« キャンプ地が・・・(前島、犬島) | トップページ | ジムニーの室内ビビり音対策 »

2015年10月28日 (水)

手痛い歓迎(大飛島)

15102801今回は笠岡諸島の大飛島(おおびしま)
に行ってきました。

笠岡諸島と言えば白石島や北木島を回
るのが定番でした。真鍋島もキャンプ
泊をしたことがありますが、飛島に行
くのは今回が初めてです。

ルートは北木島には近寄らず、梶子島
(かじこじま)を中継地として進むこと
になります。

笠岡諸島では最も四国寄りに六島(む
しま)があります。六島も回ると笠岡
諸島すべてに行ったことになります。

しかし、六島まで足を伸ばすと結構長距離になってしまうので、今回はパスさせて貰いました。今後の課題とします。

同行の針谷さんに話によると、大飛島には海水浴場がありこの時期ならそこでテントが張れそうとのことでした。

15102802 久々の神島の浜です。夏場は水上バイ
クで大変なことになる浜ですが、さす
がに10月末ともなると釣りボートが2
艘だけでした。

ここは何故か浜に砂利が入っていて4
輪が入れるようになっています(そう
解釈している訳ですが)。

今回は先客がおらず、ジムニーを出艇
場所まで入れることができ、荷物を運
ぶ手間が無く準備が非常に楽でした。

15102803 天気は上々なのですが、風が思ったよ
り強いです(ハッチカバーが飛ばされ
そう)。

出艇地付近が特に波があるとのことで
したが、結局ずっとありました。

向い風気味なので、舟が回されて困る
程ではないのが救いです。

ここはJFEに出入りする船が結構通
ります。結局、2隻の舟を待ちました。

右寄りの霞んでいるのがが梶子島で、まずはここを目指します。

15102804 梶子島です。前回の牛窓とは違ってな
かなか島が近づきませんでした。

速度としては、5km/h以上は出ている
のですが、風と波で思いの他くたびれ
ているからかも。

南西の風で島などの風を遮るものが無
いため、波も風に乗ってやって来るの
です。東風なら白石島がある程度遮っ
てくれるのですが、まあ前回の牛窓
楽すぎたので我慢です。

画像がセピア調なのは日が傾いているためです(以下同じ)。

15102805 梶子島を過ぎると、潮流の影響もあっ
てか、ここが一番荒れていました。た
だ、笠岡周辺は海が広くなっているせ
いか潮流自体は厳しくはありません。

ここで、梶子島に隠れていた小飛島が
見えるようになり、大飛島と小飛島の
間を目指して進みます。

この先、島に近づくにつれて波が小さ
くなって行きますが、島と島の間に入
るまでは気が抜けませんでした。

15102806 防波堤の左側に目指す浜が見えてきま
した。右は笠岡までの高速フェリー発
着場になっています。

もう、日没近くになってしまったので
上陸してテントを舟から取り出そうと
したら、猛烈な蚊の襲撃に遭いました。
「手痛い歓迎その1」です。

まだ暖かいのでタイツ+海パンでした
がそのタイツを狙って10匹以上の蚊が
乱舞します。蚊の多かった大多府島の比ではありません。防虫スプレーをかけますが、効果があるのか無いのか。蚊取り線香をつけるも力不足で蚊を追い払いながらテントを張り、中で着替えました。

暗く涼しくなったので、蚊も減ったような感じで宴会を進めたのですが、ワインに酔って寝るまでにズボンや靴下の上から10ヶ所位やられていました。参りました。

15102807 いい気持ちで寝たものの、2時頃風の
音で目が覚めました。ついでに小用を
足して干し物が飛ばないか確認した後
テントに入りました。

しかし、段々風が強くなり突風も吹く
ようになりました。嫌な予感がしたの
でテントのラインをしっかり張ってお
いたのでテントは問題ないもののバタ
つきがウルサい。朝、大荒れだったら
面倒だなあと思ったら目が冴えてしま
い突風が治まってウトウトできたのは4時過ぎでした。「手痛い歓迎その2」です。

朝6時のチャイムで起こされたもののテントの中でウダウダ。意を決して外に出ると、漕げるまで風は弱くなっています。と言っても洗濯物は画像の様に結構なびいていました。

良かったことと言えば蚊が居なくなったこととフライ内側の結露が皆無だったこと。あれだけ風が吹けば。

15102808 今日も天気は上々です。風は昨日と変
わって北寄りの風です。行きも帰りも
向い風だなあ。

小飛島も東側を回って戻ります。昨晩
の寝不足のダメージはありません。天
気が良いからでしょうか。

キャンプできそうな浜をチェックしま
すが大潮の時はちょっと微妙な感じで
した。

帰りの休憩ポイントである梶子島がバウの先に見えます。

15102809 梶子島の浜に到着しました。島で唯一
の大きな浜です。

ここに、威嚇的な看板がありました。

曰く、「この梶子島は青少年の島とし
て岡山県が開設しています。このため
利用許可のない無断上陸を禁止します。無断上陸のあった場合は、断固とした措置をとりますので承知ください。岡山県青少年課」

うーん、手厳しい。「手痛い歓迎番外編」です。「断固とした措置」とは何だろう?

まあ、ここはキャンプ施設があるので勝手に使われたり、破壊&盗難を警戒しているのでしょう。

15102810 無事、神島にもどって来ました。

画像で見ると静かそうな海なんですけ
ど実際は崖から吹き下ろす強烈な向か
い風に逆らっての上陸となりました。

行きも帰りも思っていたより下半身に
力が入っていたようで股関節がだるい
です。

今回、飛島に行けたことで大満足なん
ですが、「手痛い歓迎」は勘弁して欲しいなあ・・・。

|

« キャンプ地が・・・(前島、犬島) | トップページ | ジムニーの室内ビビり音対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キャンプ地が・・・(前島、犬島) | トップページ | ジムニーの室内ビビり音対策 »