« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

GARMIN GPS フリー地図更新

以前に紹介したGARMIN GPS用フリー地図(以下「フリー地図」)ですが、改良して更新されていました(作者の方、ありがとうございます)。

地図自体の変更はちょっと分かりませんが、表示関係で森?の緑色表示がなくなり、単一カラーで表示されるため、GPS地図として違和感がなく、見やすくなりました。

下に変更前後の例を示します。

  直島周辺
12060401_2  12073101










                           

           更新前     ==>    更新後

  寒風山
12060403 12073102












          更新前     ==>    更新後

私は、GPS MAP62sで地図を以下のように運用しています。

フリー地図  → GPSメインメモリ(¥garaminフォルダ)
UUD地図   → Micro SDカード
2.5万地図   → ¥garamin¥mapフォルダに適宜保存

UUD地図を買ってしまったので、通常はUUD地図を表示させていますが、フリー地図もバックアップとしていつでも表示できるようにしています。2.5万地図はトレッキングの場合に目的地付近を入れて表示させています。

フリー地図の容量が1GB近くありますが、MAPシリーズや新eTrexシリーズでは内蔵メモリ(1.6GB)にコピーして使えます。ただし、eTrex10は廉価版のためメモリも少なくSDカード非対応のためコピー不可です。Oregonは内蔵メモリが850MBなのでSDカードにコピーすることになります。

iiyonetでeTrexの価格を比較すると、

eTrex      10        20       30
英語版   16,800  22,050  27,300
日本語版 19,800  39,800  59,800

となっていて、英語版が5,250円刻みで高くなるのに、日本語版になると20,000円刻みで高くなるって納得いきませんよね。eTrex30の英語版の価格はまあリーズナブルと思いますけど。

やはり、お勧めは高度計と電子コンパス内蔵のeTrex30英語版にフリー地図を入れたものですね。MAP62sはモニタが少し大きめなのとボタン操作がし易い点でしょうか。Oregonは画面は大きいですがタッチパネルをどう見るかですね。

GPSを買う予定はないのですが、ついつい熱く語ってしまいました・・・。   

| | コメント (0)

2012年7月25日 (水)

バックデッキ<ロング>ロール

12072501今回は島キャンプでした。

ハバハバを登場させようと思ったので
すが、連日の猛暑で寝苦しさが予想さ
れたので、やむなくシェラデザイン・
ベーパーライトのフルメッシュにしま
した。

ただ、フライをすると風通しが落ちま
す。かと言ってフライ無しでは突然の
雨に対応できません。

そんな訳で、フライをたくし上げてセットする方法にしました。

結局、寝る前に雨が降って来て、フライを下ろすことになってしまったのですが、テントとの隙間をできるだけ広く取るようにしたため、そこそこ風が通って快適でした。

12072502 今回も引き続きフロント系ロールの練
習をやりました(最近ハンドが上がるか
不安を感じてるんですが)。

で、フロートを使うと何とか上がるの
ですがフロート無しだと駄目です。ど
うしてもパドルを押し下げる力が先行
し、下半身の力が生かせていないので
す。「分かっちゃいるけど止められな
い」んです(古い)。

行き詰まった感じでいたところ、ロングロールでバックデッキ始動+下向きロールをやれば、一連の動きが理解で来るかもとの鈴木さんのアドバイスで、やってみたのが下の動画です。

数回やってみただけなので、セットがうまくいかず下向きロールで失敗してますが、何となく動きに対する光明が見えた感じがしました。

これがうまくできれば、パドルを少しずつ短く持って練習し、「バックデッキロール遂に完成」は甘いだろうなあ・・・。


| | コメント (0)

2012年7月24日 (火)

ESWL治療後1年経って

昨年の5月に腎臓結石の治療(ESWL)を始めて7月で終了しました。

7月の時点で石は無くなったということになり、半年ごとに経過観察となりました。再発率は50%の高確率です。

今年の1月に見てもらったところ、3mm大の石が1個あるが特に問題ないでしょうとのことでした。

私も、腎臓の構造上、破壊した石がすべて出たとは思えないので、しょうがないかなと思っていました。

石をこれ以上大きくしないように、水分を十分取り、シュウ酸を多く含むもの(ほうれん草、緑茶、紅茶、コーヒー等)は極力控えていました。

1207xray で、今回が術後1年目の検査となった
のです。

画像がその結果ですが、残念ながら
赤丸の所に3mmと4mmの石が2個見
つかりました。

2個に増えたのかという疑問に対して
は、石は結構移動するので前は見にく
い位置にあったかも知れないとの回答
でした。

また、前回のデータからみると大きくなっているとの厳しい指摘もありました。

残念な結果だったのですが、まあ、この大きさなら自然に出てくるかも知れないので、痛みなく出てくれることを切に期待します。

気にしないつもりでいるのですが、トイレに行くと・・・。

ー追記ー

その後の経過をリンクしました。

| | コメント (0)

2012年7月18日 (水)

iMacの遺産

12071801液晶がらみがお亡くなりになったiMac
ですがそのまま処分するのも勿体ない
ので、パーツ取りしました。

オークションで売った方が儲かりそう
ですが、手続きが面倒でパスです。

結局、再利用できそうなのはこれだけ
です。

HDD 320GB
CD/DVD Drive
                                                               SO-DIMM(PC2-6400) 2GBx2

12071802 HDDはWindowsデスクトップに移植す
る予定ですが、CD/DVDドライブはど
こにでも転がっているので行き場が無
いと思っていたところ、古いMac用の外
付けFireWire CD/DVDドライブに使え
そうなことが判明しました。どちらも
スロットインタイプですから。

また、DVD-Rが恐らく2倍速という超
低速だったので、交換すれば大幅な性
能向上(8倍速?)が望めます。

FWドライブは一応現役でMac Miniに繋いでいます。なにしろ、Mac Miniには光学ドライブが付いていませんから。

12071803 FWドライブをバラしてみると予想どお
り同じ形状で無理なく付けられそうで
す。

ただし、iMac用ドライブの挿入口に特
殊なアダプタが付いていたので、取り
外してFWドライブの物を取り付けまし
た。

工作時間30分くらいか?

12071804 交換終了です。古いドライブは念のた
め保管(こうやって不燃ゴミが増えて
いくのです)。

Macに繋いで動作を確認するとCD/DVD
は問題なく再生されました。

DVD-RAMはサポート外で使えていたの
ですが、アクセスに異常に時間がかか
るようになったものの何とか読めます。
OSXがLionになったせいもあるかも知れません。

また、アクセスランプが点灯しなくなてしまいました。それに、時々カチャカチャ音がするこよもあります。

取りあえず使えるので、アップグレード成功と言うことにします。

12071805 ガランとなったiMacですが、まだCPU
とか取れる物がありますが、強化する
相手がないのでので、この辺でスクラ
ップ行きでしょう。

バラシなどせず、素直に使っていれば、
まだまだ現役だったんですけどね・・・。





| | コメント (0)

2012年7月11日 (水)

諦めきれずフロント系ロール

12071101前回、フロントシャフトの断念宣言を
出しましたが、シャフトロールの形で
パドル持つ代わりに、ロングロールの
形でパドルを持ってやった方がやりや
すいのではとの鈴木さんのアドバイス
で、トライしてみました(動画参照)。

パドルのシャフトが目の前にがあると、
自分の動くラインが分かり易くなりま
す。シャフトだとつい後ろに反り気味になってしまうのを防げます。浮力はモーメントは大きくなりますが、フロート1個なので余り変わらないかも。

スローで見てみると、やはりデッキと頭の間隔が広めなのですが、これが肉体的限界のような。あと、頭が船と一緒に上がっているのでもう少し水面で粘れればいいのですが。フロートなしは自信なし。

一応、次回はフロートなしで頭が後から上がってくるようにチャレンジしてみますが、駄目だったら、さすがに撤退宣言ですかね・・・。


| | コメント (3)

2012年7月 4日 (水)

フロントシャフトロール断念

12070401せっかくMSRのテントを買ったのです
が、土曜日は別件があったので日曜の
みのカヤックでした。気温も高くなっ
てきたので、メッシュの少ないMSRの
テントの出番がなくなるかも。

それでは空しいので、タープとしてフ
ライとポールだけ持って行く手もある
のですが、それだけのために荷物を増
やすのもぱっとしませんねぇ。

今回は久々のラサ3分割です。

12070402 で、島での練習ですがウェアの浮力も
あり、右ハンドは上がりました。

その後、特訓中のフロントシャフトを
始めたのですが、パドルフロートがあ
れば何とか上がるのですが、はずすと
駄目です。

鈴木さんに見てもらったのですが、動
きとしては悪くないものの上半身がデ
ッキから離れてすぎているのが問題と
指摘されました。

昔から体が硬く、立位体前屈がマイナスなので、相当の肉体改造を行わないと頭がデッキに近づくことはあり得ません。

そんな訳で、もうフロントシャフトは断念することにします。

なぜ、フロントシャフトに拘るかというとバックデッキロールに繋がるからです。バックデッキができると、岸沿いの浅いところで沈したときに、海底に頭を打たずに済むと思うからです。

そこで、今後はバックデッキ後半のバックスイープをブレイスに入れ替えた、インチキバックデッキロール(自称:バック的ロール)の完成度を上げることに専念したいと思います。

12070403 おまけの話題です。

塩谷丸山の時に、帰省デフォルトの秀
岳荘に行ってきました。今回はカヤッ
クとは関係ないので白石店ではなく本
店に行きました。

ハバハバテントの強風対策として追加
のロープ(3mmφ)が欲しかったのです。
合わせて、ロープにテンションをかけ
る通称「豚の鼻」もです。砂地用ペグ
も不足していたので合わせて購入。

豚の鼻はプラスチックのものだと強度と劣化が懸念されるのでで、MSRのアルミリング状のものにしてみました。

12070404 リングは、原理的には単に三ッ穴の豚
の鼻を丸めたものと考えられます。

メリットは何かと問われると、強度が
平板よりあるのかなあ、ロープがずれ
にくいかなあと言った感じです。

しまうとき嵩張るようにも見えますが、
ロープとひと塊になればそうでもない
ようです。

ペグは色がオレンジなので視認性がい
いのではないかと思っています。

あとは、実地確認ですが、ハバハバの出番が・・・。

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »