« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月26日 (水)

非生産的週末

東京の人混みで風邪菌をもらったらしく、戻ってきてから喉の痛みから咳に移行していました。体調は悪くないのですが、これ以上咳がこじれると大変なので、週末のカヤックはお休みにしました。

それで、iMacのトラブルの修復を行いました。以下は、Windowsの方は役に立たない話ですので、パスしていただいても結構です。まあ、自分の覚えも兼ねて書いてみます。

Icloud Appleから鳴り物入りでiCloudが発表されたので、iPad2もあるし、私も導入してみようと思いました。

iCloudは手持ちのMacやiPhone、iPadをAppleにあるクラウドで自動で同期できるシステムです。




Snow_leopard これをインストールするためには、MacのOSがLion(OS X 10.7)である必要があります。

現在はSnow Leopard(OS X 10.6)なので、App Storeからダウンロードしてインストールします。






Lion Lionをインストールする過程でiCloudも使えるようになりました。

しかし、 CPUがCore2Duoであるせいか、動きがモッサリしています。また、使えなくなったソフトも結構ありました。

Lionは仮想化マシンソフトで使用することを思いつき、Parallelsを導入しLionのバックアップをとりました。

 

Timemachine_2 OS XにはTime Machineという機能があって、定期的にバックアップを取っていてくれるので、これを利用してSnow Leopardに戻そうとしました。

ところが、遡れる最短のデータが6月しかありません。面倒くさいのでそこまで戻ることにしました。長時間HDDでカリカリやって終了しました。

Leopard_2
遡りすぎたのでOSがLeopard(OS X 10.5)になってしまいましたが、動きも快調です。

で、6〜10月のデータを取り戻そうとTime Machineの中を覗いてみたところデータがないのです。

顔面蒼白になり、ネットで調べてみると「Time Machineの再構築」を実行してデータが復活したというのがあったのでそれを行うとデータが見えました。

手動でアプリケーション、メールデータ、デジカメ画像、iTunesデータ、書類等をチマチマ移動させて何とか元に戻りました(多分)。

Parallels で、Lionのバックアップがどこかに行ってしまったのですが、ひょんなことから外付けHDDにるのを見つけ使えるようになりました。

これからは古いLeopardメインに使っていくつもりです。仮想化したLionって遅すぎて使い物にならないんです。

何かLion専用マシンも欲しくなってきたなあ・・・。

| | コメント (0)

2011年10月19日 (水)

ちょっと大きな船に乗って

11101601_2 500トンクラスの船に乗る機会があったので、その時のことを書いてみます。

場所は東京湾〜館山沖です。

船酔いも心配したのですが、当日は波も無く快調でした。




11101904 大きな関心事であるレーダーにシーカヤックが写るのかじっくり観察してみました。

画像は液晶モニタのもので、ノースアップ(North Up)になっています。船は太い白線の方向に進んでいます。

船の周りに黄色の細かい点々は波の反射だそうです。右下に3つあるのは小さな漁船です。ブイなども分かったのでカヤックも分かるようです。これで安心です。

普通、レーダーも高感度と低感度を積んでおり、高感度で殆どのものが分かるそうです。波が大きかったり、雨や霧があると高感度のものは影響を受けるので低感度のものを使うとのこと。

11101902 船の距離感ですが、大型船ほど近くに見えるようで、近いなと思ってレーダーを見るとレーダーの範囲外だったりします。

そういう意味でも、非常に有効な計器だと思います。



11101903 最近、釣りカヤックで旗を立てているのを見かけますが、船から目線では目立たない感じです。

画像の船にも旗が付いていますが、結構大きな物で何とか分かる程度です。Tシャツくらいの大きさがあればまあ、見えるでしょうけど、現実的でないですね。

沈を想定していない釣りカヤックならロールの邪魔になることを考えずに大漁旗でもいいかも知れませんが。



11101905 夜は沖合で錨を下ろして船内泊でした。

ライトが付いているせいかカモメが近くに集まって飛び回っていたので、面白い画像が撮れました。

線になっているのは、飛んでいるカモメの軌跡です。休んでいるカモメも写っています。

11101906 たまたま近くにもやってきたので、羽ばたく様子がしっかり写っています。

弧を描いて飛ぶ様子が良くわかります。





11101907 これは帰りの東京湾です、右の棒状のものはアクアラインの橋の部分です。黄色い点はすべて船です。

上のレーダー画像より広い範囲で測定していまが、それにしても超過密な東京湾です。



11101908 レインボーブリッジです。瀬戸大橋にはかないませんね。

船もたまにはいいですが、やっぱり自分で漕ぐ方が楽しいような・・・。

| | コメント (2)

2011年10月 5日 (水)

GARMIN漬け

11100501仕事がドタバタでブログをサボりっぱなしでした。

連休のツアーは今までで最高の条件でした。フロントシャフトロールもまあ進歩したのですが、その辺の話はまたの機会に。

今日は、私の好きなGARMINの話です。

ジムニーのナビとして2年くらい前にnuvi250を買いました。

11100505 吸盤ベースをダッシュボードの貼るのが嫌だったので、上の画像の様に、使う時だけフロントのガラスに取り付けていました。

でも、これでは違反になるので、カッパ天国さんから聞いた小物入れを利用する方法を採用しました。

左がその取り付けベースで、プラ板から作りました。

11100502 これを小物入れに差し込みます。

箱の中がテーパーになっているので、ガタが出ないように形を合わせるのが結構大変でした。






11100503 そして、ナビを取り付けます。

確かに見やすくなりました。しかし、問題も出ました。

ラジオのディスプレイがよく見えないのと、ナビが邪魔でボタン類の操作が難しいのです。

しばらくは我慢していたのですが、やっぱり面倒。

11100504 色々探して、結局シフトのそばに落ち着きました。

ただし、吸盤ベースを貼り付ける必要がありますが目立たないから良しとしました。

気になる、電波の感度ですが特に問題ありませんでした。GARMINということもあるかも。


11100506 話はこれで終わらないのです。nuvi250のケーブル取り付け部の具合が悪いようで、走行中にナビが止まってUSBストレージモードに頻繁になるようになってしまいました。

タイミング良く、nuvi1480plusがオートバックスで半額以下で売っていたのでつい買ってしまいました。まあ、nuvi250も新製品が出る前で安く買ったので、そういう巡り合わせなのでしょう。

画面は大きくなり、それなりに機能は良くなっているようです。あと、ワンセグTVが付いているので天気予報を見るなどが便利になりそうです。

死蔵されている物も入れれば、GARMIN製品が5台になりました。まだ増えるかも・・・。

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »