« GPS MAP76CSxは老朽化してませんでした | トップページ | ベタベタテント復活計画 »

2014年6月18日 (水)

四国本土初上陸(女木島経由)

14061801今週末は女木島に行ってきました。行
きは日比から直島をかすめ、男木島と
女木島の間を通ってキャンプ地に。

翌日はそのまま帰らないで、香川沖を
通って五色台方面に進み四国本土初上
陸を果たしました。岡山から香川県の
島に行くのはいつものことですが、四
国本土というのはありそうで無かった
んです。

そこから小槌島、大槌島の脇を通って日比に戻って来たのですが、大槌からは疲れがどっと出て思い切り流されながら日比に戻りました。

14061802 今年は梅雨入りと行っても、週末は天
気が良いです。今回もスッキリ晴れて
てちょっと暑いですが風があります。

日比から柏島をかすめる方向に進むと
宇野/田井港に出入りするための灯台
が現れます。

今日は大潮でまだまだ引くのですが、
既に岩礁が現れて居ます。

下げ潮に乗って女木島まで楽をする計画どおり若干の向かい風でも8〜9km/h位で快調に進みました。

14061803 柏島の南側を通ってから本船航路を横
断して男木島と女木島の間(加茂ヶ瀬
戸)を目指します。左が男木、右が女
木です。

柏島の南側は下げなのに向かい潮で速度が4〜5km/hの落ちてしまいます。去年男木島に行った時もそうでした。

女木ならちょっと遠回りになりますが
男木に行くなら、柏島の北側が下げ方
向にザーザー流れているので楽と思われます。

14061804 本船航路を無事越えて、女木島寄りを
目指しました。下げ潮に流されて丁度
加茂ヶ瀬戸に入ると考えたためです。

しかし、思いの外、流されずに女木島
の方に進んでいきます。そして、何故
か速度がどんどん落ちていきます。

当然、下げなので加茂ヶ瀬戸にに吸い
込まれていくと思ったら全く逆なんで
す。頑張って漕いでも4km/hまで落ち
込み、潮流による波も出てきてフーフー言いながら進みます。

男木島寄りを進んだ針屋さんは何の問題無かったというので男木島と女木島に当たった流れが大きく回っているのではないでしょうか(地図参照)。

14061805 強烈なアルバイトを経て、女木島の東
側に出ました。岸寄りをまったり進み
ます。この頃には潮の影響もほとんど
無くなりました。

ここまで来ると高松の町も大きく見え
るようになりますが、霞がかかってい
てクリアではありません。

ここから四国本土はすぐなのですが、
今まで何故か先に行ったことがなかっ
たんです。

14061806 翌日のキャンプ地の朝です。今回はテ
ントのインナーをメッシュに変え、シ
ュラフも夏用ダウンにしました。

メッシュにすると、フライ部分まで換
気スペースが広がるので、非常に快適
でした(シュラフはかけシュラフ状態)

ところが、夜中にふと目が覚めて、風
が強くなっていることに気がついてし
まったのです。

木がザワザワしてテントも時々バタついたりしています。このまま強くなったら帰りが厄介だなあと思い始めたら眠気が覚めてしまい、なかなか寝付けません。例によってウトウトしているうちに朝を迎えました。風は収まっているようでしたが。

14061807 今日も晴天です。相変わらず霞がかか
っています。女木島の香川側を回ると
風が出てきました。島に遮られていた
だけで強くはないものの収まっていま
せん。

ただし、帰りも追い潮なので向かい風
ながら7km/hを維持することができま
した。ただし、潮と風が喧嘩している
感じで波があり、波しぶきを浴びなが
ら進みます。

霞で全然見えなかった、大槌・小槌島がやっと見えるようになりました。

14061808 五色台の麓の浜に上陸です。やっと四
国本土上陸を果たしました。

波を被りながら漕いでいたので、ハッ
チ内の浸水状況の確認です。やはり浸
水があったので要対応。

ただ、本日の行程はこれで終わりでは
なくて、日比に戻る必要があります。

遠くに見える大槌の手前の今日もそれ
なりに船が通っている本船航路を横断するのと、横風による漕ぎにくさを考えると、四国本土上陸の余韻に浸っている余裕はありません。

14061809 やっと本船航路を越えました。横風に
回されないよう、また、船に迷惑かけ
ないよう頑張って漕いだので、もう本
気で漕ぐ気が出ません。

まあ、大槌島まで来たので安心は安心
です。

このあとは抜け殻のようにダラダラ漕
いでダラダラ流されながら日比に到着
しました。

天気の良い週末が続いているんですが、今週末の予報に遂に傘マークが・・・。 

|

« GPS MAP76CSxは老朽化してませんでした | トップページ | ベタベタテント復活計画 »

コメント

>男木島寄りを進んだ針屋さんは
>何の問題無かったというので
>男木島と女木島に当たった流れが
>大きく回っているのではないでしょうか

違います、前田のクラッカーのお陰です。

投稿: 針屋 | 2014年6月19日 (木) 06時50分

針屋さん

クラッカーなんか喉通りませんよ。あの状態では。

投稿: tukara | 2014年6月24日 (火) 07時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GPS MAP76CSxは老朽化してませんでした | トップページ | ベタベタテント復活計画 »