« 鉄塔巡視路を行く(荒神島 後編) | トップページ | セミドライスーツの修理その後 »

2012年4月25日 (水)

GPS的解析?

12042501荒神島からの帰り、向かい風・逆潮の
洗礼を受け、ヘトヘトで帰ってきまし
た。

「GPSを速度計と距離計(軌跡ログ)に
しか使っていないじゃないか」という
声もちらほらあるので、志向を変えて
ログデータをグラフ化してみました。

12042502_2 当日は、曇り空で肌寒く、島からの帰
りは風も強まるという「行きはよいよ
い帰りは怖い」状態でした。

波高はそうでもないのですが、風波と
潮波が合成された短い周期でどんどん
やって来るので疲れます。

来たときと同じコースで帰っているつ
もりが、GPSの軌跡をチラ見すると強烈に流されているのに気がつきました。

Koujingraph1 左図はその時の軌跡に速度をプロット
したものです。

行きは(1)→(2)です。この時、上げ潮で
上から下に流れていたのですが、若干
流されていることが分かります。潮止
まりが近かったので、流された量はそ
うでもありません。速度もまあまあ出てますし。これで油断しました。

12042503 帰りは(3)→(4)→(5)ですが、(3)’を進ん
でいるつもりだったんです。

速度も4〜5km/h出ていたんで、下げ
潮の逆潮(図の下から上方向)の割には
まずまずと思っていたのですが、流さ
れた速度がプラスされていたんですね。

気がついてから(3)’に修正しようとし
たんですが、波が真横からバシャバシャ来るもんで、岸ベタ作戦に変更して
波を斜めに越えて岸を目指しました。

それが(4)→(5)です。岸に近づくにつれて潮の力も弱まり速度も上がってきて
います。

Koujingraph2 その後は無難に進んでいたのですが、
「松ヶ鼻」でしっぺ返しです。

稚拙な絵で申し訳ありませんが、今度
は時間を合わせたプロットです。

鼻の付け根で潮が川のように流れてい
たの迂回したのですが全然進みません。

油断すると川に引き込まれそうになる
のでマジ漕ぎです。

50m進むのに2分以上かかっています。時速にすると1.5km/h!

岸ベタもいいんですが、鼻部分の処理が難しいですね。

12042504 さて、実際はどういうルートを取るべ
きだったんでしょうか? 緑のルート
かなあ? 

また、大潮の時試す方法もありますが、
疲れるんでやめときます・・・。

|

« 鉄塔巡視路を行く(荒神島 後編) | トップページ | セミドライスーツの修理その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鉄塔巡視路を行く(荒神島 後編) | トップページ | セミドライスーツの修理その後 »