« ラサ2分割艇 | トップページ | キャンプがどんどん軟弱化?(小豆島) »

2015年9月30日 (水)

牛窓から日生へ(大多府島)

15093001今回は針屋さんの提案により牛窓海水
浴場から日生の大多府島(おおたぶじ
ま)に行って来ました。

なるほど牛窓や日生周辺を回る以外に
牛窓から日生に行くのもありだなあと
思った訳です。

当日は大潮だったので、潮のタイミン
グを狙って漕ぎましたが、読みが外れ
ることも無く、快調に漕ぎ進むことが
出来ました。

15093002 牛窓で早めの昼食として岡山名物「え
びめし」を食べて12時過ぎに出艇しま
した。のんびりしていると逆潮になっ
てしまうので。

久々の牛窓ですが、ねずみ島(左)に近
づいたのは初めてです。これで全色
(?)揃いました。

ただ、目標とする大多府島が霞んでい
る陸地のどの部分なのか良く分かりま
せん。まあ一番遠いところを想定しておけば、落胆することも無い訳で、取りあえず一番遠くを目指します。

15093003 1時間位漕いで、やっと陸地と島の区
別が付くようになりました。

そこで、GPSと地図を見比べて現在位
置を確認します。日生諸島の長島の西
端に到達したことが分かったので、正
面が大多府島だと言うことがはっきり
しました。

ここまで波も無く風も微風、薄曇りで
気温も高からず低からず、実に快適な
漕ぎでした。潮に押される感じはありませんが、6km/h+α程度で順調です。

15093004 日生港への航路を横切って大府島の南
側に到着します。

南側の崖には江戸時代に勘三郎という
人が藩札を偽造していたという「勘三
郎洞窟」があるそうです。

洞窟と聞くと、ついつい入ってみたく
なるのがのが人情で探してみました。

多分ここだと思うのですが舟を下りて階段を登らないといけないのですが足場も無く入洞は断念しました。今後の課題です。

15093005 島の東側を回って、予定していた宮の
下海水浴場に到着。

想像していたよりずっと小さな場所で
した。大潮の満潮時が不安です。でも
綺麗な水洗トイレと自己申告制100円
シャワー(水のみ)がありました。

ただし、奥が藪となっており大量の藪
蚊に襲われることになりました。蚊取
り線香も何のそので襲ってきました。

全部で10ヶ所位刺されたのには参りました。まだまだキンチョールが必要です。

15093006_2 藪蚊に悩まされつつ、いよいよ宴会に
突入です。

今回は同僚がスパークリングワインの
小瓶を用意してきたので、例によって
氷で冷やして飲みました。

最近、宴会のグレードがどんどん上が
って困ったモンです。以前はもっと質
素でカヤックから帰ってくると体重が
ぐっと減っていたのが、最近は変わら
ないのです。

15093007 気温的には薄いシュラフで丁度いい感
じだったのですが、テント場が若干傾
いていたせいか寝たり起きたりで朝を
迎えました。

今回も転流に間に合わせるため、5時
半起き、7時出発を目指しましたが結
局7時半過ぎでした。

翌朝も蚊に襲われつつ出艇。コックピ
ットの中にも居て足をやられました。

帰りは大多府島の北側を通ります。

15093008 その先の長島北側は牡蠣の養殖筏が沢
山あり、そこをぬうように漕ぎます。
もうすぐ牡蠣のシーズンだなあと思い
ながら。

気になったのは、養殖筏に船で乗り付
けて筏の上で釣りをしている人居るこ
とです。どうやって許可を得たのか、
船があるのに何故筏の上かと疑問が湧
いてきます。筏の回りって魚影が濃い
んでしょうか?

長島沿いに漕ぎ進んで虫明湾の橋をくぐってもいいのですが、今回は長島の中間の橋をくぐってみることにしました。手影島も見えます。

15093009 長島の南側の広い海に出て来ましたが
昨日と同じ追い潮ですが舟を押される
ような感じも無く、このまま逆潮にな
っても大丈夫そうです。

真っ直ぐ出艇地に戻ると追い潮のまま
終了なのですが、転流しても何とかな
りそうだったので、前島の南側を回っ
て帰ることにしました。

波も無く、前島まで気持ちよく漕ぎ進
むことが出来ました。

15093010 前島に近づいたあたりで転流を迎え、
少し舟足が落ちましたが、問題なしで
した。

島の南側に入ると、海底の影響かボイ
ルが発生していてやや複雑な流れとな
っていました。

サンビーチ前島で休憩と思ったものの
タープや組立ブール(何故?)で占領さ
れていたので、隣の浜へ。結構くたび
れていることを自覚しました。

15093011_2 その後、島の西側をぐるっと回って牛
窓海水浴場に戻りました。

前島と本土の間の流れはたいしたこと
は無かったのですが、出口の城ヶ鼻の
灯台付近には小さな波が立っていて、
普通に漕いで10km/hくらい出たところ
もありました。

浜に面した食堂のおじさんの話によると、釣りに行って海が荒れてきたので戻ろうとしたら、城ヶ周辺が大変なことになっていて、死ぬかと思ったそうなので、要注意ポイントではあるようです。

なかなか楽しめた漕ぎですが、蚊に刺されたところが・・・。

|

« ラサ2分割艇 | トップページ | キャンプがどんどん軟弱化?(小豆島) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラサ2分割艇 | トップページ | キャンプがどんどん軟弱化?(小豆島) »