« デジカメ更新!(CASIO EX-FR10) | トップページ | CASIO EX-FR10 のトレッキング適応性 »

2014年10月 8日 (水)

サーマレストの修理

14100801週末は台風18号の影響が懸念され、カ
ヤックは中止となったので、キャンプ
関係の小ネタです。

キャンプでは座る時にイスカのコンフ
ィシートを使っていたのですが、内部
が分離したので、サーマレストのトレ
イルシートに変更して使っていました。

ところが、最近座っていると萎んでく
るのです。穴があくような環境で使った記憶もなく、穴らしきものも見当たりません。バルブ部に顔を近づけても空気漏れは感じません。

空気をパンパンに入れて風呂の中に浸けて、マットを潰す(浸けるだけではダメ)と何とバルブの取付部(矢印部)から細かい気泡が出てきました。

14100802 うーん、これは製造上の問題かとも思
ったのですが、バルブ部の取扱が荒く
てなったと言われても面倒くさいので
自分で修理することにしました。

アクアシールを漏れ箇所に塗りつけて
穴に浸透するようにマットを減圧状態
にして放置しました。

乾燥後、空気をパンパンに入れて放置
しても変化無かったので、多分大丈夫
と思います。

いつも使っているプロライトの方は酷使している割には全然問題ないので、製造上の問題だと思うのですが、直ったからまあいいか・・・。

|

« デジカメ更新!(CASIO EX-FR10) | トップページ | CASIO EX-FR10 のトレッキング適応性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デジカメ更新!(CASIO EX-FR10) | トップページ | CASIO EX-FR10 のトレッキング適応性 »