« ドライスーツ(トップ)の値引購入 | トップページ | ハバハバHPの耐寒性能 »

2012年12月 5日 (水)

笠岡諸島、師走ツーリング

12120501先週末は始めて笠岡諸島に行ってきま
した。

神島から出艇して、高島と白石島の間
を抜けて白石島の東岸を通って北木島
の東岸でキャンプ。

翌日、北木島を1周して帰る予定でし
たが、気象条件が思わしくなく北木島
と白石島の間に逃げ込み、島の西側を
繋いで戻って来ました。

12120502 当日は午後の出発で、日も短くなった
のであたふたと荷物を積み込んで出発
です。何と忘れ物なしでした。

ここの出艇場所は波が出やすいとのこ
とでしたが、今回は全く問題がありま
せんでした。

実は、これには意味があったのです。
そして、これが苦行のプロローグであ
ったのです。

12120503 キャンプ地まで最短コースを取るべく
高島の西岸を通って進みます。

正面が白石島です。

気圧配置的には冬型で西風になりそう
だったのですが、逆に東風のようです。

だから、出艇地で波がなかったんです
ね。

12120504 高島と白石島の間を通ります。ここは
航路になっているようで、中型船が通
り過ぎていきました。

このあたりから、波が出てきて白石島
の東側に出ると、北東の風に乗った風
波が横方向からザブザブやって来て、
漕ぎにくく辛い。また、風のせいか舟
が回されるのでスターンラダー多用し
ながら進みました。多用というか常時
使用でペース上がらずです。

真面目に漕いだのでこの間の画像はありません。

12120505 じっと耐えながら漕いで、北木島、矢
倉の鼻に到達しました。

岩の間は波がバシャーンとなっていた
ので迂回です。

岩の先は塩飽諸島の手島あたりでしょ
うか。



12120506 やっとキャンプ地が見えてきました。

振られ疲れてペースが上がりません。

左側には廃工場のようなものも見え
ますが、日暮れも近く、探索の時間は
ないでしょう。

その前に、上陸地点が見えたとたんに
緊張感が融けてパワーダウン、なかな
か進まないんです。

12120507 上陸後の海の様子です。

遠くは笠岡の山です。北から北北東の
風です。

西風を避けて島の東側にしたのですが
裏目でした。

早速荷下ろししてテントを張ります。

風が寒いです。

12120508 上陸地の北東側に小山と林があったの
でその陰にテントを張りました。

ここは風が遮られて快適なテント場と
なりました。

ただし、当然気温は変わらず、朝方零
度近くまで下がったのですが、寒くて
眠れなかったメンバーは残念ながら居
ませんでした。期待していたのに。

それどころか、メッシュテントで乗り切ったのには感心しました。ハバハバHPの性能については別項で。

12120509 翌日になりましたが、風の状況では変
わっていません。前日の天気予報「は
ずれ」です。波も前日より高くなって
います。ガックリです。

北木島の南西側に逃げ込むか、このま
ま一気に北木島と白石島の間に逃げ込
むかの選択になったのですが、南西回
りはこの状況では距離があり過ぎるの
と海況が分からないので、後者で行く
ことになりました。

出てみると、風波でメンバーの頭が時々見えなくなる感じです。また、大きな波が来ると真横からデッキが洗われ、舟が不安定になります。うーん、行きは良い良い帰りは怖い。

いやらしいので、しばらく沖に向かって波に対し斜めに漕いで、戻ってくる漕ぎ方をしてみましたが、これが正しいのかは不明です。久々にかなり緊張した漕ぎでした。

当然、この間の画像はありません。GoProなら撮影可能だったでしょうがリモコンないしなあ。残念。

12120510 北木島と白石島の間です。白石島側に
寄って風と波を避けることができまし
た。こういう時は島があると有り難い
です。

遠くに見える島は大飛島でしょうか。
笠岡諸島の一部ですがそれなりに遠く
て訪問は今後の訪問課題ですね。


12120511 白石島を回り込んだところで、左手に
梶子島(無人島)が見えます。

ここは大飛島より近く、昼食の話もあ
ったですが、「えっ、行くんですかあ
?」と悲痛な面持ちで拒否させていた
だきました。もう、前半で体力使い果
たしてたので。

これも次回の課題です。

12120514_2

島巡りしているのに、島の様子に関す
る記述が全然無いので、一応書いてお
きます。

かつて石の切り出しが盛んであったこ
ともあって、採石場が沢山あります。
廃止になったところもあり、廃工場の
ようなものが興味をそそります。

今回は事情が許さないので、素通りし
ましたが、この辺の探索も今後の課題
でしょう。

12120512 頑張って白石島と高島の間を渡ります。

やはり東側から波と風が入ってきまし
たが島の東岸に比べれば問題なしです。

遠くの左は稲積島かなあ。右は高島の
西端で奥は明地島か?


12120513 高島の西海岸で昼食です。

やっぱり、この時期はあたたかい麺類
がベストです。あと、甘いもの。

でも 、それでも寒いです。漕いでる時
は手と頭の保温に気をつけていればい
いんですけど、休むととたんに寒くな
ります。日が照っていれば違うんです
けどね。

そして、追い打ちをかけるように雨がポツポツ降ってきました。

12120515 そうそう、今回導入したアサヒでない
スーパードライですが、悪くなかった
です。

ラテックスゴムは最初頸動脈を圧迫さ
れて倒れるかと思ったのですが、何と
か慣れました。生地のゴワゴワ感も問
題なしでした。

以前より防寒性も上がりましたが、頑
張って漕ぐと透湿性があっても汗がこ
もり、衣類が濡れました。

今回はラッシュガード+ユニクロフリースだったのですが、上から垂れてくるのか、胴回り特に腰周辺が濡れてました。もっとすぐれもののウェアがあるのでしょうか?

12120516 そんなこんなしているうちに、出艇地
が見えてきました。

この頃には雨も本降りになり、雨、風、
波、寒さのフルコースで今年の最終ツ
ーリングを締めくくることができまし
た。

多くの課題を残した笠島諸島ツーリン
グでしたが、その解決に向けて同行の
皆さん来年もよろしくお願いします。

あ、来週は練習の予定だ。寒・・・。

|

« ドライスーツ(トップ)の値引購入 | トップページ | ハバハバHPの耐寒性能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドライスーツ(トップ)の値引購入 | トップページ | ハバハバHPの耐寒性能 »