« リベンジ葛島/荒神島 | トップページ | BioLiteストーブのアップグレード »

2015年6月10日 (水)

天候急変の女木島と荒神島再リベンジ

15061001この時期は男木・女木島方面に行くと
潮流に乗って楽ができます。今まで行
ったことの無い、男木島の東にある兜
島とも思ったのですが、ちょっと遠い
ので恒例の女木島にしました。

ルートは成り行きで決めました。ただ
男木島と女木島の間の加茂ヶ瀬戸は
年逆潮でやられた
ので、今回も中潮で
通るのは止めておくことにしました。

また、女木島からの帰りは順調だった
ので、先週のリベンジとして荒神島にも寄りました。

15061002 カヤックに荷物を積み込む際に重大な
トラブルが発生しました。

運転中に車の助手席で荷崩れが起こっ
たのは分かっていたのですが、すっか
り忘れてドアを開けてしまいました。

あっと思った瞬間、ワインのハーフボ
トルが底を下にしてアスファルト路面
に落下し、破壊音ともに周囲はワイン
まみれに。画像は、事態収拾後の再現
です。

もう、目の前が真っ暗になりました。フルボトルより高かったのに。

これで、キャンプの夜長をチビリチビリやろうと思っていたので戦意喪失です。女木島でワインを売っているとは思えないし。

15061003 浜に行ってみると、風があり波も結構
高いです。嫌な予感が。

漕ぎ出してみると、追い風気味なので
風の影響は少ないのですが、瀬戸内に
しては波自体が大き目です。

途中までは針屋さんと一緒ですが、こ
の状態で一人で女木島までいくのは疲
れるなあと思いながら、予定地変更を
考えます。

ただ、雲を見ると前線通過のような感じで連なっているので、暫く待てば好転しそうです。

直島に上陸して、岩陰で風を防いで昼食にしました。結構寒いです。

1時間程すると雲が切れ日差しが出て風も治まって来ました。この辺の状況はFR-10によるインターバル動画もどきでどうぞ。男木。女木島方面を見ています。

ここで、針屋さんとお別れです。直島と柏島の間では潮流による波ができます。この日もあったので動画を撮ってみました。サイズ的にはそれ程大きくありませんが、横から食らうと結構キツいです。

15061006 今回は柏島東端からダイレクトに女木
島南端を目指してみました。

潮流は下げ(西→東)なので、まあ女木
島方向に流されるけれども、それ自体
は問題ないと思って直線的に進みます。

ところが、航路のブイに近づいて行く
と、ブイが右(西)方向にどんどん流れ
ていきます。ブイが流れる訳は無く、
自分が思い切り東に流されてるんです。

男木と女木の間の加茂ヶ瀬戸に吸い込まれていると言っても過言ではありません。ちょっと焦って漕ぎます。

15061007 何とか引力を振り切って女木島に近づ
いたのですが、相変わらず逆潮で4km/h
程度が続き、結構疲れました。

島の南端に近づき一段落すると、パー
になったワインのことが気になり始め
ます。

高松の町も近くに見え、あそこならワ
インも選び放題なんですが、時間的・
体力的に微妙なので泣く泣く諦めまし
た。実は女木島フェリーを使って高松
まで行く事も考えてたりして・・・。

15061008 女木島キャンプ場です。いつもお世話
になっております。シーズンオフ故、
誰も居ません。いつもは野良猫が沢山
居るのですが、今回は3匹でした。

で、心配なのはワインです。一応、
350ml缶のビール2本は持参したもの
足りそうも無いです。そこで、フェリ
ー乗り場方面に行ってみます。商店は
見当たらず、結局、フェリー乗り場に
あった自販機でちょっと高い500mlの
缶ビールを追加購入しました。

ところが夕食を取りながら手持ちのビールを飲んだらお腹一杯になってしまってこれ以上飲む気になれず、500mlは持ち帰りました。トホホ。

15061009 夜は早めに寝たせいか夜中に目が覚め
漁をしている?船の音や猫の喧嘩でよ
く眠れませんでした。まあ、いつもの
ことです。

早めに起きて、帰り支度ができたので
北木島を回って日比に帰る途中で、荒
神島に寄って先週見逃した入江チェッ
クをすることを思いつきました。

加茂ヶ瀬戸から直島が見えます。今日は波が全然立っていないようです。流れてはいるでしょうけど。

15061010 直島と荒神島の間の逆潮にやられなが
らも遂にまだ見ぬ荒神島の浜に上陸し
ました。

予想どおり、平地が広く雑草もそれ程
ではありません。

そして奥に進むと、不思議な整地地帯
が広がってました。昔何かあったので
しょうか?それとも鉄塔設置時の資材
置き場?

茨が広がっているのが気になりますがキャンプ適地です。海はアマモがあるので干潮時は練習不可ですなあ。まあ、これで荒神島の浜の謎が解けました。鉄塔は崖を登るのが大変なので止めときました。

最終的に兜島と同じ位の距離を漕いだことが判明したので、今度は兜島にも行ってみたいなあ・・・。

|

« リベンジ葛島/荒神島 | トップページ | BioLiteストーブのアップグレード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リベンジ葛島/荒神島 | トップページ | BioLiteストーブのアップグレード »