« GPS的解析? | トップページ | 今年の春の秀岳荘 »

2012年5月 2日 (水)

セミドライスーツの修理その後

Wetbond0以前にアクアシールを使ってセミドラ
イの袖ラテックスゴムを修理したので
すが、3度のチャレンジでいずれも剥
がれて修理不能でした。

もう、新しいのを買おうと思ったので
すが、ツネさんからウェットボンドで
問題なく付いたとのことだったので、
騙されたと思って試してみました。

ウェットボンドはAmazonでも買えます
がカヌーショップにもありました。マーシャス製でした。

Wetbondアクアシールの時と全く同じ方法で行
ったのですが、ウェットボンドの場合
はサラサラで、塗っているうちにどん
どん乾いていくので、焦って貼り付け
ました。

翌日確認すると、ゴムの端が浮き上が
って引っ張ると剥がせそうなのですが
じっとこらえて、ボンドを流し込みま
した。

さらに翌日確認すると、何となく付いた感じになったので、350mlの缶を使って袖口を広げて完了です。

不安を感じつつ、使ってみたのですが何ともないようです。耐久性は不明ですが、新規購入しなくて済みました。

アクアシールでも同じ対応で済んだかも知れませんが、まあ、結果オーライと言うことにします。

ツネさん、サンキューです・・・。

|

« GPS的解析? | トップページ | 今年の春の秀岳荘 »

コメント

おめでとう御座います!
しかし、まだまだ改善の余地ありです。
「ウェットボンドの場合
はサラサラで、塗っているうちにどん
どん乾いていくので、焦って貼り付け
ました」ここが問題です。
説明書にあったかともおもいますが、
ボンドをラテックスにぬって
そのどんどん乾いていくように思えるその時間がたいせつなのです、塗って艶が消えるまで少し放置して、ラテックスの表面が少し溶けたような状態になって
から貼り付けたほうが、綺麗に食いつきます。焦ってはいけません。そうして付けた後、めくれた部分やしわの隙間に
アクアシールを流し込んだり被せればよいと思いますよ。

ところで、一人で漕いでばかりで人恋しくなったので、廃墟ツアー企画願います。そちらまで行きますので・・・

投稿: ツネ | 2012年5月 3日 (木) 00時28分

北海道から帰ってきました。天気が悪くて何も出来ませんでした。
ラテックスゴムの修理はなかなか奥が深いですね。

カヤック&廃墟ツアーは企画中ですので決まったら連絡しますね。

投稿: tukara | 2012年5月 7日 (月) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GPS的解析? | トップページ | 今年の春の秀岳荘 »