« 四国本土初上陸(女木島経由) | トップページ | ダニ! !>>>ヒル >ブヨ >虻 >蚊 »

2014年6月25日 (水)

ベタベタテント復活計画

14062501週末は土曜の午後から日曜の午前まで雨の天気予報で、カヤックキャンプには最悪の条件だったのでカヤックは中止にしました。結果的には土曜日帰ならOKだったのですが、まあ結果論ですので。

で、今回はテント補修の話です。

フライがベタベタになってお蔵入りした、例のテント(REI Sirque ASL2)ですが、未だに部屋の片隅に置いてあります。結構使い易かったんです。ポールや布の部分はしっかりしており廃棄は勿体無いなあと言う気分でいつもちらっと眺める日々が続いていました。

1月のある日、復活させてみようという気になって、重い腰を上げることにしました。

14062802 相当久しぶりに袋から出してみると、スモークサーモンと言うか、いぶりがっこと言うか強烈な燻製の臭いが。臭いのルーツは不明です。フライの色もいい感じに燻製色になっています。気温が低かったのでベタベタが解消したかと期待したのですが、そんなことは無くベッタベタ。

そこで、ベタベタ面にベビーパウダーを塗布したところ粘りは一応解消しました。ベビーパウダーのタルクに発がん性という話もあるようですが、最近の物は問題無いようです。

14062803 腰を上げたものの後が続かず何ヶ月か放置していました。これではイカンと中を確認してみると、またベッタベタで臭いもさらに悪化して不快臭に。

そこで、以前、NORTH FACEのフライを洗濯機で洗ったらコーティングが剥がれ落ちたことを思い出し、洗濯することにしました。

確かにコーティングは取れ、粉状のカスが洗濯機のフィルターに溜まっていました。しかし、これで全部取れた訳ではなく、都合3回洗って何とかきれいになりました。フライの色も昔の面影が。

さて、ベタベタとサヨナラしたものの防水性ともサヨナラです。NORTH FACEの時はテント用強力防水液を塗ったのですが、イマイチ信頼性が感じられませんでした。

そこでネットを調べたところ、シリコンシーラントを実際に使った例を発見しました。

フライの繊維へのなじみといい、形成される膜厚といい、柔軟性といい、これはイケそうです。身近にあったバスコークとへらを使ってフライに塗り込んでみると悪くない感触です。乾かすのに1日かけても若干のベタつきが残りますが、使用上は問題ありません。

そこで、本格的にシーラントを買ってきてやってみたのですが、ものが大きいので室内で広げて塗るのは無理。テントを組み立てて裏返しにフライを張り、騙し騙し塗るしかないです。

そして、カヤックを中止した今週末に塗布を実行した訳です。前置きが長過ぎてすいません。

14062804 で、結論ですが、シリコンシーラントは粘度が高く広い面積を均一に塗るのは殆ど不可能です。

へらで一生懸命延ばしても、伸びが悪く画像の様にムラができてしまいます。ムラを無くそうと塗りたくるとどんどんシーラントを消費します。実際、2本近くを消費しました。1本330g入りなので、500g位の重量増になったと思います。それでも均一に塗れてません。

後から溶剤で薄めて塗る方法に気がつきました。ただし、溶剤の選定とフライが溶剤にやられない点をクリアできたとしても、ある程度の厚みで均一に塗るためには相当の重ね塗りが必要になると思われます。これも大変。

オークションでベタベタテントを掴まされて(例えばMSRのオレンジ色HabbaHubbaとか)憤懣やる方ないような場合以外はお勧めできませんね。気力が持ちません。こんな結果になってしまった訳ですが、でも捨てる気になれないなあ・・・。

|

« 四国本土初上陸(女木島経由) | トップページ | ダニ! !>>>ヒル >ブヨ >虻 >蚊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四国本土初上陸(女木島経由) | トップページ | ダニ! !>>>ヒル >ブヨ >虻 >蚊 »