« 伊予富士がなぜ富士なのか? (後編) | トップページ | 井島の山火事跡 (後編) »

2011年11月29日 (火)

井島の山火事跡 (前編)

11113001山火事後の井島に行ってきました。

今回は日帰りですが、結構な荷物です。山に登るので暑からず寒からずの装備選択が難しく荷物が増えてしまいました。

真ん中には試しに買ったセブンイレブンの「イチゴオレ」ですが、ちょっと甘過ぎでした。昼食は同じく豪華に「鯵飯」。

最近、シーカヤック関係のHPを見ていると「半分食堂やレストランに行くのが目的で漕いでるんじゃない?」と感じてしまうものを見かけます。

折角カヤック漕いでるのだから「どこかの浜でコンビニ弁当でもいいから海を見ながら食べればいいじゃん」と思ってしまいます。それに、一般の人から見ればウェットやドライ着た人って違和感ありありでしょう。

「グルメカヤック」というのも1ジャンルなんでしょうか。この時期は、震えながらの鍋焼きなんかもおつなものですけれどね。

11113002 ボヤキはこれくらいにして、井島の話に戻ります。

8月の山火事で井島の集落以外は大半が消失したとのことで、どう変わってしまったかを調べて来ました。

日の出の浜から京の上臈島を通って井島に向かい
す。

11113003_2 島全体が黒ずんでしまっています。送電線の鉄塔が根元からよく見えるようになっていまいました。






11113004 謎の崩落地点です。海岸そばの木だけが燃え残っています。木が無くなってしまったため途中に道のような段差があるのが分かります。






11113005 鞍掛の鼻灯台方面は焼け残ったと思っていましたが、ここもかなり焼けています。灯台は無事だったようです。






11113006 灯台の南側に回ると、緑が残っていて今までと変わりなく見えますが、島の北側以外で緑が全体に残っているのはここだけです






11113007 岬を回ると送電設備が見えてきます。送電関係は大丈夫だったのか気になっていたのですが、特に変化はないようです。






11113008 上陸して、着替えて前回と同じ増電線巡視路を進みます。海岸沿いは緑が残っているので以前来たときと変わりはありません。






11113009 ちょっと登ると一気に焼け野原に変わります。送電設備の小屋は無事もしくは改修したようで、特に変化はありませんでした。









11113010 斜面全体が焼け野原で、地面は炭になった枝や葉で真っ黒です。

燃え残った木が立っていますが触ってみるとパリパリではなく弾力が残っています。植物には詳しくないので何とも言えませんが、多分駄目なんでしょうね。



11113011 急な尾根を登ります。この部分は元々木がないため地面も黒くはなく、以前のままでした。










11113012 登って来たところを振り返ると殆どが焼けており、斜面にある岩の状態がが良くわかります。

送電施設の小屋の白さが目に付きます。




11113013 さらに上の稜線を目指して登ります。

息が切れてきます。(続く)

|

« 伊予富士がなぜ富士なのか? (後編) | トップページ | 井島の山火事跡 (後編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊予富士がなぜ富士なのか? (後編) | トップページ | 井島の山火事跡 (後編) »