« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月26日 (木)

地獄のESWL治療

2011052001ESWLとは「体外衝撃波破砕術」という衝撃波で結石を破壊する方法です。

先週、先々週とこの治療を受け、半死状態でブログ更新もままならない状態でした。

画像は3年くらい前の私のおなかのレントゲンですが、腎臓に結石があります。

その前に知らないうちに石が落ちてきて七転八倒の苦しみを味わっています。

まだ石が残っていたのですが、落ちにくい位置であることもあり経過観察していました。

2011052002 しかし、年を経る毎に大きくなってきており、このまま放置すると尿の排出が悪くなり腎臓に悪影響が出るとのことで、ついにESWL治療に踏み切りました。

石を割ると言うことは、必ず出てくるわけで同じ苦しみを何度か味わうかも知れず、非常に憂鬱でした。

画像は当日の病院前ですが、私の心中と同じく雨が降っています。

事前の調査では、入院したり麻酔したりする例もあるのですが、ここはなし。麻酔すると日帰りできないので、座薬のみということでした。

2011052003 レントゲンを撮った後、いよいよ「結石治療室」に入ります。中には専用の機械がありますが、さすがにデジカメでは撮れなかったので興味のある方はESWLで検索すると出てきます。

ベッドに寝るまでに、若い先生に聞いてみます。
「入院したり、麻酔したりしないんですか?」
「大丈夫です。若い女の人もそのまま帰りましたから」
「・・・・・」

「1回で終わらないことも多いようですが?」
「ハッキリ言います。普通は1回で終わりません」
「・・・・・」

観念して、ベッドに横たわります。レントゲンで結石の位置を確認しながら、衝撃波発射体?を脇腹背中側にセットされす。

スイッチを入れると1秒に2回くらいの間隔でメトロノームのような音がして患部に静電気が飛んだ時のような痛みが走ります。さらに、ボリュームを使って強度を上げていくと内臓全体がやられているようです。

最初の方が特にひどく、後半は治まってきたので、鞄の中のiPodを取って貰って聞いていました。1回の治療に上限があるようで、3000発受けました。やはり、完全粉砕には至らず次週も受けることになりました。

確かにそのまま帰ることはできました。しかし、その後、血尿、便秘、腹痛、残尿感等々半死状態が続きました。当然会社にも行ったのですが仕事に集中できません。まあ、ボヤキになるのでこれ以上は書きません。

尿とともに多少は「かけら」が出たようですが、それ程の実感を伴わずに、翌週に2回目の治療を受けました。

2回目は、最初から最後まで痛かったです。そして、翌々週にまたレントゲンを撮って出てないようであれば再度ESWL治療となりました。トホホ。

今回は、血尿が全く出ません。腎臓が痛い感じもするのですが、前の週よりは調子が良かったので週末はトレッキングに行ったりしました。

しかし、腎臓痛は治まらず会社を休んで病院に行くことにしました。

診断では確かに腎臓が少し腫れているので、尿管に石が詰まって流れにくくなっているためであろうとのことで、薬を貰って帰ってきました。

2011052004その夜、トイレで出たんです。石が。

画像が2個の内、拾えた1個です。出たばかりの時はもっと透明感があったのですが酸化して不透明になったようです。表面はどの面もギザギザしてます。これが引っ掛かれば痛いでしょう。

あまり痛まなかったのはつまり方が良かったのでしょうか?

石は病院に持って行って分析して貰うことになっています。構成成分(普通はシュウ酸カルシウム)から今後の対策が分かるようです。

しかし、まだ、残っている可能性が高く、喜んでいられないんですよね。

さて、来週の結末は・・・。

ー追記ー

「ESWL」検索で訪問される方が結構いらっしゃるので、治療の結末をリンクしました。

| | コメント (6)

2011年5月12日 (木)

カーボン・ラサ

2011051201今回は鈴木さんのカーボン・ラサを借りて、シオンと同じことを試して見ました。3分割ラサもあるのですが、カーボン同士で差を見てみました。

以前乗った時は、切れ味が3分割と違う感じがしたのですが、カーボン・シオンから乗り換えると違和感はありません。それに、左右に踏ん張ってくれる安定感の割にはスピードも変わらない感じです。

2011051202 限界点を越えると当然こけますが、スカーリングで耐えることもできます。

ロールはシオンが一定の復元力で起きるに対して、ラサは起こすにつれて復元力が強くなって行く感じなので、後半に楽ができます。



2011051203 そして、話題のスカーリング。

ゴーグルと鼻栓があれば、かなりパドルに乗れているつもりなのですが、無いと急に不自然になります。左側が特にダメです。舟の特性以前の問題です。

また、腹筋が疲れるので変な力が入っているのかも知れません。


2011051204 下向きロールは何故か左側はできるのですが、右が上がりません。このままブクブクと沈んでいくところです。

左が上がるのは、腕のパワーが使えるためで、もっと力を抜いて上がる練習が必要と思われます。

この辺はラサの復元性も生かし切れていない感じです。

まだまだ水温が低いので少しずつ練習の密度を上げて行きますか・・・。

| | コメント (0)

2011年5月10日 (火)

秀岳荘での買い物

11051001行ってきました、秀岳荘のバーゲンセール!

シーカヤックはあまり変化がないようでしたが、ノーライト関係はシオンとアマタックの新色が置いてありました。

2時間ほど居たわりにはあまり買いませんでした。

「これは買い換えたい」と思うものもいろいろあったのですが、「今のでも使えないことはないなあ」と言うことで断念しました。

まず、テレマークスキー関係で秀岳荘ロゴ入りスキーベルトと流れ止めです。自作のものも使えるんですがこちらのほうが丈夫そうなので。1500円とリーズナブルな点も○。

11051003 次に、今の時期用に厚手のラッシュガードを買いました。3800円とこれもリーズナブル。

ただ、XLの割には袖が短く、手首も日焼けしていました。




11051002 テレビで面白そうなシーカヤックDVDをやっていたので、モチベーションのアップを兼ねて買ってしまいました。

 「This Is The Sea」というもので、1と3を買いました。(2は在庫なし)

1の方は、初心者をこんなところで乗せていいの?というのから始まり、いろいろなジャンルが出てきます。

普通、番号が増えると面白くなくなるのですが3の方がずっと面白いです。激潮流でのサーフィン、現在のポール・カフィンへのインタビュー、ケープホーンの過酷ツーリング等々。

ただし、英語のみ字幕なしなので理解度はかなり低いのですが・・・。



| | コメント (1)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »