« シンガポール沖、落水の恐怖 | トップページ | 恒例!秀岳荘で買い物 »

2015年8月 5日 (水)

猛暑対策?(小与島)

15080501猛暑の中、前回からの課題だった小与
島に行って来ました。

今回は昼からの下げ潮に合わせて、瀬
戸大橋をくぐって与島を過ぎ、小与島
の東側でキャンプを考えていました。
この時期、西日が強烈なので島の北側
なら影になりそうと思ったので。その
分朝日が厳しいですけど、まあ、早起
きは三文の得と言うことで。

今回はファミレスでまともな昼食をとってから出艇地に向かいました。一番暑い時間にスタートですが、島までの距離もそれ程無いので、練習して夕食で丁度いいかなと。

15080502 海岸のそばに来ると気持ち涼しくなる
程度で強烈な日差しです。今回は同僚
と3人です。今回のメインテーマは、
2Lペットボトルの水を凍らせて運び、
これを使ってキンキンに冷えたビール
をキャンプ時に堪能することです。

着替えて、カヤックとキャンプ道具を
運んで、まずは海水浴。十分クールダ
ウンして荷物の積み込み。そしてまた
海水浴。

ルートは前回やられたもの(緑線)を踏襲・リベンジする予定だったのですが、大潮の割には海面穏やかだったので、急遽六口島の西側を回り、瀬戸大橋方面に流されながら楽をして小与島に向かうルートにしました。これが失敗でした。

15080503 六口島に近づくにつれて潮流波が出て
来ました。時間とともに流れが強くな
って来ているようです。

1〜2km/hしか出ない状況でふうふう言
いながら進み、何とか島のエディに逃
げ込んだのですが、1人が遅れていま
す。

荷物積み込み時の暑さの影響で熱中症
気味になってしまったのかパワーが出
ないとのこと。小さな浜に上陸して海に浸かって休憩です。

結局、大事をとって今日は帰ることとし途中まで伴走しました。

15080504 仕切り直して、再度小与島に向かいま
す。ルートを変更して六口島の東側を
回るリベンジルートです。

この頃になると、潮もそれ程強くなく
なっており、逆に下げから上げに変わ
る心配をしつつ漕ぎました。

瀬戸大橋をくぐる頃には、六口島で逆
潮と戦った疲れが出て来ました。ここ
での流れも何となく逆潮気味です。

このまま、小与島の北側まで行くのはしんどいと判断して、南側の小さな浜に上陸しキャンプ地としました。

15080505 テント設営後、凍らせたペットボトル
を切り開き、中の氷を割って氷水状態
にして缶ビールを浸して回します。想
定どおりの冷えたビールが出来上がり
ました。もう、ホント幸せでした。つ
いでに、白ワインも冷やして飲んだり
して。

猛暑対策として、当面、この作戦で行
く予定です。アイスピックも必要とい
うことが判明。

懸念されていた、熱帯夜テント泊ですが、メッシュインナーでテントの入り口を全開にすることで、何とかしのげました。海が近く、微風があったりしたのが良かったかも。寝苦しくはなかったのですが、酔って寝たせいか夜明け前に目が覚めてなかなか眠れずでした。

15080506 若干飲み過ぎの感もありましたが、暑
い朝を迎えました。上げ潮の内にサッ
サと帰ります。

浜の前が帰る方向と逆に流れていた以
外は比較的順調に漕ぐことができまし
た。橋の影に入ると涼しいですが、い
つまでも影にへばり付いている訳にも
いかず、出艇地を目指し無事到着。

ここまでは問題なかったのですが、撤
収作業がもう暑くて大変。この時期、日帰練習なんかがお気楽で良いかも。でも、キンキンに冷えたビール作戦ができないからなあ・・・。

|

« シンガポール沖、落水の恐怖 | トップページ | 恒例!秀岳荘で買い物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シンガポール沖、落水の恐怖 | トップページ | 恒例!秀岳荘で買い物 »