« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月27日 (水)

新メンバー参加でカヤックキャンプ&ロール練習

15052701同僚一人がカヤックのメンバーに加
わりました。シーカヤックもソロキ
ャンプも初めてです。

天気予報は夜雨だったのですが、良
い方向にはずれ、雨のない楽しいキ
ャンプができました。

日の出の浜で漕ぐ練習、沈脱体験の
後、3艇で牛ヶ首島を時計方向に回
ってキャンプ地の京ノ上臈島に向か
いました。

途中のハタゴ島では、船を乗り付けて釣り&BBQをしているグループがあったりして結構賑やかでした。そこにSUPもやって来ました。この辺でSUPを見たのは初めてだなあ。恐るべしSUP人気。

15052702 雨対策で、久々にタープを張ったので
すが、結局、日よけとして活躍するこ
とになりました。

夜は少し冷え込むと言っても、イスカ
のAir450ではちょっと暑めでした。も
う、メッシュテントでもいいかも。

最近、京ノ上臈でキャンプした人は居
ないようで、少し草刈りをしてキャン
プ地を作りました。ただ、島の奥から
茨が広がって来ているので、これ以上の拡張は痛みが伴うものと思われます。

15052703
ロールの練習もしました。初日は曇り
で肌寒かったのですが、やる気満々で
す。

気が進まないものの結構冷たい海に浸
かってパドルと体の動きを新メンバー
に教えます。この時、パドルにかかる
力が随分少ないのを感じました。体の
浮力を生かせているということです。
「これは早く上がるかも」と感じまし
た。

15052704 まあ、細かい注文は置いといて、パド
ルフロート使用で即、上がる事ができ
たので繰り返して型を覚えて貰います。
空気を抜いてペナペナでも上がりまし
たが、残念ながらフロートなしではダ
メでした。

翌日は天気も良く練習日和です。パド
ルフロートなしで駄目な原因はパドル
と水面の角度が良くなく膝の力を舟に
伝えられないことのようなのでその辺
を直します。プラス、体を上げる時の重心を下げるために上半身の反りを入れてみます。

そうしたら、上がりました! まあ、これからも紆余曲折があるでしょうが、今後の遠出に向けて弾みがついた感じです。上がるまでの苦労が少な過ぎとは思いますが・・・。

| | コメント (0)

2015年5月21日 (木)

BioLiteストーブ導入

15052303_2 充電機能を持ったBioLiteストーブを
訳あって安価にて手に入れることが
できたので、使ってみました。

特徴は、外気と燃焼部との温度差で発
電する素子が内蔵されていることです。
これから発生する電力を使ってファン
を回します。ファンで燃焼が促進され
発電も促進されます。このサイクルを
利用し、余剰の電力をUSB出力として
取り出すものです。

内部をバラしてみるとバッファ用のLi電池(青色)が入っていました。小さいなあと思ったのですが、大きいと常に充電モードになる可能性もあるので、こんなものなのかも。

15052202 使用レポートはネットで色々あるので
カヤックキャンプの視点での使用感で
す。

携帯性はカヤックでは問題なしです。
防水袋に入れて収納です。

点火は、浜に落ちている木を拾って15
cm位に折ります。着火はその中の細い
木を入れて、燃やした一本をさらに投
入。木が乾いていれば全体が燃え始め
ます。

そこでファンを回して火に勢いが付いたら、直径1〜2cmの太い木を投入。これでOKです。五徳の形状でオレンジのプラスチック部分に火が行かないように工夫されています(強火は不安あり)。

火力は結構強くて、お湯の沸きも早いです。完全燃焼はしていませんが、ススはコッヘルの底部分に少し付く程度で焚き火のように真っ黒ということはありません。燃焼時間が短く木の追加が必須なのはしょうがありません。燃料費タダですから。

15052303 最大の売りである、USB出力はまずま
ずと言ったところでしょうか。

空っぽのバッテリーを満充電するのは
時間的に厳しいでしょうが、ちょっと
減ってきたのを補う(ここではFR-10)
のが適していると思われます。

先日買ったUSBヘッドライトライトの
ReVoltなんかも使えそうです。USB接
続のランタンのようなよさげなものが
あれば試して見たいと思います。

まあ、元が取れたと思うのには相当時間がかかることは間違いなさそうです・・・。

| | コメント (0)

2015年5月20日 (水)

恒例!秀岳荘で買い物

15052001ちょっと古い話になりましたが、GWの行
事の一環として秀岳荘に行ってきました。

買ったものは、SEA TO SUMMITの透明
防水バッグ20L、Fine TrackのW3フラ
ッドラッシュミッドレイヤー、Hikoの
ブーツ、BDのヘッドライトReVoltです。

防水バッグは今までのものが劣化して
折り目が裂けてきたためです。今回の
は薄くて扱いやすいですが、強度的に
若干不安です。バックルが交換出来るように固定ピンがネジになっていますがその前に穴が空きそう。

フラッドラッシュミッドレイヤーは、暑い中ウェットを着て汗を流していたらかぶれてしまったので、防寒性と通気性を兼ねたものとして購入。

Hikoのブーツは、とにかく素足に近いものが欲しかったので購入。ここまで薄いのは無かったと思います。磯歩きには向いてない感じですが。

ReVoltはUSB充電できるためです。これについてはまた書きます。ただし、充電電池だとアルカリ電池に比べて照度や使用可能時間がぐっと落ちるのが難点です。

15052002 別に、折りたたみ式のLEDランタンを
ゲットしました。貰い物ですが以前か
ら欲しかったものです。コンパクトに
畳めるところが魅力です。

電球色の方が雰囲気が出でしょうが、
明るさという面では白色も悪くないで
す。

実は、秀岳荘でReVoltを買った後、岡
山の好日山荘に行ったところ、予備の
充電電池付きで1500円位安い特価で売っていたので、大ショックを受けました。

ReVoltを使う度に思い出すんだろうなあ・・・。

| | コメント (0)

2015年5月13日 (水)

6年目のテレマーク練習(12回目 札幌国際)

15051301GWの帰省でテレマークスキーに行きま
した。もちろんゲレンデスキーです。

今年は雪解けが早く、ネットで調べて
十分雪のある札幌国際にしました。

また、今年のGWは何故か好天が続き、
最高の条件でした。雪質は残念ながら
良くなく、引っ掛かったりするところ
もありました。

まあ、滑れただけで大満足です。

15051302 今回は、前回のレッスンの「ターンの
後にスキーを入れ替える」滑りにトラ
イしたのですが、まあそんなに簡単に
できる訳も無く、何となくイメージを
掴んだ感じで終わりました。

緩斜面限定ですが、今までは「斜滑降
→ターン→斜滑降」でしたが「直滑降
→ターン→直滑降」のイメージにする
と、今までターン前に始めていたスキーの入れ替えを遅らせることができるような感じがしました。来年の課題です。

15051303 そして、今回、事件がありました。

気温が高かったので、薄手フリース+
ソフトシェルで滑っていました。ゴン
ドラ乗り場に下りて来て、スキーを置
いて飲み物を買いに行こうとした時、
暑かったのでソフトシェルを脱いだの
です。

ゴンドラ乗り場から少し歩いてロッジに着いた時にリフト1日券のホルダーがシェルの袖から外れて無くなっているのに気がつきました。焦って探したのですが見つかりません。

落ち込みながらジュースを飲んで、再びゴンドラ乗り場へ。ダメ元でゴンドラ乗り場の雪割りをしていたおじさんに、「リフト券落ちていませんでしたか?」と聞いてみると、「あるよ〜。何時頃買った?」との答。

感激して時間とリフト券入れの形を告げると、奥からまさに「そのもの」を持ってきてくれました。届けてくれた人は不明とのこと。お礼を言って、スキー再開しました。

いやー、ホント世の中捨てたものじゃないです。私も実行しなくては・・・。

| | コメント (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »