« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月26日 (水)

鉄塔巡視路を行く(井島)

130626012年前に山火事のあった井島にある鉄塔巡視路を最後まで歩いてきました。

歩きがあるので漕ぐ距離を抑えるため、井島に近い日の出の浜から出艇しました。

この頃から不快な水上バイクが湧いて来るので、日の出は敬遠したかったのですが、やむを得ません。

で、予想通り居た訳ですが、まだ時期が早いせいか迷惑度は50%位でした。真夏になるとこれが200%位にパワーアップするので夏場は寄りつかない方が無難です。

ちなみに、水上バイクが全部迷惑と言っている訳ではありませんので悪しからず。海上保安庁も使ってますし。何でもそうですが、要は使い方です。

13062602 さて、井島全景が見えるところまでやってきました。相変わらず黒い島影です。

今回は、鞍掛の鼻灯台から井島の集落まで南から北に(画像では右から左)に縦断している巡視路を歩くことになります。

前回は、途中の変電所から上がって全行程を半分くらい行ったところで引き返して来ました。

13062603 井島に近づきます。

尾根上に鉄塔がポツポツ見えています。あの脇をトボトボ歩くことになります。

天候は曇りで、気分的にはイマイチですが歩く分には都合が良いです。ただ、雨がパラついているので、これが酷くならないことを祈ります。

13062604 最大の難所と思われる、大崩壊の部分です。ここは以前も行っていません。と言うか変電所から尾根に上がっても、大崩壊に向かう道は存在しませんでした。それから先は明確な道があって、山火事の後もしっかりと残っていました。

海からジグザグ状の道跡も見え、石を切り出して運び出していたものと思われます。ここが閉鎖になって、その後大崩壊が起きたのではないでしょうか。

13062605 鞍掛の鼻灯台の西側の浜に上陸します。これからは潮が引く一方ですが、念のため波打ち際の一番上までカヤックを上げておきます。

雨は、ほぼ上がったようです。

遠くの山はこれから歩く尾根の一部に
なっています。覚悟していましたが、
道らしきものは見えません。

13062606 さて、トレッキングシューズにに履き
替えます。何か、トレールランの走者
みたいな雰囲気になりました。形だけ。

実は、ここで失敗をしています。先を
急ぐ余り、カヤックで濡れた足を十分
乾かさないで靴を履いて歩き始めたた
め、途中で足の指にマメができて往生
しました。

普通のトレッキングではこんなことに
はならないので、濡れのためだと思います。

13062607 で、入口を探してみたんですが、見つ
かりません。巡視路の標識があるので
この辺にあるのは間違いないのです。
幸先の悪いスタートです。

結局、使われなくなって久しいのか、
草に覆われてしまったようです。やむ
なく草の無いところ(焼け跡)を強引に
よじ登りました。草藪には大量のイバ
ラが混じっていましたし。日なたの藪
って何故かイバラが多いんです。

13062608 何とか登りきり、尾根に到着しました。
正面が先程見えた山です。

尾根に行けばそれなりに道があるだろ
うと思ったんですが、最初だけでした。

尾根には焼けた木の密集ゾーンと岩ゾ
ーンが待ち受けています。焼けた木と
言っても、表面だけ焼けたものが多く
そのまま挑んでも、跳ね返されてしま
います。

少しでも隙間のある方を進むため、なかなかペースが上がりません。でも、誰かが歩いているようで、足が滑った跡がありました。

13062609 悪戦苦闘の末崩壊地点に到着しました。
高所恐怖症の私としてはかなりビビっ
てしまう光景です。崩壊尾根の部分が
一番歩きやすそうですがこれは超危険
ゾーンです。

当然のことながら、尾根を反対側に少
し下りて進むわけですが、焼けた木が
密集していて大変でした。それに、木
を掴むと手が炭で真っ黒。軍手を持っ
てくるべきでした。

13062610 やっと、崩壊部分を越えました。

中央にかすかに見える土尾根が、変電
所から登って来たときにぶつかる尾根
です。

あそこからは勝手知ったる巡視路なの
で力を振り絞って木の密集地帯を進み
ます。

曇っては居ますが風が無く、湿度も高
めで大汗です。カヤックウェアで正解
です。

13062611 前回歩いた部分は省略します。

新たな道を登りますが、雨水でクレバ
ス状になっていました。

植生の状態ですが、松の焼け残ったと
ころでは新しい松が生え始めていまし
た。

しかし、焼け野原になった所では地面
は炭で黒いままで、羊歯などの草が生
え始めていました。ここが昔のような林になるためには、一旦草原を経由することになるのでしょうか?

13062612 島の東を見渡します。まだ先は長いで
す。アップダウンを繰り返す上、滑り
やすいところもあって、結構疲れます。

見かける動物は上空を飛ぶ鳥だけです。
虫も居ないと思ったのですが、蝶がた
まに飛んでました。下から上がってき
たんでしょうか。

また、最近、巡視路を点検したようで
道にかかる草や木を切った新しい跡がありました。歩くタイミングとしては正解だったようです。

13062613 淡々と歩いて島の対岸にある出崎半島
が見えるようになって来ました。

焼け跡の巡視路もそろそろ終わりに近
づきました。山肌に斜めに下る道が見
えますが、そこを回り込むとおおらく
井島の集落が見えるでしょう。

実は見にくいですが、もう一つ奥の尾
根にも鉄塔とその巡視路らしき道があ
るのですが、どうも行き止まりのよう
な感じがします。今後の課題です。

13062614 山肌の道を回り込むと、緑が広がるよ
うになって来ましたが、集落はまだ見
えません。火事はこの辺で止まったよ
うです。

また、沢状になっていて小川が流れて
います。この島の水源になっているよ
うで、小さなため池もありました。

いきなり、虫も増えて手を蚊にやられ
てしまいました。

13062615 意外に長かった小川沿いの道も終わっ
て井島の集落を見下ろす地点に到達し
ました。手前にあるのは、水をためて
おく升のようなものです。

結構、疲れました。後で調べてみると
距離は3.5km位で1時間半位かかって
います。山だと帰りは下り主体で楽に
なるのですが、ここは登って下りるの
で変わりません。最後に藪も控えてい
るし・・・。

13062616 港に出てきました。

正面は筏島でその先に出崎半島が見え
ます。今日は大潮なので流が強いはず
なんですが、このあたりはそうでもな
いようです。

完走した満足感を味わいつつ、コンビ
ニ弁当で昼食をとります。

以前、NHKで島の学校が閉校になった
時のドキュメント番組やってましたが実際人影は殆どありませんでした。

13062617 マメが傷む足をかばいながら帰ります。

恐怖の崩壊地点をかわし(試しに下を
覗いたら背中がゾクゾクしました)、
藪をぬけると、浜にカヤックが見えて
来ました。分かりますか?

潮もずいぶん引きました。でも、干潮
まであと2時間くらいあります。

帰りは迎潮なので進まないかと覚悟し
たのですが、GPS読みで5〜6km/h出ていたので、大潮でも昼間の小粒なものだったようです。

13062618 おまけです。

藪漕ぎ苦戦の後で、帽子やタオル、手
が黒く汚れました。スス汚れは厄介な
んですよ。

この巡視路、雨風や日差しを遮るもの
がなく、結果的にこの時期歩いて正解
だったように思います。

さて、来年も歩いてみますか・・・。

| | コメント (0)

2013年6月19日 (水)

快速巡航(男木島)

13061601今回は針屋さんと男木島に行ってきま
した。当日は朝から雨でモチベーショ
ンが下がりましたが、何とか雨も上が
って、スタートしました。

潮汐のタイミングが良く、行きも帰り
も追い潮で行けました。豊島に行った
時は逆潮で往生したので、今回はその反対で楽ができそうです。

男木島に行く場合、本船航路横断があるのでこれが一番難しいところです。横断タイミングについてはCSC時代にツアーで経験させて貰ったことを思い起こしました。

13061602 雨上がりでどんよりした雰囲気の中、
日比から出艇します。

気温はすっかり夏モードなので、衣類
やシュラフの分量が減って、荷物スペ
ースに余裕が出てきたのが嬉しいです。
積み込み中若干ムシムシしましたが海
の上は涼しく快適でした。

まだ若干ガスって遠くの陸地がかすん
でいますが、視界不良で航行中の船が見えないということはありません。

13061603 快調に漕ぎ進んで、宇野〜高松のフェ
リーが良く通る直島近くの灯台にやっ
てきました。

今日は小潮なので、潮流による波のは
余り見当たらないのですが、この辺は
浅いせいか海面が少し乱れていました。
ここまでは普通に漕いで8km/h平均で
快調でした。

ここから、柏島の四国側を目指して漕ぎ始めたんですが、これがまた快調で10km/h平均で進むんです。ただ、柏島の四国側はエディになっているようで一気に5〜6km/hくらいに落ちました。もっと沖に出たかったんですが、航路とバッティングしそうです。

13061604 土曜日のこの時間帯がいつもそうなの
か分かりませんが、どちら側からも船
が全然来ないため最短コースで男木島
を目指しました。

ここでも8km/h前後で快調に進み無事
航路横断して男木島に近づきました。
今回は男木島灯台キャンプ場に泊まる
予定で、灯台が右端の方にかすかに見
えます。この辺は潮流が速いとのこと
ですが、今回は問題ありませんでした
が大潮の時はかなり厳しそうな雰囲気です。

13061605 男木島灯台キャンプ場は灯台のすく側
にある小さな芝生地です。トイレ等非
常に整備された場所でした。天気や季
節柄、誰も居ませんでしたが。

奥の青/緑の光が灯台のものです。ま
さに「灯台もと暗し」で、眩しくも無
く快適だったのですが、この時間にな
って船が良く通るのようになり、結構
うるさい感はありました。

テントはシェラデザインのベーパー2のフルメッシュにし、それ自体は快適だったのですが、テントの張り方を風向きに合わせたら地面が傾斜していて、夜中に何度も目が覚めるという失敗がありました。

13061606 翌日も曇りでしたが、どんどん雲が取
れて暑くなりました。

針屋さんから「設備が良すぎて、野趣
にちょっと欠ける」との発言が出たの
で、今後、キャンプ場の場合は場外の
原野でキャンプしていただきたいと思
います。

ただ、問題点が1つあります。アブが
多いんです。私も油断して足をタイツ
の上から2箇所噛まれました。アブにやられると後が面倒なのでムヒアルファEXをしっかり塗りました。今のところ許容範囲の腫れに治まっています。

13061607 気温が上がったので、練習開始です。
針屋さんはその前からずっとやってま
したが。私は寝不足で・・・。

ドボンと行こうと思ったのですが、う
ひゃー、大量のアカクラゲの皆さん
がいらっしゃるじゃないですか!もう、
場所を選び選びやるしかありません。

ハンドロール失敗→沈脱→アカクラゲ
の餌食、が怖かったので、フロントシ
ャフトの練習を中心に行いました。何度か横上がりですが上がりました。感覚的には針屋さんのアドバイスの延長線上から「黒板に字を書きながら電話をする」フォームが良いような気がしました。意味不明と思いますが、今後もうまくいったら解説します。

13061608 さて、日比に帰るんですが、昨日とは
違って船の往来が激しく、ダイレクト
コースはリスキーなので、灯台沖のブ
イまで一旦進み様子を見て本州側に進
むことにしました。中央分離帯のある
横断歩道を2回に分けて渡る感じです。

ブイまでは問題なく進め、ブイで1回
船待ちをして渡ることができました。
ブイの先は豊島です。

これが一番無難なルートなんですが日比からだと遠回りする感じがあります。ただ、GPSの計測では1km位しか違わないんで、こちらのルートがお勧めです。

13061609 渡り終わった後は、柏島と直島の間を
本船航路に沿って目指します。本船航
路から本州方面に折れてくる船もある
ので気をつけながら進みます。ここで
も8km/h位コンスタントに出てました。

今回は柏島で昼食にしたのですが、直
島側は釣り堀になっていて上陸不可。
西端に小さな浜を見つけて上陸したん
ですが、ここは落石の可能性があり避
けた方がいいです。岩がボロボロで、
食事中に小石が落ちてくることもありました。

ここから日比までも快調に進むと思いきや、真面目に漕いでも6〜7km/hしか出ません。来たときのルートから左右にずらしてみましたが変わりありません。恐らく、直島や柏島が流れを遮っているためで、もっと沖に出ないと追い潮の恩恵に授からないようです。ただ、航路と絡むのでこの区間は我慢ですね。その後、無事日比に帰着しました。今回は潮に楽させて貰いましたが、世の中そううまいことは続かないと自戒しておきます・・・。

| | コメント (0)

2013年6月12日 (水)

iMacの外付けHDD容量アップ

13061201最近、週末出張が多くてカヤックに乗
れてません。その中で、iMacの外付け
HDDの容量アップをやって「はまり」
ました。

私のiMacは120GBのSSDと1TBHDD
内蔵のFusionDriveなのですが、デー
タ用やTimeMachine用に外付けHDD
を使っています。機種は、I-O DATA
のHDCN-UEで、もうずいぶん前の機
種ですが特徴としてFireWire800とUS
B2.0で接続ができます。FireWire800
もThunderboltが出て風前の灯火ですがThunderbolt→FireWire800コネクタを使って現役で活躍しています。ACアダプタ内蔵でコンセント回りもスッキリするところも気に入ってます。

13061202 現在その外付けを2台を使っていて、
片方は500GBから2TBにHDDを交換して
います。今回もう1台のHDDを1TB→3TB
にアップグレードすることにしました。

HDDの交換は経験済みなので、3TBの
HDDを買ってサクッと交換してiMacに
繋いでみると何と801.57MBしか認識し
ません。で、ネットで調べてみると、
HDDの問題では無くインターフェース
が古いためらしいことが判明しました。

13061203 さて、どうするかですが、テレビ視聴
&カシミール用に使っているWindows7
PCに設置して、新たにiMac用の外付け
HDDを買い直そうとも思ったんですが、
WinPCを3TBにする必然性も無く、コス
トも嵩むのでUSB3.0のHDDケースを買
ってiMacに繋ぐことにしました。

コストミニマムということで、玄人志
向のケース(2470円也)にしました。本
当は白色が欲しかったんですけどね。

13061204 で、3TBHDDを入れて繋いでみましたが
問題なく3TBを認識して使うことがで
きました。

ついでに、Xbenchiで転送速度を計測
してみました。

HDDの特性や容量の状態で同じ条件で
はないと思いますが、取りあえず、
Thunderbolt経由FireWire800接続とU
SB3.0接続の比較です。





<FireWire800 外付けHDD>

Drive Type        I-O DATA HDCN-UE
Disk Test    57.07   
Sequential    93.87   
Uncached Write    147.35    90.47 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write    88.64    50.15 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read    55.86    16.35 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read    150.56    75.67 MB/sec [256K blocks]
Random    40.99   
Uncached Write    13.17    1.39 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write    177.78    56.91 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read    101.86    0.72 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read    161.73    30.01 MB/sec [256K blocks]

<USB3.0 外付けHDD>

Drive Type        WDC WD30 EZRX-00DC0B0
Disk Test    65.93   
Sequential    57.28   
Uncached Write    19.94    12.24 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write    235.71    133.37 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read    81.87    23.96 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read    309.50    155.55 MB/sec [256K blocks]
Random    77.66   
Uncached Write    27.36    2.90 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write    395.86    126.73 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read    125.93    0.89 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read    222.29    41.25 MB/sec [256K blocks]

となりました。総合スコアが57.07 vs 65.93とあまり差が出ていません。スコアを良く見るとUSB3.0のSequential Uncached Write 4K blocksが異常に遅く、これが足を引っ張っています。原因は良くわかりませんが、これを除けばUSB3.0で1.5〜2倍くらい速くなるということでしょうか。この程度の差なら大容量コピーを行わない限りFireWire800もまだ現役で使えそうです・・・。

| | コメント (0)

2013年6月 5日 (水)

カヤックと五十肩

130605012去年の4月頃から左肩に痛みを感じる
ようになりました。最初は久しぶりに
カヤックを漕いだためかと思っていま
した。

ところが、痛みが引くことはなく少し
ずつ悪化していきました。ところがカ
ヤックを漕ぐ分には全く問題ないんで
漕いでました。ただ、左側のロール練
習をすると痛みが出るときがあるので
控えていました。

で、分かってきたのが、肩をオレンジ線の方向に開くと痛いんです。特に画像の様に腕を曲げた状態で開くと最悪です。夏頃には車をバックさせる時に振り向いて左腕を助手席のシートバックに乗せると激痛が走りました。そして、日常生活にもいろいろな影響が出てきます。まず、服を着るために袖に腕を通すのが苦痛になります。そして、寝返りにも制限が出てきます。辛い。

半年後の11月頃が痛みのピークで、肩を開くようにぶつけたりすると痛みでその場から動けない状態でした。カヤックではドライスーツ着用が涙もの。パドルを使うのは問題無いのがホント不思議です。

そして、1年経ったのですが、8割くらい回復しました。服の脱ぎ着ではまだ少し痛みがあります。腕を真上に上げるのもちょっと辛いです。車のバックは問題なし。

肩は結構使っているので、五十肩なんてと思っていたんですが、なるときはなるんですね。対処法は無理のない範囲で動かしていると(入浴時が楽)、時間が解決してくれるとしか言えませんね。ただ、完治までにはあと半年〜1年位かかりそうです。

カヤックを漕いでいて悪化するということは無かったので、私と同じ症状が出た人は気にせず漕ぎましょう。明日は我が身かも・・・。

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »