« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月28日 (水)

久々のテレマーク

12032801一ヶ月ぶりにスキーに行ってきました。

風邪ひいたり、仕事が忙しかったりで週末が潰れていました。 

当日は傘マークだったのですが、まあ翌日は何とかなるだろうと楽観はしていたものの、道中の雨にはさすがに戦意喪失気味でした。

山に登るにつれて雨が雪に変わりました。宿についてひと休みし、これなら何とか滑れそうだとゲレンデに出ました。

12032803 かなり大粒の雪でした。

特にリフトのシートに積もった雪を係の人が払うのですが、十分取り切れずスキーパンツに水が浸入してきそうで心配でした。

ゲレンデはスノボ中心に10人くらいが滑っているだけで貸し切り状態した。

12032802 ガスが出てきて視界不良になったりもしました。

で、滑りの方はというと、湿雪の割にはスキーが滑っていつもの状態でした。ただ、凸凹に脚を取られて十数回以上転びました。

翌日は気温も下がり雪は降っているもののコンディションは真冬と変わらない状態で気持ちよく練習できました。

ターンの時、どうしてもスキーが開いてしまうので、鈴木さんのアドバイスで膝を絞る練習や腰の向きの修正を行いました。少しは進歩したと思うのですが。

 12032804 ひとつ不思議だったことがあります。

ブーツには「SKI」モードと「WALK」モード」つまみが付いていて、「WALK」モードにするとブーツの前後方向のロックがはずれて歩きやすくなります。

滑るときは「SKI」モードにした方が板の押さえが効くようになります。

ところが、今回、「WALK」モードのまま湿雪を滑っていたので「SKI」モードに戻したのですが、逆に滑りにくくなりました。

「WALK」モードの方が湿雪の場合追従性がいいからなのでしょうか? 

この辺は、また確認してみたいと思います。まだ、やる気満々のつもりなのですが週末雨が多くて・・・。

| | コメント (0)

2012年3月14日 (水)

船のこと少々

2012031401また、船に乗ってきました。

今回も波浪注意報が出て、多少揺れましたが前回に比べれば全く問題なしでした。

画像は船の錨を下ろしたところです。白い気泡も見えます。錨を入れるのを投錨(とうびょう)、上げるのを抜錨(ばつびょう)と言うようです。

2晩、港の沖で錨泊(びょうはく)したのですが、その時に気がついたことです。

2012031402 これは船内にある風向&風速計です。

風は10m/sec弱あります。







2012031403 じっくり見続けてみると、船首が風上に向くように動いていました。ある程度大きい船でも風の影響を受けるようです。タンカークラスは分かりませんが。

また、船首が風上を向こうとするのは錨のせいだと思いますが、風に対して横を向こうとするカヤックとは違って面白いです。

シーアンカーを使えばカヤックも風に正対するのでしょうか。

2012031404 また、錨泊の時、画像の様な物体を掲げます。

これは調べてみると、「黒色球形形象物」と言い、表示する義務があるものでした。

球状は1個だと「錨泊」、2個だと「運転不自由船」、3個だと「座礁中の船舶」だとのことです。

また、円錐型を下向きに付けると「機関及び帆を同時に用いて推進している動力船」で、ヨットなんかが当てはまります。

今度、錨泊中の船がいたら調べてみます。でも、船の大きさに比べたら相当小さいんですけどね・・・。


| | コメント (2)

2012年3月 5日 (月)

Mac miniのSSD化

MacssdiMacのOSをLionにしたところ、もっさり感が出てどうしようかと思っていました。

結局、最新のMac miniの最低グレード整備済み品を買ってメインマシンにしました。iMacより動きはいいのですが立ち上がるのに1分くらいかかります。

折しも、180GBのSSDが2万円以下であったのでゲットしてMac miniのHDDと交換することにしました。

換装方法はブログを検索すると色々出てきますので省略します。

それから先が結構はまったので、覚えとして書いておきます。

まず、マザーボードへのコネクタが小さく(5mm四方くらい)て外れやすいので注意。
(SSDを認識しないので悩んでいたらコネクタが外れていた)

電源投入後 command+R を押す。

Mac OS インストーラが起動するので「ディスクユーティリティ」を選んでSSDをフォーマット
する。GUIDパーティションテーブル、Mac OS 拡張(ジャーナリング)を選択。

何故かBluetoothマウスを認識しないのでUSBマウスを使用。

フォーマットが終わったら、「Mac OS を再インストール」を選択(「Time Machine バックアップから復元」を選ぶといつまで経っても終わらないので選択しない)。

Lionのインストールが終了したらOS上のTime Machineを使って、元の状態に戻す(バックアップを取って置いた外付けHDDを接続)。

これで、OKのはずなのですが、何故かネットワークだけは再設定が必要でした。

以上です。

で、XBENCHでディスクの速度を測ってみました。

まずは、iMacのSeagateの5インチ7200回転HDDのものです。

    Disk Test    61.70   
        Sequential    140.30   
            Uncached Write    155.29    95.35 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    158.96    89.94 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    96.44    28.22 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    184.78    92.87 MB/sec [256K blocks]
        Random    39.55   
            Uncached Write    13.36    1.41 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    138.62    44.38 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    81.90    0.58 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    145.62    27.02 MB/sec [256K blocks]

SDD化したMac miniです。

    Disk Test    367.61   
        Sequential    218.99   
            Uncached Write    508.22    312.04 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    339.13    191.88 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    95.26    27.88 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    350.68    176.25 MB/sec [256K blocks]
        Random    1143.96   
            Uncached Write    2084.35    220.65 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    655.35    209.80 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    2689.55    19.06 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    893.53    165.80 MB/sec [256K blocks]

シーケンシャルの4Kデータ以外はかなり速いです。立ち上がり時間は半分の30秒くらいになりました。180GBというサイズは、デジカメ画像や動画を外付けHDDに入れれば余裕です。

当分はこれで行きます。新しいiMacが出たら気が変わるかも知れませんが・・・。

| | コメント (2)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »