« 悲惨!ESWLからTUL治療へ! | トップページ | 大正解の初漕ぎ »

2015年4月22日 (水)

やっと!大山初登頂

15042201大山に初めて登ってきました。中国地
方で山に登るのなら「一度は大山」と
いう感じですが、メジャー過ぎて尻込
みしていました。

この時期、岩場が残雪で埋まっていて
登りやすいとの同僚の話で、行くこと
にしました。

また、山スキーゲレンデとしての事前
調査も兼ねました。

ルートは無難な夏山登山コース(山頂
は弥山「みせん」1709m)で下りは行者
谷コースに分岐としました。

雪の程度が分からないので、軽アイゼンとピッケルも持参しました。

15042202 登山道入口にある下山キャンプ場にで
車中泊しました。

キャンプ場自体は休みなのですが、駐
車場もキャンプ場も使えます。また、
トイレも有り難いことに、水洗で使用
可能で、掃除もされていました。

テント泊もあり得たのですが、結構寒
く、朝の撤収も面倒なので車中泊にし
てしまいましたが、テントも数張りありました。駐車場の車は最終的に10台ちょっとと思ったより少なかったです。

15042203登山道入口です。

ここは、キャンプ場からすぐなので非
常に楽です。

最初はゆるい登りが続きます。石段か
ら丸太の階段に変わり、さらに段差が
高くなって行きます。

1〜2合目で調子に乗って飛ばすと後
が大変になるので、敢えてゆっくり登ります。

天気は晴れて汗ばむ位の陽気ですが、余り登っている人は居ません。山開きから増えるのでしょうか?

15042204 雪の状況ですが、5合目までは尾根の
北側部分に2〜3箇所ある程度でした。

念のためピッケルを使いました。買っ
といて良かった〜。まだ十分使いこな
していないですけれど。

3合目から角度もきつくなり、ハーハ
ーゼーゼーになり、合目の標識が出る
度に小〜中休止でした。ついでに高度
標識でも。

15042205 1つの山場である6合目に到着しまし
た。

ゆっくり目のペース功を奏してか、山
頂まで体力的に持ちそうです。

雪面に付いた足跡をトレースしている
のですが、それでも滑るためか、何か
へっぴり腰で歩いているようです。格
好悪し。

15042206 もう下山してきた人がアイゼンを付け
ていたので聞いてみると、6〜8合目
はアイゼンがあった方がいいとのこと
で、アイゼン装着を決意します。

結構な雪なのでアイゼンを付けて正解
です。

と、思うと岩場になり、ギシギシ言わ
せながら登る場面も出て来て、その繰
り返しです。

15042207 ゼイゼイしながら8合目を過ぎると、
キャラボク地帯になり木橋の上を歩く
ことになります。

歩きやすいんですが、さすがに疲れて
いてペースが上がりません。

板のつなぎ目を見ながら、淡々と進む
と遠くに山頂らしきものがが見えてき
ました。

15042208 山頂です。真の山頂とは微妙に違うら
しいですけど、ここまで来られて事で
大満足です。

先に、最高峰の剣ヶ峰が見えますが、
ここからは危険なので立入禁止です。
と言うか、恐ろしくて行く気にもなれ
ません。

確かにこの眺めを見ると何度も大山に
来たくなりますね。

山頂部分はウッドデッキのようになっていて、皆さん休んで食事をしたりしています。我々も早い昼食にしました。

15042209 夏山登山コースは登る一方なので帰り
は下りばかりです。今回は、3割引で
売っていたBDのトレッキングポールを
買ってしまったので、下りで使ってみ
ました。

今まで下りで膝に来るので、使ってみ
ると結構具合が良かったです。これか
らも下りで使います。

そうそう、スキーの下見ですが、山頂でスキーを担いだ人が居たので聞いてみたところ、私の居る後ろの沢を滑るみたいです。もう、絶対無理です。斜度も斜度だし、1度転んだら下まで滑落です。恐ろしい。

15042210 スノボを担いで登って来たボーダーに
も話を聞きました。雪が着けば今より
は良くなるらしいですが、6合目から
がお勧めだそうです。まずは、経験の
ある人と一緒に行くのが一番安心と力
説されました。

林の向こうの谷が5合目から下の少し
緩くなった斜面です。

今のスキーの実力ではとても無理。もっと、練習しなくては。

15042211 木道と階段を下りて、元谷の砂防ダム
に到着しました。

ここから見上げる眺めも、大山の荒々
しさが感じられて素晴らしいです。下
山中ずっと岩が転がる音がしていまし
た。

砂防ダムのそばを抜けて、所々木道の
ある道を川沿いに倒木を避けながら下
って行きます。結構長いです。

このルートから登るとすると、砂防ダムから強烈な登りとなるので、下りで利用が正解でしょう。

15042212 山沿いの道から唐突に大神山神社に出
て来て長い石畳の参道をトボトボと下
ると、大山寺の脇を通って大川寺の参
道になります。

そして、旅館・土産物の店が並ぶので
すがその中を抜けて、近くのモンベル
の店を冷やかして駐車場に戻り一件落
着です。

その後、土産物街にある温泉「豪円湯
院」で一汗流しますが、ここお勧めです。そこで、豆腐定食を食べてさらに大満足。

大山、食わず嫌い反省です。他にも色々コースはありますが、キツいのが多いんだよなあ・・・。

|

« 悲惨!ESWLからTUL治療へ! | トップページ | 大正解の初漕ぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悲惨!ESWLからTUL治療へ! | トップページ | 大正解の初漕ぎ »