« キャンプがどんどん軟弱化?(小豆島) | トップページ | 手痛い歓迎(大飛島) »

2015年10月21日 (水)

キャンプ地が・・・(前島、犬島)

15102101今回は宝伝海水浴場から牛窓の前島を回って犬島経由で戻って来ました。

宝伝も犬島も初めてでしたが、犬島に
は観光スポットでもある精錬所跡があ
るので一度は見てみたいと思っていま
した。

二日とも天候に恵まれ、また夜も冷え
込まず最高の条件でした。

潮も初日は下げ潮に、翌日は上げ潮に乗って快調に進みました。

15102102 日差しが厳しく暑いです。空気は乾い
ているので心地よい暑さです。

海況は良好で、下げ潮=追い潮のため
7km/hがコンスタントに出ています。
荷物満載艇にはありがたいことです。

宝伝に来ると小豆島がぐっと近くに見
えます。右側の島が小豆島で、岬の先
にかすかに見えているのが牛窓の黄島
だと思われます。取りあえず黄島の手
前にある黒島を目指します。

15102103 快調に進んで、黒島に到着しました。

満潮からそれ程時間が経っていないの
で所謂「黒島のビーナスロード」は出
現していません。まあ、そこを通る訳
でもないのでどうでもいいのですが。

黒島の先が潮流波で若干荒れていまし
たが問題なし。

黒島の奥に前島、右に黄島が、黄島の左側にかすかに青島が見えます。

15102104 今回、キャンプ地の第1候補は中央に
見える浜、サンビーチ前島でした。前
にも泊まったことあり。

ところが、現在はキャンプ場として利
用されているため、勝手にキャンプで
きなかもと針屋さんの話が。

上陸して確認すると、シーズンオフで
閉鎖中になっています。キャンプで出
来ないことは無いものの気が引けるた
め、ここは諦めて他の場所を探すことにします。残念。

黄島は宗教施設があって立ち入り禁止らしいので、青島を見てみます。しかし浜も奥行きが少なく、うーんと言った状況。

天気とは裏腹に前途に暗雲が立ち込めてきました。日も傾いているし。

15102105 前島の東南岸は岩場ばかりの印象があったて候補外でしたが、そんなことは
言ってられません。

念のためじっくり調べてみると、小さ
な浜に流木で作った物干しのような人
工物が見えました。

これは誰かが上陸していたかもと、大
きな期待を持って近づいてみると、確
かにキャンプできそうな浜があるじゃないですが。

大潮の時はちょっと微妙ですが、中潮なら大丈夫です。良かった〜。

15102106 最近、朝晩寒かったのですが、この日
は宴会中も全然問題なしでした。

今回の秘密兵器は無し。ただし、ステ
ンレスのコッヘルが長年の使用で熱変
化して錆びるようにになったのでリニ
ューアルしようかと思っています。や
はり、チタンかなあ。

シュラフを−6℃対応にした甲斐があ
っメッシュテントでも快適でした。次
回もこれで大丈夫でしょう。フライ内側の結露は相変わらずでしたけど。

15102107 翌日も、天気は上々です。

折角なので、青島の東端をぐるっと回
って黄島の南岸を通って帰路に着きま
す。

干潮から満ち潮に変わったところなの
で上げ潮の追い潮で進めます。

青島を回ってみると、昨日、検討した
浜以外にキャンプ出来そうなところは
ありませんでした。

15102108 黄島の脇を進むと犬島が見えてきます。バウ方向が犬島で、左側は豊島です。

潮が順調で時間もあるので、犬島経由
で宝伝に戻ることになりました。犬島
の例の精錬所跡が間近で見られるので
期待大です。

ここから犬島まで向かい風ではあるも
ののずっと追い潮で8km/h台で進み、
ぐんぐん犬島が近づきました。昨日といい、この辺の潮流は素直なようです。

15102109 犬島到着です。

犬島と沖鼓島(おきつづみじま)の間の
海から眺めたところで、確かにいい感
じの佇まいです。

島の内部は観光施設になっているらし
いのですが、海から眺めるだけでも十
分でした。

宝伝までは上げ潮に流されないように
する必要がありましたが、難なく到着。

さて、この陽気がいつまで続いてくれるかなあ・・・。

|

« キャンプがどんどん軟弱化?(小豆島) | トップページ | 手痛い歓迎(大飛島) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キャンプがどんどん軟弱化?(小豆島) | トップページ | 手痛い歓迎(大飛島) »