« うどん屋尋ねて三千里(小島〜多度津〜小島 中編) | トップページ | デジカメ更新!(CASIO EX-FR10) »

2014年9月26日 (金)

日差しにやられて三千里(小島〜笠岡 後編)

14092601(続きです)
キャンプ地に近づきました。

今日は、針屋さんも居ないので夕食は
手抜きそのものです。ピカソで総菜購
入という手もあったのですが、在庫レ
トルト一掃の質素なものにしました。

ただし、アルコール類は気合いを入て
冷えたのを買って、サービスの氷も投
入しました。

しかし、断熱性のないコンビニ袋で陸に長居し過ぎたため、カヤックに積む時には氷は水になっており、残念な結果が予想されました。

14092602 予感どおりぬるいビール、ぬるいカク
テル(これは可)を飲んでいい気持ちに
なりつつも、一応満潮時の水位を確認
するまで何とか起きていました。

結果的には浜に刺してある棒の所まで
でした。大潮の時でもギリギリセーフ
のようですが、波が大きい場合は草地
に逃げるしかないと思います。

未明、テントがバタついたので干し物
を飛ばないようにしてまた寝ました。目が覚めたら、風は弱まっていました。結果オーライです。今日が最終日。まったりしながら荷物を片付けます。

皮肉にも一昨日は肌寒く冷えたビールが進まず、昨晩は生暖かくぬるいビールが進みました。今日は良く晴れており、気温も高めで暑くなりそうです。

14092603 小手島を目指します。

風やっぱりあります。東風で風波があ
り、バッシャンバッシャンです。まあ
昨日のように漕ぎにくい風向きではな
いので良しとします。

左が小手島、奥が手島です。以前、手
島でキャンプした時は小手島も候補だ
ったのですが時間の都合で行けなかっ
たので、今回はそのリベンジというか
キャンプ地の調査も含んでいます。

14092604 小手島の東南の浜に上陸です。バック
はお世話になった小島です。

この浜が小手島で一番広そうでしたが
水没しそうです。今登っている一段高
いところは防波堤の端っこでテントを
張っても怒られないとは思うのですが
何だかなあといった感じです。

奥にある小広場は藪が迫り、藪蚊に悩
まされそうです。なんて、勝手なこと
を書いてますが。

14092605 小手島を抜けて笠岡を目指します。今
のところ手島が風を遮ってくれていま
すが、この先は何も遮るものがありま
せん。

遠くで、数隻の船が停泊しています。
昨日が日曜なので、休息日だったのか
も知れません。

天気も最高でもう一日延ばしたいなあ
とも思いましたが、社会復帰が危ぶま
れるので素直に帰ります。

14092606 投錨中の船のまでやって来ました。

マストの側にある黒い玉は、海上衝突
予防法で必要な錨泊中を示す「黒色球
形形象物」です。以前、船に乗った時
に知りました。船に比べてずっと小さ
いですが、知ってる人が見れば分かる
んでしょうね。

船の側で安心して、クラッカーを食べ
ていたら、いきなり出航準備のアナウ
ンスが響き渡ったので、慌てて離れました。これから出勤と言ったところでしょうか。

14092607 手島を抜けてから、ずっと追い風で体
感は完全無風。太陽直撃で真夏の暑さ
です。航路も近いし休むわけにもいか
ず、気力でトロトロ漕いでました。熱
中症になるかと心配したりして。

何とか岸近くにたどり着いて、逆潮の
入江の端を遡上して出艇地にたどり着
きました。

天気にも恵まれ、いい感じのツーリン
グでした。

14092608 楽しかったんですが、後始末が大変な
んだよなあ・・・。


|

« うどん屋尋ねて三千里(小島〜多度津〜小島 中編) | トップページ | デジカメ更新!(CASIO EX-FR10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うどん屋尋ねて三千里(小島〜多度津〜小島 中編) | トップページ | デジカメ更新!(CASIO EX-FR10) »