« 過酷な道中、見近島 | トップページ | 帰省恒例!秀岳荘で買い物 »

2014年7月30日 (水)

MSR HubbaHubba 新モデル机上検討

14073001連休は富士五湖でカヌー&トレッキン
グ。先週末は、猛暑や結石関係があっ
たっりで、2週連続シーカヤックはお
休みです。今週末も危ぶまれますが。

で、以前から気になっていたテント、
MSR HubbaHubbaの新モデルNXの机上検
討でもしてみます。

私のHubbaHubbaは、フルメッシュのイ
ンナーでは秋以降辛いので、メッシュ部分の少ないHPタイプを一昨年に購入しました。

14073002 MSRのホームページの画像から気がつ
いた変更点を挙げてみます(画像も流
用しています)。

・色が白赤系に
・全メッシュが一部メッシュに
・フライのジッパーが中央から端に
・ポールの固定部がグロメットから別
 部品(金属?)に
・テントのテンション調整部分がヒモ
 からベルトに
・収納袋がコンプレッションタイプに
・全体の軽量化

私が気がついたのはこの程度ですが、まだあるかも知れません。

14073003 色については、悪くないと思いますが
日本人的には紅白の幕を想像しておめ
でたい気分になります。白の部分は私
のREIのテントのように紫外線等で黄
ばんでくるのは間違いないでしょう。

良いと思ったのは、ポールの固定部の
改良です。海で使っていると真鍮製に
見えるグロメットがそのうち腐食して
取れるかも知れません。

もう一つは収納袋。最近のものはユルユルなので、袋自体でコンプレッションできるのは便利です。ちなみにREIのテントもそうだったので、新規なことではありません。

フライのジッパー位置の変更はフライに雨樋をつけるためでしょうか。ただ、雨樋が効果的かは不明です。

14073004 気になるのは、メッシュ部分です。シ
ーカヤック用途では面積的に中途半端
な感じがします。

日本に限って言えば、夏場の平地では
フルメッシュ以外考えられません。布
に囲まれていると熱気がこもるんです。
まあ、山であれば丁度いいのかも知れませんけど。

従って、HubbaHubba NXはシーカヤッ
ク用としては、春秋の2シーズンテントと言えるのではないでしょうか。ただし早春・晩秋不可。私のHPタイプでやっとフルで2シーズン可能かなあ。

気になっていた、メインポールの太さは変わっていないようなので、強風時はその強度が気になります。軽量になった分、少し太くできなかったのでしょうか? 山用としてもちょっと不安ではあります。

旧HubbaHubbaオーナーとして、負け惜しみ的評価をしてみました・・・。

|

« 過酷な道中、見近島 | トップページ | 帰省恒例!秀岳荘で買い物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 過酷な道中、見近島 | トップページ | 帰省恒例!秀岳荘で買い物 »