« ダブル本島 | トップページ | 猛暑対策?(小与島) »

2015年7月22日 (水)

シンガポール沖、落水の恐怖

15072201_2急なマレーシア出張があり、シンガポ
ールまで船に乗ってきました。

マレーシアの入出国手続や宿と足を調
整をしてくれるエージェントが全く当
てにならず、時間にもルーズでマレー
シアには全くいい印象がありません。

まあ、船の着く場所が田舎なので、こ
れが首都のクアラルンプールなら印象
も変わったんでしょうけど。

また、現地の人の英語も訛っていてさっぱり分かりません(訛ってなくても分からないのに)。その後、色々あったものの船に乗ることができたのは、翌日の夜中でした。

乗ってからの仕事は省略して、シンガポールに向かう日がやってきました。GPSの電池残りが少なかったため、軌跡は取れたものの途中までです。

15072202 マレーシアから1日弱かけてシンガポ
ールに到着し投錨。沖に停泊し小さな
タンカーから給油を受けます。

その間に現地エージェント(ここはま
とも)が用意した渡船に乗ってシンガ
ポールに入国し、日本に飛行機で帰る
訳です。

迎えに来た船を見ると、小さ〜。
小さなプレジャーボートクラス(10人
乗り程度)ですが、こちらの船が巨大
なのでさらに小さく見えます。

15072203 タラップがあるのでそれを下りて行け
ばOKと思ったらその先が縄梯子なん
です。最後は縄梯子からボートに飛び
移れと言うことなんですわ。

海が少し荒れているので、ボートを船
に横付たままにできせん。ボートを船
に寄せては離れ寄せては離れを繰り返
し船にドカドカ当てながら待っていま
す。

タイミングを見て移る訳ですが、躊躇しているとボートのおっさんに怒られるので意を決して乗り移る訳です。

個人的には、落水したら船とボートの間に挟まれて「一巻の終わり」と言う状況が目に浮かびました。

15072204 乗ったら乗ったで、かなりの間、海の
上をドッカンドッカン進んで、小さな
港に着きました。

縄梯子で真っ黒になった手を見ながら
イミグレーションを通過してシンガポ
ールに入りました。手を洗いたい。

とは言うものの、海からシンガポール
に入国するのは貴重な体験かも。

もちろん観光もしましたよ。「世界三大ガッカリ」の1つ「マーライオン」も見て来ましたが、悪くなかったです。昔と周りの景色が変わったこともあるんでしょうかね。

でもねー、日本が一番です・・・。

|

« ダブル本島 | トップページ | 猛暑対策?(小与島) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダブル本島 | トップページ | 猛暑対策?(小与島) »