« サーマレストの修理 | トップページ | 四国本土上陸&キャンプ »

2014年10月15日 (水)

CASIO EX-FR10 のトレッキング適応性

14101501週末に台風を避けて茨城の山に行って
来ました。

シーカヤックでデビューさせたFR10で
すが、トレッキングでの性能を確認し
てみました。

カメラをFR10のホームページにあるよ
うにザックの左のショルダーベルトに
取り付けて、カヤックの時と同じ2分
のインターバル撮影モードとしました。

14101502 天候は曇りで、尾根歩きが中心ですが
木が茂っているため薄暗く、カメラの
条件としてはあまり良くありません。
まあ、止まった(それに近い)状態では
それなりに撮れています。

GPS機能があるとさらにログとして価
値が出てくると思いますが、バッテリ
ー寿命の問題が出てくるので非搭載に
なったのかも。取りあえず、GPSデー
タと撮影時刻からカシミールで推定はできます。

14101503 暗くてシャッタースピードが遅くなる
ためか、ブレた画像も結構多かったで
す。全体の1/3くらいかなあ。

カヤックの時は曇りでもブレはなかっ
たので、歩きの方が体の動きが激しい
ためかも知れません。

ISO感度の調節ができないので、今回
の条件では改善が難しそうです。シャ
ッタースピード/露出の優先が指定できると有り難いのですが。

14101504 こんな心霊写真風のものもありました。
恐らく振り返った時にシャッターが下
りたのではないかと思います。

結構失敗画像があるので、1分間隔で
撮った方がいいのですが、バッテリー
が持たないんです。仕様では、バッテ
リー寿命が255枚なので、

 255枚÷60枚/時間=4.25時間

となり、4時間が限界のようです。バッテリー切れまで試してませんが。

1枚の容量が約4MB程度なので、

 4MB×255枚=1020MB

となるので、SDカード的には全然問題ありませんが、4時間以上の行動なら失敗画像覚悟で2分間隔を使わざるを得ないと言ったところでしょうか・・・。

|

« サーマレストの修理 | トップページ | 四国本土上陸&キャンプ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サーマレストの修理 | トップページ | 四国本土上陸&キャンプ »