« シーズン最後のテレマークスキー | トップページ | 大槌島で秘密兵器 »

2013年5月15日 (水)

遅い初漕ぎ(直島1周)

10051501やっとブログタイトルに関する記事を
書けるようになりました。恥ずかしな
がら、今年の初漕ぎの話です。

今回は針屋さんと二人で直島諸島を回
ってきました。水上バイクの季節がま
だ始まっていない静かな日の出海岸を
出て、直島を反時計方向に回って、向
島で昼食、その後、京ノ上臈島でロー
ル練習して戻って来ました。

ロール練習は針屋さんのたっての希望
だったので、OKせざるを得ません。当
然ドライスーツも荷物に入れました。

10051502 週間予報では曇りだった天気も晴れに
変わり、実際暑くも寒くもなく、風も
弱く、最高の天気になりました。水温
は低いままですが。

日帰りなので荷物も多くはないのです
が、久々で忘れ物が心配でしたが特に
ありませんでした。

で、針屋さん推奨のGPS固定方を試し
てみました。サンダルの片方をデッキ
に固定し、そこにGPSをはめ込みます。なかなか見やすく、コストゼロがいいですね。ただし、大波を被るとはずれそうなので、流失防止対策が必要です。

10051503 今日は中潮なので、潮流による波も小
さく、また流れの向きもコースに合っ
ていたので、シーズンインにふさわし
く余裕を持って漕げました(油断して
少し流されましたが)。

直島のベネッセ施設に冷ややかな視線
を送りつつ南端を回り、向島に向かっ
たところで井島が見えます。緑の向島
と比べると山火事跡がひどいままの井
島ですがわずかに緑も残っていました。
そのうち、全島縦断トレイル=鉄塔巡視路を歩いて状況を見てみたいと思います。

10051504 向島で昼食をとりました。日なたは暑
い位なのでコンビニで買ってきた冷や
麦がちょうどいい感じでした。

向島の四国側はウミウのコロニーにな
っていて糞で木がかなり枯れていまし
た。以前はそんなことは無かったので
どこからか追われてきたのかも?

そんなこともあって、反対側の浜に上
陸したのですが、ここには多数のアカ
クラゲ
が漂着していていました。夏になるまではこれに悩まされるんですよ。

10051505 途中で流されながら京の上臈島に到着
し、ドライに着替えて練習開始です。

着込んでいるせいもあって、動きがイ
マイチスムーズじゃありませんが、一
通りこなしました。ただ、左肩の調子
が良くないので左側は当面お休みです。

フロントシャフトは相変わらず上がら
ないのですが、針屋さんに見て貰って
腰の向きがああでもないこうでもないとやっていました。左手をフリーにして右手でシャフトを保持してやってみると何となくいい動きになったので単独練習を開始しました。

ドボンと行ってセットしようと海面を見上げると、目の前にアカクラゲが2匹(桶)もプカプカ漂っているではないですが。もうセットなんていっている暇も無く、パニックロールで起き上がりました。何とかクラゲの毒針にはやれずに済みましたが、無理な体勢でロールしたので股関節痛が。

すっかり意気消沈して練習を続ける気力を失い、針屋さんもバテてきたということで練習終了にして、日の出の浜に戻りました。天気に恵まれ、最高の初漕ぎでした。キャンプもやりたいですねー。天気が良ければ・・・。

|

« シーズン最後のテレマークスキー | トップページ | 大槌島で秘密兵器 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シーズン最後のテレマークスキー | トップページ | 大槌島で秘密兵器 »