« 直島ミステリースポット群(前編) | トップページ | Nikon AW100のGPS性能 »

2012年5月24日 (木)

直島ミステリースポット群(後編)

12052318続きです。

直島宮ノ浦港の防波堤脇を進みます。

時々、波があたるドーンという音に驚
きながら進みます。

波の無い反対側を行こうとしたら船が
たくさん係留されていて無理でした。


12052319 この辺からはベネッセの施設が多くな
って来ます。

真ん中が崩れた防波堤のようなものが
あったので近づいてみました。





12052320近づいてみると、崩れているのではな
く海水を出入りさせるための溝のよう
です。

干潮では通れなくなりそうですが、今
なら行けそうです。

でも、止めました。中を見ると小綺麗
な建物があったりして中がプライベー
トビーチのような雰囲気なんですよ。

違和感ありありです。

12052321 反対側から見てみると、一部出入り口
はあるものの、立入禁止の看板なんか
もありました。

入らなくて良かった。

外に開けていないビーチって・・・。




12052322 まあ、そんな負け惜しみは置いといて、
柏島付近も潮流で波立つ地域ですが、
ここも、大きな波ではなく、のんびり
流されました。

波で遊んで沈するにはまだ早いので良
しとしましょう。

この辺の柏島、尾高島はGoogle Mapの
詳細写真の範囲外になっているので、
今のところ探索対象になっていません。

12052323 真面目に漕いで10km/hを越えを楽しん
でいるうちにお腹がすいたので、石灯
籠のある浜に上陸します。

何で石灯籠があるかは不明です。ベネ
ッセのモニュメントなのかなあ?




12052324 メニューはコンビニの鯵飯とミニ冷や
し中華です。

直島にうまいうどん屋があるそうです
が「食堂カヤッカー」はねぇ。

と言うか、何で「食堂」が漕ぎの行程
の中に鎮座ましましてるのが理解でき
ないんですよ。

この考え方ってストイック?

カヤックが終わって、「お疲れ様、じゃあ、なんかうまいものでも」の方が自然ではないかと。

奥の島が尾高島です。

12052325 食事も終わったことで、最期のスポッ
ト家島を目指します。

天気晴れから曇りになったものの、異
常に暑い。休んで分かったのですが追
い風のため無風状態で漕いでいたんで
すね。止まると涼しい。

家島が見えてきましたが、そろそろ疲
れが溜まってきました。

Pond ここには謎の養殖池(と推定)がありま
す。

南東側に2箇所水の変色した流れ込みのような部分があり、北側には建物のようなものもあります。

海の上からは内部が見えないので、上
陸して確認してみる必要があります。


12052327 ここが島の南東側です。

石垣が2箇所コンクリートで補修され
ています。

推察するに、石垣が決壊し上記の流れ
込みが形成され、対策としてコンクリ
ートで補修されたというのが妥当では
ないでしょうか。

と言うことは、現役の設備? しかし
航空写真では使ってないように見える
のですが。

上陸ポイントがないのと、現役設備に立ち入って怒られてはまずいので、北側に回ってみます。

12052328 北側も石垣に補修の跡がありますが、
コンクリートではなく再度丁寧に石を
積んでいます。

航空写真でもここは改修されているよ
うな感じで写っています。

ここなら目立ちそうにないので上陸し
てみます。


12052329 ・・・・・・。

どう見ても、使われている雰囲気はあ
りません。

池自体も乾燥化が進んで草木が生い茂
っています。遠くに養殖升らしきもの
のが見えますが、ばらばらです。

当然手前のコンクリートの土台も何の
為だったのか推測不能。何故か隣の土
台の中にはボートが放置されてます。

気がつかなかったですが、右奥の方向に家もあります。こんな状態で、数々の補修が必要だったんでしょうか?

さらに、謎は深まりますが探索はここで打ち止めとします。

12052330 局島をかわしたところで、また同じフ
ェリーに会ってしまいました。

同じ船長さんだったら「まだ、こいつ
いるんだ」と思ったでしょう。





12052331 大潮の影響を余り感じないまま、上・
下烏島が見えてきました。







12052332 そして、日の出に戻って来ました。静
かないい雰囲気です。

これが、夏の日曜日になるとゴキブリ
ジェットで阿鼻叫喚の地獄絵図(たとえ
が違うかも)となるんです。悲しい。

今回のミステリースポット探索、不発
の面もありましたが、また時期をみて
やります。

でも、ほぼネタが尽きてしまったんで
すけどね・・・。

|

« 直島ミステリースポット群(前編) | トップページ | Nikon AW100のGPS性能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 直島ミステリースポット群(前編) | トップページ | Nikon AW100のGPS性能 »