« GARMIN漬け | トップページ | 非生産的週末 »

2011年10月19日 (水)

ちょっと大きな船に乗って

11101601_2 500トンクラスの船に乗る機会があったので、その時のことを書いてみます。

場所は東京湾〜館山沖です。

船酔いも心配したのですが、当日は波も無く快調でした。




11101904 大きな関心事であるレーダーにシーカヤックが写るのかじっくり観察してみました。

画像は液晶モニタのもので、ノースアップ(North Up)になっています。船は太い白線の方向に進んでいます。

船の周りに黄色の細かい点々は波の反射だそうです。右下に3つあるのは小さな漁船です。ブイなども分かったのでカヤックも分かるようです。これで安心です。

普通、レーダーも高感度と低感度を積んでおり、高感度で殆どのものが分かるそうです。波が大きかったり、雨や霧があると高感度のものは影響を受けるので低感度のものを使うとのこと。

11101902 船の距離感ですが、大型船ほど近くに見えるようで、近いなと思ってレーダーを見るとレーダーの範囲外だったりします。

そういう意味でも、非常に有効な計器だと思います。



11101903 最近、釣りカヤックで旗を立てているのを見かけますが、船から目線では目立たない感じです。

画像の船にも旗が付いていますが、結構大きな物で何とか分かる程度です。Tシャツくらいの大きさがあればまあ、見えるでしょうけど、現実的でないですね。

沈を想定していない釣りカヤックならロールの邪魔になることを考えずに大漁旗でもいいかも知れませんが。



11101905 夜は沖合で錨を下ろして船内泊でした。

ライトが付いているせいかカモメが近くに集まって飛び回っていたので、面白い画像が撮れました。

線になっているのは、飛んでいるカモメの軌跡です。休んでいるカモメも写っています。

11101906 たまたま近くにもやってきたので、羽ばたく様子がしっかり写っています。

弧を描いて飛ぶ様子が良くわかります。





11101907 これは帰りの東京湾です、右の棒状のものはアクアラインの橋の部分です。黄色い点はすべて船です。

上のレーダー画像より広い範囲で測定していまが、それにしても超過密な東京湾です。



11101908 レインボーブリッジです。瀬戸大橋にはかないませんね。

船もたまにはいいですが、やっぱり自分で漕ぐ方が楽しいような・・・。

|

« GARMIN漬け | トップページ | 非生産的週末 »

コメント

幼い頃からTVや映画で見たレーダースクリーンの概念を打ち破る興味深い映像でした。
荒れた海面で、ツアーの僚船が波間に見え隠れするような中を進むことがありますが、大型船の高いマストから見下ろせば非金属のカヤックでも検出出来るんですね。
素晴らしいことです。

投稿: かっぱ天国 | 2011年10月20日 (木) 20時24分

たぶん、このクラスの船ならレーダーで分かるんじゃないでしょうか。波と違って動きますし。
今月はいろいろあってカヤック乗ってないんです。週末は何とか乗りたいものです。

投稿: tukara | 2011年10月21日 (金) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GARMIN漬け | トップページ | 非生産的週末 »