« 豊島遠征(前編) | トップページ | ハバハバHPの防水性能 »

2012年9月27日 (木)

豊島遠征(後編)

12092609 前回の続きです。

その夜は雨が弱くなったり強くなった
りで止むことはありませんでした。

12時頃やっと寝る体勢になったのです
が、ハバハバHPは快適なものの、頭
の中では、

・外に干してずぶ濡れになったウェア
を着るのが辛いなあ
・テントの撤収とメンテが大変だなあ
・雨の中を漕ぐのが大変だなあ
・風が出てきたらテントの外のものが飛ばされないかなあ
・雨が止んでも強風になったら大変だなあ

などというネガティブなことを考えながらウトウトして朝を迎えたのでした。

しかし、雨音はしていません。テントの外に出てみるとどんよりしていますが雨雲は明らかに去って行きます。水を含んだ砂の色を前日と比較してみてください。天気予報は曇りのち晴れ。急に気分が明るくなりました。雨が再度パラついてテントの中で朝食をとったんですけどね。

12092610 テントもバッチリ乾かして、10時に潮
が転流するのに合わせて出発。

これで、潮に乗って楽できる予定だっ
たんです。

天気が良くければ気分も良く、体力も
回復したこともあって、7km/h台で進
みます。

正面は男木島です。

ただし、低気圧が過ぎたこともあって
やはり風があるんです。昨日はほぼ無風だったんですが。

12092611 東側を出て、直島方面(左が柏島)をダ
イレクトに目指します。

風がほぼ真正面から来る感じで、5m
/sec前後でしょうか。波も出てきます。
ラッシュガードだけで特に寒いという
ことはありません。

波も時々かぶりますが水温も高いです
し問題なし。

速度は7から6km/h台に落ちてしまい
ましたが昨日に比べれば快適です。

12092612 ところが柏島を通過するころには急減
速。また、4km/h台です。

何でー?と思ったのですが、逆流に入
ってしまったようです。

以前教わったのですが、海面に泡の帯
が出来ており、ここが流れの境目よう
です。

ここを乗り越えると少し速度が上がり
ました。豊島に行くときに通ったライ
ンに行けばさらにいいと思うのですが、バウを向けても押し戻される感じでなかなか入れないのです。結局、疲れて流れの境目あたりを進まざるを得ませんでした。

12092613 やっと、大槌島が大きくなり出艇地も
間近ですが、後半の疲れでまたも失速。
フウフウ言いながら出艇地に帰りまし
た。

天候でちょっとヒヤヒヤしましたが、
結果的に大満足な豊島遠征でした。手
にマメが出来たりして、これが私の限
界かも・・・。


1209260b_2 おまけの速度データです。

オレンジ矢印が往路、緑が復路です。
縦軸1目盛りが1km/hです。

往路の逆潮の核心に突入したところで3km/h台が続いています(1)。

豊島の南側では岸で逆流しているのか近づくにつれて速度が上がっています(2)。

豊島の帰りは風があるのものの、アベレージは高くなります(3)。柏島を過ぎた頃から、流れに乗れなく、風にも負けて速度が落ちています(4)。流れに乗ればもっとアベレージが上がったかも。でも海面が荒れてるので大変そう・・・。

|

« 豊島遠征(前編) | トップページ | ハバハバHPの防水性能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豊島遠征(前編) | トップページ | ハバハバHPの防水性能 »