« 本栖湖で避暑 | トップページ | シャフトロール、動画で反省 »

2013年7月24日 (水)

2度目の笠岡諸島(真鍋島)

13072401去年の11月に寒さと横波で苦しめられ
た笠岡諸島でしたが、今回は正反対の
気候でもあり距離を伸ばして真鍋島に
行くことになりました。

距離的には、白石島と北木島の西側に
沿っていくのがベスト。しかし、今回
は中潮〜大潮なので、出艇地〜白石島
間、白石島〜北木島間、北木島〜真鍋
島間でどれくらい流されるか気にかか
るところです。


13072402 11月とは違って何組かデイキャンプを
している人がいました。それでも静か
な浜でキャンプ道具を積み込んでいる
と、水上バイクを積んだ車が浜まで下
りてきました。土曜日に居ると言うこ
とは帰ってくる日曜はどういうことに
なっているか嫌な予感がしますが見な
かったことにしましょう。

積み込み時は汗だらだらでしたが、海
の上は風もあって快適でした。左は白
石島です。バウの先は梶子島、真ん中に霞んでいるのが小飛島だと思います。いずれにせよ見えない真鍋島はまだ先です。

13072403 白石島と北木島の間の沖合です。いま
まで波が若干ざわついてましたが大き
く流されることはありませんでした。
さらに、念のため岸ベタで進んだので
すが、5〜6km/hで漕げたので上げ潮
(東→西)の場合、岸ベタで問題ないよ
うです。

霞んでいた小飛島と大飛島がよく見え
るようになりました。いずれこの島に
も行ってみたと思います。

13072404 淡々と漕いで、北木島〜真鍋島間に入
りました。画像は北木島を振り返って
います。

この部分も、強い流れはありません。
中潮でも潮位差は結構あるのですが。

また、ここは船の往来が殆どなく安心
して漕げます。出艇地〜白石島間では
狭い割に大型船が通過するので要注意
です。

13072405_2 翌朝のキャンプ地です。想定していた
とおり良いところでした。ただ、大潮
の満潮で海が荒れた場合は、草地に逃
げ込む(草刈り必要)ことになりそうで
す。また、東側が山なので朝日が当た
らず、日の出とともにやってくるテン
ト内温室効果が防げます。問題は藪蚊
が多く、対策を怠ってかなりの箇所を
やられてしまいました。夜はそれ程暑
くなく、朝方に肌寒くなり開けていた
フライの入口を閉めました。

さらに、ここには遊歩道があって集落に行けるようです。と言っても殆ど利用されていないようでした。

13072406 翌日は午前中に練習をして、昼過ぎに
帰りました。練習については、動画も
撮ったんで、その内反省文を書きます。

帰りは下げ潮(西→東)なので、島々の
東側を岸ベタがいいと思うのですが、
距離が遠くなるので、同じ西側を帰り
ました。流されても良いように、少し
島の沖を行ったのですが、行きと同じ
で大きく流されることはありませんで
した。後から潮流予測のHPで確認してみると、笠岡諸島は潮流の影響がそれ程大きくない場所のようです。

潮流より日差しが問題でした。追い風でしめしめと思ったのですが、逆に無風状態で体が冷えない。海水を体や頭にかけながら休み休み帰りました。500mlペットボトル2本もほぼ空に。

そして、出艇地点に近づくにつれてちらちら見えていた水上バイク、上陸してびっくり、20台位あります。夏場は水上バイクのパラダイスだった模様。まあ、浜が広いのと、競技志向も居たりして密集している日の出の浜ほど不愉快ではなかったですけど。

真鍋島まで行くことができたので、次回はさらに六島? でも、キャンプ地がなさそうなので小飛島が無難かも・・・。

|

« 本栖湖で避暑 | トップページ | シャフトロール、動画で反省 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本栖湖で避暑 | トップページ | シャフトロール、動画で反省 »