« ジムニーのスピーカー交換は意味あるのか?(その2) | トップページ | ダブル本島 »

2015年6月24日 (水)

Sea to Summit 大槌島

15062401今回は兜島に行こうと思っていたのですが、天気予報では天候不安定で土曜の夜から日曜の朝まで雨となってしまったので中止とし、同僚と日帰で大槌島でのSeato Summitを企画しました。

大槌島のSummitでは恒例の草刈りを計画していました。

同僚の四国の地を踏みたいとの希望もあって、大槌島登山の後、小槌を回って香川五色台の浜に上陸し日比まで戻ることになりました。

ただ、大槌登山か四国上陸に絞った方が体に優しく、ロールの練習もできるとは思うのですが、たっての希望なので無下に拒否する訳にもいかず・・・。

15062402 出発前の日比の浜です。

薄曇りで涼しく、風もないの絶好のカ
ヤック日和です。本当に雨降るの?

日比と大槌の間で嫌らしい波の立つと
ころがあるのですが、遠くから見た感
じでは白波も無く問題ないようです。

潮も小潮寄りの中潮なので問題ないと
思われたのですが、GPSのトラックを
見ると、それなりに流されていますがまあ問題なしでしょう。

15062403 途中のデンジャラスゾーンでも特に大
きな波も無く、無事大槌島に近づきま
した。

ところが、島をよく見ると、分かる人
には分かる神社(祠)への刈り払い道が
見えないのです。嫌な予感が・・・。

確かに、登山には今までは5月のまだ
緑の濃くない時期に来ていて、6月そ
れも下旬に来たのは初めてです。急遽
大槌島にしたのが裏目に出たかも。

15062404 ガーーン! 嫌な予感は見事に当たり
ました。良く育った頭上を越える植物
で完全な藪道になっていました。

頂上を刈るつもりの鎌が早くも登場で
す。って、頂上はどうなっての?

祠まで行けば樹木帯になるので藪は無
くなるので我慢です。

しかし、笹とツタの藪道は手強く、ま
た日差しも強くなって大汗です。ここで体力を大幅に奪われました。

15062405 思ったとおり祠を過ぎると藪は無くな
るのですが、急な登りになります。

日陰で前日の雨もあって地面が良く滑
るので、木に掴まりながら登ります。

さらに悪いことに、道跡が以前にも増
して曖昧になっており、直登せざるを
得ない状況が多いです。

ウグイスが鳴いていたりしていい感じ
なのですが、草刈りの疲れと急斜面登りでそれどころではありません。藪蚊もいるし。

15062406 ジャーン。予想はしていましたが頂上
の惨状です。もう、草刈り戦意喪失。
放置プレイしかないです。

360度の大眺望を期待してきた同僚も
終始無言です。

それに、日差し直撃で暑い暑い。もう
涼しい海辺に早く戻りたい心境です。

いや、三角点を探さなければSea to
Summitの意味が無いと自分を振るい立たせます。

15062407 三角点ありました。これで目標完遂で
す。

回りの草をちょっと刈って下山です。

下りの方が滑って危ないんです。木に
掴まって下りるのですが、木の無いと
ころでやはり転倒尻餅でした。

実は神社から先が道が藪に紛れて分か
らなくりGPSや赤テープの力を借りて
戻って来たのですが、道が2通りあるようです。草を刈った方が正規の道だと思います。赤テープはにわか作りの急登で道ではありません。そう信じたい。

15062408 かなりの体力を使い果たしたのですが
昼食の後、小槌島経由で四国本土であ
る五色台を目指します。

本船航路を横断する訳ですが、タイミ
ングが良く、少ない待ち時間で渡るこ
とができました。

ところが小槌島を西から回ろうとする
と、島の手前で西から東への強い潮流
があり時速0〜2km/hの状態に陥りま
した。

西回りを諦めて、東に流されていくとどんどん潮流が治まり、結局西回りで進みました。潮流が一番酷い時に頑張ったようです。空しい。

その後、五色台の下の小さな浜に上陸し四国上陸を果たしました。

15062409 疲れた体にむち打って日比に戻りまし
たが潮流の影響は殆ど無く、往路より
はるかに楽でした。

今日はこれで終わりません。日比の浜
でロールの練習です。

でも、魔が差したというか流失防止用
のストラップをデジカメ(Nikon AW100)
に付けていなかったのですよ。

気がついた時は後の祭り。日比の浜に奉納してしまいました。これで2台目です。CASIO FR-10はライブカメラ的使い方なので、スナップ用にOptio WS80復活です。反省の意味を込めて当分デジカメは新調しません。実は経済的事情なのですが・・・。

|

« ジムニーのスピーカー交換は意味あるのか?(その2) | トップページ | ダブル本島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジムニーのスピーカー交換は意味あるのか?(その2) | トップページ | ダブル本島 »