« 直島ミステリースポット群(後編) | トップページ | GPS用地図の選定は難しい »

2012年5月30日 (水)

Nikon AW100のGPS性能

Aw100body昨年12月に購入したAW100ですが、
GPSの性能と使い方について自分なり
に気の付いた事を書いてみます。






Aw100agps GPS付きのカメラは初めてでしたが期
待と諦めが半分半分でした。

まず、電源ON時の測位ですが、最初は
苦労しました。

A-GPS(アシストGPS)という機能があり
そのファイルをNikonのHPからダウン
ロードしてSDカードにコピーします。

カメラ側でそのファイルを実行すると
カメラ側にデータが取り込まれます。

データは時々刻々変わるGPSの位置情報でこれにより測位の時間を縮められるとのことでした。ファイルは1週間程度で更新する必要があります。

ところが、ファイルを更新してもなかなか測位せず、我慢しきれず使い始めたらGPSが機能し出したのは2〜3時間後ということもありました。

また、動いた方がいいのかと、車のダッシュボードに乗せて測位をしてみたりもしましたが効果なしでした。

たどり着いた使用方法は、カメラを使う前日にファイルを更新し、測位は現場でカメラの電源を入れて放置(向きは縦でもレンズが上でもOK)するということです。最近はこれでだいたい測位できています。現地で「即使おう。じきに測位するだろう」は止めた方が
いいです。

Aw100log これは効果があるかわかりませんが、
「位置情報記録機能」をオンにして30
分間間隔で6時間ログを取るようにし
ています。

当然、電池の消耗も早まりますが、し
ょうがありません。

ログはGARMIN GPSがあるので、表示はしていません。

Aw100woods 実際使ってみると、感度的には2世代
前のGARMINのGPS(モデル名の後にSやH
が付かないもの)程度でした。

電源オン時の測位時間ですが、海など
の上空が開けているところでも3〜4
秒くらいかかる感じです。GPSデータ
を入れたければ電源を入れてすぐシャ
ッターを押してはいけません。

林の中でも上空が一部開けていれば5秒くらいで測位します。

画像の様なところは駄目でした。携帯しているGARMIN GPSは当然測位できています。

Aw100viewnx1_2 で、撮ったデータをどう利用するかで
すが、基本的には撮影位置の確認です。

カメラにViewNX2という画像編集ソフト
が付いてくるのですが、この中に撮影
位置をGoogl Mapを使ってプロットする
機能があります。

この機能を使って、冠山〜平家平縦走
をプロットしてみました。どの辺が撮
影ポイントか良くわかります。測位できなかった画像はプロットされません。

Aw100viewnx2 もう一つ、カメラの機能として電子コ
ンパスがあり、これを使って撮影した
向きを示してくれます。

画像の黄色い扇形が見ている方向です。

これも結構便利な機能で、山並みや海
上でどちらを見て撮ったのか参考にな
る場合があります。

ただ、方向が違うように感じる場合も
あり、電子コンパスの誤差かも知れません。

Aw100viewnx3 直島一周のものです。

海上は測位しないケースはないのです
が、つい焦ってシャッターを押すと測
位前で緯度経度データ記録に失敗しま
す。

まあ、シャッターチャンスがこれしか
ないと言う場合はGPSを諦めるしかな
いです。

Aw100bat 最後に、GPSを使うことによる電池の消
耗ですが、冠山の時で下山時に電池マー
クが3個から2個に減って、ストロボの
充電に時間がかかる状態でした。

念のためスペアバッテリー(EN-EL12)を
買うことにしたのですが、純正がAmazon
で¥3,480に対し、ロワ製が2個で¥880という驚異的安さだったので、騙されたと思ってロワにしました。

無事に使えてますが、電池の持ちは純正の50〜70%程度でしょうか。耐久性は不明です。

値段も値段ですし、スペアのある安心感から満足しています。

話は変わりますが、最近はSONYの防水デジカメTX300Vの非接触充電、Wi-Fiデータ転送に興味津々ですが、レンズの明るさや画質は大きく変わらないようで、このタイプの屈曲式レンズカメラの限界のようです。

当分はAW100で・・・。

|

« 直島ミステリースポット群(後編) | トップページ | GPS用地図の選定は難しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 直島ミステリースポット群(後編) | トップページ | GPS用地図の選定は難しい »