりますか?

投稿: tukara | 2011年5月27日 (金) 21時53分

色々迷いましたが、僕の場合は自分のロール時や、波の中で不安を感じた時にどんな風に自分が動いてるのか?
の確認が一番の購入理由でした。
その場合必然的に撮影時にカメラは自分に向けているので
モニターは見れないから必要ないと判断しました。
tukaraさんが風景等を撮られるのが目的でしたら必要かと思いますが・・・
超広角ですし、ほとんど目分量の配置でいまのところ撮れてると思います。
いろんなサイトで調べましたが、モニターは
結構バッテリーを消耗するようでもありましたので
カヤックの手の届かないところに設置する場合、漕いでる間電源の操作ができないなぁと思って僕はバッテリーパックと16MBのメモリーにしました。
 しかし、そこはリッチな tukaraさん色々なマウントを含め、僕が羨む様なフルセットの購入期待してますよ!!

投稿: つね | 2011年5月27日 (金) 23時29分

つねさん

コメントどうもです。モニタがあると確認できるのがいいと思うのです。後から見たら「あれ!録画されてない!!」とか、「全然方向が違うじゃん!」というのが心配だったのです。通常はオフ。

全然リッチじゃないですけど、本体+モニター+予備バッテリーが安心でしょうか? あと、カヤックへのアタッチメントは何を使ってますか? 私はフレキシブル三脚利用でいいかなと思っていますが。

投稿: tukara | 2011年5月28日 (土) 16時14分

僕のはモータースポーツヒーローというセットでしたので、同梱の吸盤のマウントです。今のところ取れたことはないですし、少しの曲面にも吸着してます。
アタッチメントを持ってカヤックのバウを持ち上げれるくらいです。
非常に強力で、大げさに謳ってはいませんがF1でテストしても落ちなかったようですよ。サーフィンの波にも耐えてるようですし・・・

投稿: つね | 2011年5月28日 (土) 19時15分

了解です。次回つねさんにお会いするまでに何とかしたい思います。ムフフ。

投稿: tukara | 2011年5月28日 (土) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カーボン・ラサ | トップページ | 西赤石山と遺構(前編) »