« 結石再び | トップページ | 豊島遠征(後編) »

2012年9月26日 (水)

豊島遠征(前編)

1209260a今回は豊島(てしま)まで漕いできまし
た。小潮ながらも時間的に往路は完全
な逆潮になるのですが、諸般の事情で
敢えて目的地を豊島に決定しました。
と言っても、豊島でのキャンプ経験は
無く、取りあえず神子ヶ浜と王子ヶ浜
の2ヶ所の海水浴場をターゲットにします。

コースは日比から出て、直島の南側を通り、豊島に向かいます。日の出の浜出艇でもいいのですが、まだ、ゴキジェットがいると不愉快なのでパスです。

12092601 天気も申し分なく、水温も高く最高の
条件です。天気予報では2日とも晴れ
だったのですが・・・。

巡視路が魅力の荒神島の脇を通って、
直島の南端を目指します。

そうそう、最近の朝夕の涼しさと言う
か肌寒さと言えば、ハバハバHPテント
が真価を発揮する
タイミングです。こ
れも楽しみの1つです。 

12092602 今回は直島沿いを通らずに直線コース
で南端を目指してみました。右端の島
が切れているところで、その右は柏島
です。

予想どおり潮にやられて速度が出ませ
ん。真面目に漕いで4km/h台で、油断
すると3km/h台に落ちてしまいます。
つまり、南端まで歩いて行くのと同じ
なんです。

島沿いを漕げばもっと楽だったかも知れませんが、その分、距離が延びるのでその辺どうなんでしょうかね?

12092603 1時間以上かかって南端に到着です。
柏島と南端の間は小潮の割に結構波が
たっていました。遊ぶ気力無し。

この辺は水面がトローンとしてますが
結構流れてるんですね。接水面積の関
係か、こっちの方が漕ぐ抵抗が大きい
感じがします。逆に波があると、その
上を乗っていける感じです。

いい加減くたびれたので、右の尾高島で早めの昼ご飯にします。

後ろに豊島が見えます。

12092604 昼食後、淡々と漕いで豊島沖にやって
来ました。速度はやはりずーっと4km
/h台でした。

画像の様に知らないうちに空は薄曇り
に変わっています。これは後々深い意
味が。

神ヶ浜海水浴場が見えますが、トイレ
があって便利そうなのですが、コテー
ジのようなものが林立しており、ジェ
ットで水上スキー?をやってる人もいて、場違い感があり、キャンプ地としては不適と判断して島の東(小豆島)側に向かいます。

島沿いで流れが反転していのるか、速度が6km/h以上出たところもありましたが、東側に出たとたんに失速。

12092605 島の東側は石切場があったようで、小
さな積み出し港があります。

これはいいポイントだと思ったのです
が、海面との段差が大きく、上陸は無
理です。

このころ、薄曇りにサングラスでいた
ため、時間の割に異常に暗く、日没の
恐怖と戦いつつ上陸地を探すことにな
りました。

とにかく、王子ヶ浜に向かいます。

12092606_2 ガーン! 王子ヶ浜海水浴場と思われ
るところに着いたのですが黒い妙な建
物が・・・。

単なる超ローカル海水浴場(トイレ無
し、草ボウボウ)で、キャンプには好
適地なのですが、あの掘っ立て小屋が
気にかかる。

良く見ると、綺麗な身なりの人が出入
りしていて、「これって何ですか?
(トイレが使えるといいなあ)」と聞いてみると、「心臓の音アーカイブ」なるベネッセの施設で、世界中の人々の心臓音を聴くことができるそうです。入場料、何と500円也。

「ふーん」と言う思いで浜を後にします。いいキャンプ地なんですが。ベネッセ恐るべし。

12092607_2 ちょっと戻ったところの浜に「まあい
いか」と上陸します。

これが、意外とキャンプ好適地。粗目
の砂地で水はけ良し、雑草もなく草刈
り不要。潮の干満の影響も無し。

「いいじゃん!」と思ったら、先住民
のテント跡がありました。流石ですね
ー。もし心当たりの方がいらっしゃっ
たら、一報お願いします。特に何も出
ないですけど。

12092608 結局、テントを立てたり着替えたりしているうちに夕食タイムとなってしまいました。本とか探索用の靴を持ってきたんですけどね。

20km以上漕いで疲れたのもあるのか、不覚にもビールでいい気分になってしまい、テントに入ったら猛
烈な眠気が。今寝てはいかんとラジオを聞いたりしていたのですが、遂に8時半頃寝てしまいました。

しかーし!何と!テントを打つ雨音で目が覚めました。天気予報で雨のことなど言ってなかったはずなのに。しかも、時計を見ると9時半。1時間しか経っていない。気象レーダーを見ると九州まで雨雲が続いている。

こりゃダメだと観念したものの、強くなる雨の中で夜は深々ではなく悶々と更けて行くのでした・・・。(続く)

|

« 結石再び | トップページ | 豊島遠征(後編) »

コメント

悲しい事に豊島方面は全く知らないワタシです。
次回 向かわれる際には是非お誘い下さいマセ!

投稿: 福山の針屋 | 2012年9月26日 (水) 23時12分

広島方面も行きたいんですよ。

針屋さんの連絡先が分からないので、メールアドレスを入れてコメント
お願いします。

投稿: tukara | 2012年9月27日 (木) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結石再び | トップページ | 豊島遠征(後編) »