« 井島の山火事跡 (前編) | トップページ | タグボート追跡 »

2011年12月 1日 (木)

井島の山火事跡 (後編)

11113014続きです。

稜線に到達しました。

島の北側を見ています。モノトーンのような景色が広がります。

やはり木のなかったところは白く残っています。ここはもともと送電線巡視路ともなっていたところです。道の部分は元のままです。

11113015 島の西側です。

ここも焼け野原です。木が残っているところもあるのですが、大半は茶色く枯れています。消化剤(海水?)の影響かも知れません。




11113016 去年の今頃来たときの景色です。

ここまで戻るのにどれくらいかかるのでしょうか。残念です。






11113017 殆どの鉄塔は無事だったのですが、この鉄塔だけは焼けたようで、表面が錆びています。強度的には全然問題ないでしょうけど。









11113018 これから先は初探索なのですが、前回とは違って先が見通せるようになってしまいました。






11113019 さらに、ずっと道は続いています。思ったとおり、集落まで続いているのでしょう。

斜面が全面焼けています。谷になった部分が特に燃えやすかったようで全滅です。



11113020 ちょっと、焼け跡に入ってみます。

地面は細かい炭状のもので一杯です。







11113021 地面を掘ってみると1cmくらいの炭の相の下に地面が出てきました。

土自体は特に焼けているような感じではありません。





11113022 緑の残っているところに近づいてみると、その先にはまた焼け野原が続いていました。

この緑がまた広がってくれるといいのですが。

まだまだ集落までは倍以上あるのですが、この辺で戻ることにしました。


11113023 島にいた動物は逃げることは出来たかも知れませんが、生きて行くには大変でしょう。

ただ、帰りに動物の足跡を見つけたのでまだ居ることは確かなようです。




11113024 上陸場所に戻って来ました。豊島の見えるここからの景色は昔のままです。

焼け野原の中に所々に緑が残っており、時間はかかりそうですが緑の復活を感じることができました。

これからも、時々訪れてみたいと思います・・・。

|

« 井島の山火事跡 (前編) | トップページ | タグボート追跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 井島の山火事跡 (前編) | トップページ | タグボート追跡 »