« ダニ! !>>>ヒル >ブヨ >虻 >蚊 | トップページ | 過酷な道中、見近島 »

2014年7月 9日 (水)

大槌島でさくっと山頂草刈りの筈が!

14070901週末はずっと気にかかっていた大槌島
の山頂草刈りに行ってきました。

5月に行った時は、スポンジ波にやら
れて、山に登る気力も無い状態でした
が、水温もぐっと上がり漕ぐ面では問
題なしです。

ただ、7月に登ったことがないので、
道がどういう状況になっているか不安
がありました。

で、結果的に登ることができたものの、色々厳しいものがありました。

14070902 天気は薄曇りで、暑くもなく丁度いい
感じなのですが、実際漕ぎ出してみる
と風が結構あります。西寄りの風のた
め、遮るものがない日比と大槌島の間
の海の上を風が抜けて行き、海面が荒
れています。

小潮で上げ(東から西)なので、風と潮
が喧嘩して波がより大きくなっている
のかも知れません。

まあ、前回の例もあるのでいずれ落ち着くだろうと進みましたが、結局落ち着かないままで、上陸する浜のすぐそばでも潮がザーザー流れていました。

14070903 大槌島の山頂付近をズームで撮ってみ
ました。

うーん、しっかり木が生い茂っている
感じで、眺望はさらに厳しくなってい
るものと思われます。

こうやって見ると穏やかな傾斜のよう
に見えますが、実際は直登気味で辛い
ものがあります。

でも、何故か1年に1回は登りたくなる魅力があるんです。

14070904 さて、トレッキングシューズに履き替
えて出発です。その他はカヤックで着
ていたまんまです。

井島に行った時、上陸してすぐ歩き始
めたところ、足が濡れていたためにマ
メができてしまったので、今回は上陸
後、裸足になって昼ご飯にして足を十
分乾かしてから、靴を履きました。

ちゃんとカヤック&トレッキングのノウハウを蓄積しているんでよ。

14070905 で、スタートしたものの、むむむ、藪
化が激しいです。5月に来た時には問
題なかったのですが、自然を甘く見て
いました。

まあ、途中から林の中を行くことにな
るので、それまで我慢すれば何とかな
るでしょう。

前回までは刈った形跡のある道を進ん
でいたのですが、その形跡が全くあり
ません。刈る時期がまだ先なのか、刈られなくなってしまったのか。

14070906 ぐわーん! 笹+ツタのパーフェクト
な藪です。

ここを頑張って突破すると林間セクシ
ョンに行けるのですが、気になるのは
前回の話題にしたダニです。ただ、こ
の島に動物は居ない(昔は山羊が居ま
したが)ので、ダニも生息していない
はずです。そのまま突っ込みます。

山頂で使う予定の鎌を取り出し、最低
限の笹を刈って進みました。

14070907 やっと祠に到着しました。藪はここま
での筈です。祠はしっかりしています
が最近手入れされた感じはありません。

安全祈願して、いよいよ、祠の奥から
登頂開始です。

赤テープがあるのですぐ分かります。

この中で比較的新し太い赤テープもあ
ったので、去年あたりに誰か付けたのかも知れません。

14070908 赤テープは直登ルートに集中していま
すが、実際は巻き道もあります。

今回は巻き道が藪化していると嫌なの
で直登しましたがしんどくかつ滑りま
す。

ここは、林の中でかつ風下なので風が
無く大汗をかきました。

GPSの軌跡が行きと帰りで違いますが
帰りは巻き道を通ってみました。気になる藪もありませんでしたので、巻き道をお勧めします。

14070909 山頂が見えてきました。

前回来た時に山頂付近の道にけっこう
草が茂っていたので、今回も厳しい状
況が予想されたのですが、意外にも道
跡がしっかり残っていました。この辺
は岩が多くなっているので、その影響
かも知れません。

ただ、茨の枝が出てきていたので、放
置が続くと、山頂目前で茨の藪に遮ら
れるという事態があるかも。

14070910 ジャーン! 山頂到着です。懐かしい。

でも、平地がどんどん狭くなって来て
います。雑草が伸びるだけなら秋に枯
れれば済むのですが、低木のようなも
のが侵入してしっかり根付いています。
木なので枯れることはなく、確実に平
地を圧迫しています。

このままでは、何年か何十年か分かり
ませんが木に覆われることになるでし
ょう。

14070911 当然周りの木々も大きくなって、瀬戸
内の景色も殆ど見えません。

画像は、岩の上に登って瀬戸大橋方面
を撮ったものです。元々見通しはそれ
程良くなかったのですが、益々厳しく
なって行くでしょう。まあ、しょうが
無いと言えばしょうが無いのですが。

小槌島は岩に登っても見えませんでし
た。大槌島に比べて小槌島ははるかに
小さく見下ろす感じだったのでそんなもんでしょう。

14070912 草刈り完了です。狭くなったので、あ
っさり終わった感じです。

この周囲は、草ではないので鎌では刈
れません。かと言ってこれ以上他の道
具で刈ったら問題ありそうですしね。

まあ、一応、今後登頂される方のため
に草刈りをしたと言うことで満足です。

ついでに登り口の藪道も少し刈ったと
ころ、笹の切り口で負傷。とほほ。

14070913_2 途中で一回転んで、浜に戻って来まし
た。天気が好転しているかと思ったら
カヤックがじりじり動くくらい風が強
くなっていました。

漕ぎ出すと、不規則な波でひどく漕ぎ
にくいと言うか気が抜けません。

最初、日比港方向ダイレクトに進んだ
のですが、横からバンバン波が来たり
スターンに当たって舟を傾けられたり
して修正が大変。

やむなく宇野方面(東側)に暫く進んで波をそらしながら日比が近づいてきたところで進路を修正しました。デジカメ撮る余裕なし。

14070914 いやー、無事戻って来ました。でも、
途中で事件があったんです。

日比港目指して進んでいると、日比港
から1隻の小型船が出てきて宇野方面
に進みかけたんですが、私に気が付き
方向を変えどんどんこちらに進んでき
ます。

もしかて、海上保安庁?と思ったらそ
のとおりでした。私のそばで停船して
風と波で大丈夫か?行き先はどこか?等を聞かれたので現状問題なく日比に戻る旨伝えました。

心配だったのか、暫く後ろからエンジン音が聞こえたので追尾されているようでした(無言のプレッシャーで振り向けない)。港が近くなったところで、格好良く宇野方面に去って行く姿が見えました。ご心配おかけしました。

14070915 ロールの練習もしようかと思っていた
のですが、この波の状態ではどこに流
されるか分からないし、指を怪我した
と言う理由で中止にしました。やる気
はあったんですけどね。

今回は大槌島の草刈りを無事済ますこ
とはできたのですが、天候の読みが甘
く海上保安庁の方の手を煩わしてしま
ったのが反省点ではあります・・・。

|

« ダニ! !>>>ヒル >ブヨ >虻 >蚊 | トップページ | 過酷な道中、見近島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダニ! !>>>ヒル >ブヨ >虻 >蚊 | トップページ | 過酷な道中、見近島 »