« 引き続きロール練習キャンプ(本島) | トップページ | ハイドレーションバッグの効果 »

2014年9月10日 (水)

漕力確認&ロール練習(竪場島)

14091001週末はキャンプの予定でしたが、天気
予報で大気が不安定且つ夕方〜未明が雨だったので、漕ぐのは日曜のみにして土曜は雑用にあてました。

今回は連休のツーリングに備えて、ど
れくらいのペースで漕ぐのがいいのか
の試し漕ぎと先週の感覚を忘れないよ
うにロールの練習をしました。

ちょっと雑用の話を。

140910012 その雑用で大変だったのが、ダウンシ
ュラフ(夏用、春秋用2つ)の手洗い洗
濯。方法はネットで色々情報がありま
すが、独自にやったのは以下です。
・洗剤はウール用に使っているアクロ
 ンを流用。シュラフ専用は買っても全部使い切ることはないと思われるので。
・洗濯機の水槽で手洗い。汗だくで腰に来ます。水を吸ったシュラフって死ぬほど重いです。
・脱水機後の乾燥が大変。乾燥機(縮み防止モード)に3回入れても不十分で陰干し中。

見かけはたいした汚れでなくても意外に水は汚れていて、やって良かったと納得。残念ながら、ふっくら感はあまり変わりませんでした。

14091002 今日は大潮で漕ぐ時間帯は殆ど下げ潮なので、帰りが楽になるように日比〜竪場島(直線距離7km)間を漕ぎ、向かい潮と追い潮でどれくらいのペースを設定したら良いか漕いでみました。

天気は最高です。日差しが強いので暑
いのですが風が爽やかです。絶好の漕
ぎ日和でした。まずは向かい潮で進み
ます。追い風でなので、無風状態に近
く暑い暑い。途中風向きが変わり助かりました。

14091003 漕ぎ出して少しして、両側が崖に囲ま
れたいい感じの砂浜があったのでつい
上陸してしまいました。

何と小川が流れています。昨日の雨で
出現したのかも知れません。また、謎
のブロック作りの遺構もありました。

島では無く本土ですが、ここでのキャ
ンプも悪くないなあと思っていたら、
船でファミリーが上陸してきてデイキ
ャンプの準備を始めました。考えることは同じですね。

14091004 渋川の海水浴場、王子が岳、児島の町
に沿って淡々と漕いで竪場島に到着し
ました。島を回り込むと大槌島が重な
ります。

竪場島はGoogle Mapで見ると良く分か
るように、東側がしっかり整備されて
いて、家や果樹園(?)があり、いい浜
なんですが、キャンプ等はできないよ
うです。

ここまで2時間弱かかったので、途中上陸を差し引いて向かい潮でのアベレージ4km/hといった感じでしょうか。

14091005 島で軽い昼食を取って帰ります。追い
潮で快調かと思ったら、最初は8km/h
出ていたのですが、すぐに6km/hに落
ちました。風があるのと潮自体が弱く
なったのかも知れません。

結局1時間強で帰ったのですが、追い
潮アベレージ7km/hあたりが妥当でし
ょうか。往復平均5.5km/h? 

上げ潮下げ潮取り混ぜて午前中に2時
間、昼休み1時間、午後に3時間漕いだとすると27.5kmですが、後半のペースダウンを考えると、最大25km/日が妥当なところでしょうか。今回16km強漕いで結構くたびれてましたから。

そうそう、日比に帰って来て練習したのですが、フロントシャフト成功率は20%位でした。いつもの頭が先に上がって失敗のパターンなので、舟さえ起こせば頭が着いて行くと自分に信じ込ませるのが課題です。

で、大問題はハンドが全然上がりませんでした。やはり、感覚を維持するために継続してある程度練習しなければいけませんね。フロントシャフトばかりやってましたから。かと言って、どっちつかずになったらどうしよう・・・。


|

« 引き続きロール練習キャンプ(本島) | トップページ | ハイドレーションバッグの効果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 引き続きロール練習キャンプ(本島) | トップページ | ハイドレーションバッグの効果 »