« 天候急変の女木島と荒神島再リベンジ | トップページ | ジムニーのスピーカー交換は意味あるのか?(その2) »

2015年6月15日 (月)

BioLiteストーブのアップグレード

15061501BioLiteの魅力であるUSB発電を生かす
べく、オプションパーツのUSB接続の
ライトを買ってしまいました(価格も
安かったので)。

早速女木島で使ってみたのですが、イ
マイチ本領を発揮できませんでした。

と言うのは、海岸も清掃が行き届いて
いてほとんどありません。キャンプ場
の松林の中でも使える木が少なく、あ
っても前日の雨で湿り気味です。

取りあえず、松系の木っ端とふんだんにある松ぼっくりを中心に使ってみたのですが、あまり強力な火にならず、ライトが途中で消えてしまう事態が頻発しました。

ただ、明かりはテーブルを照らすには十分でした(実際は画像よりもっと明るい)。ライト自体は十分使えます。

15061502 で、お湯を沸かしたコッヘルの底を見
てびっくり。

大量のタールが付着していました。松
ヤニがタールの元と思われます。結局
ガスバーナーで焼いて処理しました。
本末転倒。

燃料については、海岸に落ちている十
分脱脂された木を使うのが正解のよう
です。

これから梅雨なので、燃料探しは厳しいかも・・・。

|

« 天候急変の女木島と荒神島再リベンジ | トップページ | ジムニーのスピーカー交換は意味あるのか?(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天候急変の女木島と荒神島再リベンジ | トップページ | ジムニーのスピーカー交換は意味あるのか?(その2) »