« CASIO EX-FR10 のトレッキング適応性 | トップページ | ドライパンツ購入 »

2014年10月22日 (水)

四国本土上陸&キャンプ

14102201今週末は日比から出て香川の五色台を
往復してきました。

カヤックで四国の島は色々キャンプし
ものの、四国本土はまだなので、今度
やりましょうと針屋さんと計画してま
した。

台風が来たりして、今週末にやっと機
会が巡ってきました。残念ながら針屋
さんは重要なイベントがあるので欠席
です。

地図で見ると本州本土と四国本土が最も近いのが、日比〜五色台(約7km)だと思われます。日帰も十分可能ですが、四国本土キャンプとして余裕が持てるこの区間を選びました。

14102202 当日は、カヤック購入を検討中の同僚
の試乗会を日の出の浜でやった後の出
艇だったので、かなり出遅れましたが
距離が短いので安心です。

いつもの大槌島を過ぎて小槌島〜五色
台を目指します。

天気は快晴で風も弱く汗ばむくらいで
最高のコンディションです。潮も長潮
と若潮なので、潮流に揉まれることも
無いと予想しています。

14102203 五色台に近づきました。右は小槌島で
す。だいぶ日が傾いて来ました。

途中、大槌と小槌の間が本船航路にな
っています。通過待ちがあるかと思っ
たのですが、漕ぎのペースを落とすだ
けでクリアできました。

何隻か続いて来るのですが、その後に
しばらく空白があるのです。

潮は上げだったので若干流されています。大槌の手前で例のスポンジ波がありましたが小ぶりなので問題ありませんでした。

14102204 キャンプ地に上陸して、平坦地を探し
ていると、何と生々しい猪の足跡があ
るじゃないですか。それも、大きい。
この辺の島でのキャンプではせいぜい
タヌキ位を気にしてれば良かったので
すが、猪は想定外でした。四国本土を
実感。

日も陰り、気温もグングン下がって来
たので、とにかくテントを張ります。

背中が寒いものの、おでんとビールでいい気分になってテントに入りました。まだ7時頃ですけど。

14102205 キャンプ地に上陸して、平坦地を探し
ていると、何と生々しい猪の足跡があ
るじゃないですか。それも、大きい。
この辺の島でのキャンプではせいぜい
タヌキ位を気にしてれば良かったので
すが、猪は想定外でした。四国本土を
実感。

日も陰り、気温もグングン下がって来
たので、とにかくテントを張ります。

背中が寒いものの、おでんとビールでいい気分になってテントに入りました。まだ7時頃ですけど。

14102206 四国本土キャンプは無事終了ですが、
まっすぐ帰るのももったいないので、
小槌島の西側を回ることにしました。

そのルートでは小槌瀬戸と呼ばれる所
を通過します。まあ若潮だし大したこ
とないだろとなめていたました。とこ
ろが、行ってみると大間違い。結構流
れていて波も立っています。潮目を狙
って釣り舟も居ます。

オタオタしてると、出艇地に戻されてしまうのでマジ漕ぎで何とか突破しました。

大潮の時はどんなだろう? まあ、大型船が通るようなところでは無いので遊べるスポットかも知れません。釣り舟に怒られるかなあ。

14102207 日曜だからか船の少ない本船航路をス
ムーズに越え、大槌島の西側を過ぎて
日比を目指します。

また、いつものところで波が立ってい
ました。

今日は、ヨット日和なのかクルーザー
が沢山居ます。昨日も一緒に並んで、
「9ノットくらい出てますよ」と声を
かけてくれました。カヤックに興味の
ある人も居るようです。

14102208 日比港に入っていくクルーザーのバン
クした姿が格好良かったので撮ってみ
ました。

今回もEX-FR10を使ったので、スライ
ドショー形式で往復部分をまとめまし
た。前半で左に傾いた画が多いのは、
多分風か流れに逆らって体が右に傾い
ているためだと思います。

相変わらず手が邪魔なところがありま
すが・・・。


|

« CASIO EX-FR10 のトレッキング適応性 | トップページ | ドライパンツ購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CASIO EX-FR10 のトレッキング適応性 | トップページ | ドライパンツ購入 »