« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月26日 (木)

6年目のテレマーク練習(9回目 恩原)

15022601ギラガ仙を目指して敗退した後、どっ
と疲れたので車の中かでウトウトして
いました。車の中がポカポカだったの
で。

夕方から、練習を開始しました。ナイ
ター前にいつもアドバイスしてくれる
方にさらにアドバイスを貰いました。

前回の動画で気がついたのですが、後ろ足の膝が割れる(ターンの外を向いている)のです。ガニ股と言いますか。

この点について、「膝が開くのは板に乗れていないと言うことだから、前膝の後ろに膝を入れる様に意識した方が良い」とのことでした。実に有り難いアドバイスでした。

その言葉をかみしめながら、ナイターに臨んだわけですが1時間ぐらいでバテたので終了し、「このか」に寄って温泉で疲れを癒やして帰りました。

シーズンも終盤になって来たので色々感じたことを確実なものにしなくては・・・。

| | コメント (0)

2015年2月25日 (水)

テレマーク板でギラガ仙(敗退)

15022501_2恩原にテレマークの練習に行ったのですが、土曜の午前中は晴れで、天気が徐々に崩れ、日曜は雨が降るとの予報でした。練習は後回しにして、天気が良いうちにパノラマゲレンデ上部から牧場(跡?)を経由してギラガ仙を目標に一人で往復することにしました。

結局、体力に一抹の不安を感じ、ギラガ仙までは行けずに戻って来ましたが気持ちの良い道中でした。



15022502 いつもの車中泊地の朝です。

予報どおり天気は良さそうです。実際
前日の夜は満天の星空でした。気温も
それ程低くなく、ダウンのパンツでは
着過ぎかなと思いつつ寝たものの全然
問題ありませんでした。

朝起きてみると、放射冷却が強烈だっ
たようで窓の内側が一部凍っていました。スキー場へ向かう道にある温度計は-11℃を示していました。今年一番の冷え込み体験でした。

15022503
スキー場について、荷造りを始めまし
た。「これは要るかも」、「これは要
らないだろう」など悩んでいる内にど
んどん時間は経っていきます。

今回はザックを背負うので、レイクサ
イドの第1ゲレンデ感触を試し、パノ
ラマのリフトに乗ったのは9時ちょっ
と前でした。

牧場部分はなだらかなのでステップソールであるカルフのガイドを使用しました。念のためシールも持ちましたけど。

15022504 いよいよパノラマゲレンデ上部に到着
です。牧場方向にはスキーで向かった
跡がありました。若干埋もれていたの
で昨日のものと思われます。スノーシ
ューの跡はありません。

全体的に表面に10cm位の粉雪が積もっ
ていて、風のある部分はそれが飛ばさ
れて硬い雪面が現れている状態です。
ステップは何とか効く感じです。

取りあえずはスキー跡を参考に進んで行きます。

15022505 こんな登り斜面と若干の下りが続きま
す。回りの景色も文句なし。

スキーの跡からすると、行きはシール
を付けて斜面を直登。帰りはシールを
外して滑ってきて、登りでは開脚登行
をしたようです。

ステップソールで直登は厳しい条件だ
ったので、ジグを切って登ることにしました。楽は楽ですが、時間のロスはあるでしょうね。

15022506 牧場の端まで来ると、先行者のスキー
跡はUターンしていました。

これからは、GPSで確認しながら尾根
筋を辿って行くことになります。

2年前に三国山に連れて行って貰った
時は、お客さん状態だったのでルート
もうろ覚えですが、尾根筋で問題ない
はずです。

15022507 ギラガ仙と手前の1192ピークが近づい
て来ました。前回よりも雪庇区間が多
い気がします。

書き忘れましたが、天気予報どおりの
晴天です。気温はそれ程高くなく、尾
根筋には風が若干あり寒いくらいです。

灌木の茂る見通しの良い部分を通るか
歩きやすいが先の分からない林間を行くか難しいところです。

15022508 1100ピークに到着しました。1192ピー
クへの最後の登りですが、50m位下っ
て、100m位登り返さなければならない
ので、体力と相談(病み上がりなんで
す)してここで撤退としました。この
先行くとすると、シール装着となるで
しょう。

スキーの先端部に三国山も良く見えて
いますのでここまで来れば良しとしま
す。

15022509 後からGPSの高度記録で分かったので
すがパノラマゲレンデから撤退地点ま
では、多少の下りはあるものの全体的
には上り調子でした。従って、帰りは
比較的スキーで滑るシーンが多く楽で
した。

ただ、雪が締まってきて非常に曲がり
にくく、何とか転ばずに曲がるのが精
一杯でした。まあ、滑れたことだけでも良しとしなければなりませんが。

15022510ゲレンデに着く前にチキンタイカレー
ヌードルで昼食を取ることにしました。
折角持ってきたので。

味はどうかというと、「うーん」です。
ラーメンで言えばさっぱり系塩ラーメ
ンか。ご飯にかけた方が良いと思われ
ます。

そうそう、レイクハウスの新メニュー「ぶっかけとろろうどん」はイケますよ。ただ、量を求める人には物足りないと思われます。

そんなこんなで、今年1回目のバックカントリー(もどき)スキーは無事終了となりました・・・。

| | コメント (0)

2015年2月18日 (水)

6年目のテレマーク練習(8回目 恩原)

15021801_2 テイネの反省を生かすべく恩原に行ってきました。

天候は晴れ時々曇りですが、気温が余り上がらず、ゲレンデ条件は良好でした。今回は地元のテレマークの方と久々にあったりしました。

で、同行のメンバー(板はアルペン)がスキースクールに行って色々教わったことを聞いて、自分の滑りにも反映させようという作戦です。

なるほどと思ったのは、「スキー板の前後がブーツの前後である感覚で滑ろ」ということでした。また、「ブーツに力を加えるには(よく言われることだが)ベロの部分をスネで押すことを強く意識せよ」という説明も気にかかりました。

と言うのは、後ろ足荷重でつま先部分を意識していましたが、スネについてはすっかり忘れていたもので。

で、意識して滑ってみると、結構板が安定するんです。目からウロコでした。当面はこの点を意識して練習を進めたいと思います。

ちなみに、不整地も滑ってみたのですが歯が立ちませんでした。修行が続きます・・・。


| | コメント (0)

2015年2月17日 (火)

恒例!秀岳荘で買い物

15021701諸般の事情で帰省した割には、手稲
でスキーをした訳ですが、秀岳荘にも
行ってしまいました。今回は白石店で
はなく、実家から近い近い本店です。

閉店まで、30分くらいしか無かったの
でドタバタでしたが、ワカン(ジキ)と
ダウンのボトムを買いました。

スノーシューは持っているのですが、
ワカンの方が浮力は低いですが軽量で
使いやすいので、状況により使い分けようと思ったのです。メーカーは軽量を重視して定番のExpart of Japanのものにしました。ただ、価格的には通販の方が安いようですが、修理は対応して貰えるとのことでしたが。

黒くて良く分からないのが、ダウンのパッチです。タイツでは寒い時が結構あるためです。色々メーカーがあったのですが、シンプルで価格がリーズナブルなナンガものにしました。スリムなMにしましたがLでも良かったかも。

使う次期を鋭意検討中・・・。

| | コメント (0)

2015年2月11日 (水)

6年目のテレマーク練習(7回目 テイネハイランド)

15021101諸般の事情で帰省したので、手稲オリ
ンピア(ハイランド)で滑ってきました。

天気も雪質も良好で、バッチリでした。

例によって後ろからの動画を撮ったの
ですが、良好な雪質の割には滑りはあ
い変わらずの内傾でした。残念。

前回も触れましたが、ターンに入る時の棒立ちが内傾に結びついているようなので、外エッジを少し入れた外傾を取り入れてみようかと思います。何か、同じ内容で恐縮です。

あ、帰りに通過する女子大回転の急斜面は無事下ることが出来ました。暴走気味のところもありましたけど・・・。


| | コメント (0)

2015年2月 4日 (水)

6年目のテレマーク練習(6回目 恩原)

15020401今回は諸般の事情で日曜午後のみの日
帰練習となりました。

天候は曇りでしたが後半は雪が降り出
しました。気温が低く雪質は良かった
のですが、かなり寒かったです。半日
が正解だったかも。

前回の反省を生かして、内傾を防ぐ努
力をしたのですが、ふと気がつくと内傾してたりして中々癖が抜けません。ターンのきっかけ作りとして内傾をする癖がついているようです。カービングならそう言うのもあるかも知れませんが、目指しているのは普通のずらしスキーですから。

動画は前回と同じ場所です。かなり雪が降っていて視界も良くなく条件はイマイチ。ブレて少々分かりにくいですが、「内傾を防ぐ努力は見えるけどまだだなぁ」と言った感じでしょうか。

それに、後ろ足の膝が曲がり過ぎてて、荷重出来ていないスキーを無理にずらしている感じがありますが、内傾+伸び上がりを修正すれば改善出来るのではないかと期待して、週末も練習に励みます。効果があれば良いんですけど・・・。


| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »